2014年01月17日

19年目・・・

19年目・・・ 01

もう19年も経ってしまった・・・
決してあっという間ではなかったけれど、長くもなかった。

そう感じる人が日本には沢山いるはずです。


19年目・・・ 02

その時、自分は何をしていたっけ。。
きっと思い出せないくらい平凡な一日だったのかもしれません。


19年目・・・ 03

当時、僕は原稿を前に必死に絵を書く、、俗にいう駆け出しの漫画家でした。
集英社で週間少年ジャンプの先生達のアシスタントを経て、頑張っていた頃です。


19年目・・・ 04

あ・・・ちょびっと羊の過去が垣間見れてしまったかも(汗
まあ、この辺の話はあまりサザビーと関係がないので、そっとしておいてくださいな。


19年目・・・ 05

部屋で独り、真っ白な原稿の前でネームを考えていた時、震災のニュースを耳にしました。
その瞬間「締め切りとの戦い」だった時間が一変して・・・・・・

祈るだけの空気に包まれていったことを覚えています。


19年目・・・ 06

遠くの友人や、かけがえのない多くの人々の安否をひたすら気にかけて
心は落胆と安堵の往復を繰り返していました。。

結局、まともに仕事ができなくて、その回のネームはおじゃんになったっけ。


その後、大きな失恋をして、住居を都内から千葉に移して生活基盤が変わります。
時代の流れと共に現れたPCのおかげで、自分の仕事の分野も徐々に変化していきました。



その数年後、妹と久々に再開して・・・・・・



君の登場だ・・・・・・



こんな自分にでさえ、一言に19年といっても色々なことがあったんです。
多くの読者の皆さんも、きっとそう・・・
一瞬にして奪われた、沢山の尊い命にもそんな未来があったはず。


だから思い出して、祈らなくてはならないのです。



あるはずだった未来を
引き継いで生きている今の自分は、誇れるかな・・・

あんまり胸を張れるような人生じゃないけれど、こんな自分もみんなのことは忘れない。


来年の20年目も節目になんてしないからね。
それもただの通過点、誰のことも忘れないしずっと覚えているからね。



1995年1月17日、午前5時46分52秒発生。兵庫県南部に大被害。
死者6434人、負傷4万3792人、家屋損壊63万9686棟(2008年5月19日消防庁確定)
阪神・淡路大震災の被害確定についてより



合掌






この記事へのコメント
19年。
あの揺れを体験した私でさえ日常は忘れています。

私は幸いにして大きな被害には遭いませんでしたが、亡くなった方、
家や職場を失って今でも苦しんでいる方が沢山おられます。

せめて1年に1回はお祈りしたいと思います。
合掌。
Posted by マリィの散歩請負人 at 2014年01月18日 08:03
はい。
自分はひとりで生きているわけではありません。
周りの人たち…わんこたちに支えられて
何か使命を受けて生かされているように
感じるときがあります。

命の重さを改めて考える時でもあります。
忘れてはいけませんね。
Posted by 華と鈴のママ at 2014年01月18日 08:33
・・・ 合掌
Posted by SA at 2014年01月18日 09:49
合掌。
Posted by れぃ at 2014年01月18日 09:53
もう19年ですか。
長いような、短いような・・・
日本人の意識も変わってきたと思います。
「他人事じゃないんだ」といった意識に・・・
大切な命、引き継ぎたいと思います。
Posted by アトムパパ at 2014年01月18日 10:50
今でも、阪神淡路大震災、鮮明に覚えています。

亡くなられた方々に
心より、合掌…
Posted by ぶんぶんちび at 2014年01月18日 11:23
風化させないようにしないと行けませんね。

残された者にとっては・・・。
Posted by あんずパパ at 2014年01月18日 11:43

   
 祈    合掌
Posted by なお at 2014年01月18日 13:06

19年…

大きく揺れて、電車が遅れて…


忘れません

…合掌
Posted by 白ネコ at 2014年01月18日 16:44
父の死後一ヶ月を経てこの震災が起きました。
父は大阪に勤務してましたから同僚で震災に遭われた方が多かった。
テレビで見る映像は正直現実からは程遠いものでした。
それを実感したのは御香典返しを発送した際のこと。送り先の方々が震災で住所地にいらっしゃらないという現実。
「必ず探して届けます」と言う外商の方の言葉。
全員に届けられるのに一ヶ月を要しました。

皆さんとは一風変わった震災の記憶ですが、亡くなられたり被災された方々への思いはきっと一緒。

合掌
Posted by jimmy at 2014年01月18日 17:09
一つの言葉をかけることも出来ず、ぬくもりの残った手を握りしめることも出来ず、お別れの時間もなく愛する人を失ったご遺族の痛み悲しみ。想うだけで胸が苦しくなります。
涙で濡れたその瞳に希望の光が灯る日のくることを切に祈ります。合掌。
Posted by marin&hotaruママ at 2014年01月18日 18:11
朝起きてテレビをつけると高速道路が倒れている映像が映し出されていました。
青春時代に何度か訪れた神戸や大阪。
知人は居ませんでしたが、絶望的な気持ちで仕事が手に付きませんでした。
あれから19年。

合掌。
Posted by フッフールママ at 2014年01月18日 19:09
あれから19年ですか…

合掌…
Posted by める at 2014年01月18日 19:42
哀悼の意をこめて 合掌。
Posted by dolce at 2014年01月19日 00:08
昨年 兵庫に行った折 神戸空港から目的地に向かうタクシーの窓から 

当時TVのニュースで幾度となく目にした高速道路が見えました

タクシーのドライバーさんが 教えて下さいました

今はすっかり元通りになったのだと思われますが

崩れ落ちた道路に取り残されたバス・・・

あの光景が重なって 心の中で思わず手を合わせました

何年たっても 決して忘れてはならないのだと思います


今月末 また兵庫に行きます

心の中ではなく 手を合わせて来ようと思います

合掌。

Posted by 北のおかん at 2014年01月19日 17:15
そのころ某漫画家のアシスタントでございましたさ。仮眠して起きたら大変なことに…よう覚えてます。神戸から帰ってまもなくでしたからね。忘れませんよ。
でも、ずいぶん立ち直りましたね。それに加えて東北は…
Posted by ミミーシュンママ at 2014年01月20日 19:39
コメントははじめまして。

記事にしていただき、どうもありがとうございました。
忘れようとしても忘れることはできないです。
もっとたいへんな思いをした人がいることも、
どうとらえていいのやら、ふと思い出すことがあります。
同じ街の中で地域により取り組み方に差が出たりしていることもあるけれど、目指す方向はひとつなので。
諦めずに毎日を送っていきたいです。

Posted by らいとNGC7000 at 2014年01月24日 06:51
 
やっと・・・・・・はぴばー・ハナちゃん・16th★☆★