2010年06月23日

特別な日

特別な日

ブログの読者様にFさんという方がいらっしゃいます。
彼女のお家には動物はいませんでしたが、お子様と一緒に「いとサザ」の頃からサザビーを応援してくれていました。
そんな小さな娘さんもワンちゃんが大好きで、いつかパピヨンを飼いたいなって思ってくれていたそうです。


ブログランキング★2010.0601ブログ村★2010.0601


特別な日

Fさんのお宅はずっとペット不可のマンションでした。
ですからワンちゃんと暮らすためには引っ越しをしなければなりません。
けれど娘さんの喜ぶ顔を見たくて、Fさん御夫妻は一生懸命働いて一戸建てのお家を購入したそうです。
お子さんも「ワンちゃんと一緒に暮らせる」と非常に喜んでくれて、引っ越し後の休日ともなれば
新しいファミリーの一員となるパピヨンを探すのが、家族のライフワークになるほど。
そして数カ月後、みんなの努力の甲斐があったのでしょう。
ついに念願の1頭のパピーと出会います。

娘さんはパピヨンに名前をつけました。
初めてのワンちゃん。
初めて出来た妹。
Fさんファミリーは本当に幸せだったと思います。


特別な日

ほんの些細なことだったそうです。

もし、あの時こうしていたら・・・・・
もし、この時こうしていたら・・・・・
僅かなズレは大きな後悔になりました。

(F様、原文のまま)

今日はそのFさんの娘さんの命日にあたります。
そして2年前、パピヨンを迎え入れた「特別な日」でもあったそうです。


特別な日

残されたF様ご夫妻の心情は言葉にできません。
偶然にも最近、自分の周りで立て続けに事故が起きています。
衝突事故やひき逃げ事故、また悲惨な事故を目撃したりと・・・・・
僕ですら過去に人身事故を体験しています。


特別な日

どんなに気をつけても事故は防げない場合があります。
けれど人は、その一瞬を永遠に後悔し続けます。
そうならないためには、今以上に気をつけること。
そしてたとえ他人であっても、慈悲深い気持ちを忘れずに接すること。

そうすれば少しでも悲しい事故は減らせるのではないでしょうか。


特別な日

「特別な日」を悲しい日にしないためにも・・・・・


特別な日

今もF様のお家のパピヨンは元気いっぱいだそうです。
娘さんの分まで、毎日ご夫妻に沢山の夢や希望を与えてくれるそうです。
そのコの名前は【サザビー】、我が家と一緒です。


Mちゃん、同じ名前を付けてくれてありがとう


ブログランキング★2010.0601ブログ村★2010.0601
この記事へのコメント
Mちゃん…何て言ったらいいのか分かりませんが、毎日をしっかり生きようと思いました。
Posted by れぃ at 2010年06月23日 18:55
言葉が見つかりません。
もう一人のサザビーちゃん、笑ってるでしょうか?
Mちゃんの分も。。。
Posted by ちゅーちゃん at 2010年06月23日 18:57
ほんとうに、そうですね。
とくに人間という動物は、車を運転していると、
周りのものをすべて「邪魔」に思ってしまう傾向があるようですから…。
僕も、何度か「えっ、おまえさん何考えてるの?」という事故にあったことがあります。
散歩中にも、冷っとしたことは、何度もあります。

謙虚に、周囲の、相手の気持ちを考えて生きていきたいですね。
いま一度、自分のふるまいをふり返る日にしたいと思います。
Posted by シェヴァパパ at 2010年06月23日 19:20
きっと サザビーちゃんMちゃんの分まで笑っていると思うよ(^-^)/
特別な日に、涙しちゃあ駄目だよね・・・

言葉が下手でごめんなさいm(__)m
Posted by 丸坊主-exp at 2010年06月23日 19:30
ご両親の心情を思うといたたまれません。

サザビーちゃんと一緒なのがせめてもの救いです。

安っぽい言葉ですが、頑張ってください。
Posted by あんずパパ at 2010年06月23日 20:39
お兄さまの「たとえ他人であっても慈悲深い気持ちを忘れずに接すること」
心に響きました。
Mちゃん どうぞ安らかにお眠りください。 ご両親様 そしてMちゃんの妹のサザビーちゃん、少しでも笑顔が戻りますように、お祈りいたします。
Posted by dolce at 2010年06月23日 20:46
子どもの出来なかったおいらには御両親の御心痛は
計り知れませんが、毎日ステアリングを握る人間の
一人として改めて命の大切さを確認させられます。

Mちゃんは多分、Ayaさんとお互いの「サザビーちゃん」の
事を楽しく語り合っていると思います。
どうか、少しでも心安らかにお過ごしのなられるよう
お祈りしております。
Posted by なお at 2010年06月23日 20:56
深く…深く心に染み入るお話でした。
お兄さんありがとうございます。
Posted by marin&hotaruママ at 2010年06月23日 21:20
特別な日
心にしみるお話でした

私にも忘れられない思い出や感触があります
あの時、こうしていれば…と振り返る事のないように、全ての物事に思いやりの心を忘れないようにします
Fさん家族のサザビーちゃん
パパとママと幸せに暮らせますように!
パパとママにたくさんの幸せを運んで下さいね
Posted by 華と鈴のママ at 2010年06月23日 21:54
無理だとわかってはいても・・・

これ以上、悲しいことが誰にも起こりませんように・・・悲しい出来事で遠く離ればなれになる者が、これ以上、誰もいませんように・・・と祈るばかりです。

せめて、もひとりの『サザビーちゃん』がこれからも、いつも笑顔でいれますように☆

Posted by なつ at 2010年06月23日 21:56
今日はそんな日だったのですね。

羊さんの撮られた美しい風景の中に
Mちゃんともう一人のサザビーちゃんが
楽しそうに遊んでいるように見えました。
Fさん、言葉もありませんが
どうかサザビーちゃんをしっかり抱きしめてあげてください。
Mちゃんにきっと届くと思います。
今晩は静かにお祈りさせていただきます。
Posted by ちゃあ母 at 2010年06月23日 21:58
お兄さんの心の温かさが伝わってくるような記事です。 私が小学生の頃、名古屋から 幼稚園生の従兄弟が我が家に遊びに来ました。「お姉ちゃん これほしいなあ」と、私が作った紙ヒコーキを指さしました。「やだ」と私はいじわるをして あげませんでした。数日後、従兄弟は 新しく生まれた妹を迎えに行き、母親の前でトラックの下敷きになりました。あのとき どうして 紙ヒコーキをあげなかったのか。どうしてあんないじわるしたのか…。今でも悔やまれます。 Mちゃんの魂が どうぞ やすらかに 眠りにつきますように。パピヨンのサザビーちゃんがいつまでも元気でありますように。 (長文になり すみません )

Posted by ありすママ at 2010年06月23日 22:09
毎日運転する私にとって、慣れという感覚程、気をつけなければいけないと改めて気付かされました。
そして…慈悲深い気持ちを忘れずに…とても大切な事ですね。心に響いてます。
Posted by そらパピ at 2010年06月23日 22:17
切ないですね・・・
病気とかでもつらいのに
ある日、突然・・・

きっと、サザビーちゃんが
Mちゃんの分も、パパとママを
笑顔にしてくれていると思います。

私も日々、気に留めて生活するようにしたいです。

Posted by ゆうこ at 2010年06月23日 23:26
身を切られる思いが僅かでも安らげますように。
平凡だけど幸せな日々が戻りますように。

Mちゃんに祈りを。
Posted by ねねろざ at 2010年06月23日 23:49
何とコメントしていいのか言葉が見つかりませんが
ただただ、Mちゃんのご冥福をお祈り致します。

そして、サザビーちゃん、これからもFさんご夫妻に沢山の夢と希望を与え続けて下さいね。
Posted by プーちゃん at 2010年06月24日 00:46
Mちゃんのぶんもいっぱいいっぱい、サザビーちゃんに生きてほしい…
Mちゃんがいつも笑顔を絶やさぬよう、F様のお家に幸せが沢山降り注ぎます様に。
Posted by まぃ at 2010年06月24日 00:46
心よりご冥福をお祈りします。
子供を亡くして、残された大切ちゃんに癒される。うちの母と同じです。突然死は無念以外のなにものでもない。
母もいまだに自分をせめてます。弟の異変に早くきがついていたらと。。。プラムもサザビーちゃんもそんな残された人間に沢山癒やしをくれている。どんな人間の慰めの言葉より薬となり、悲しみや後悔が少しでも癒えることを心より祈ってます。
Posted by 黒ちゃん at 2010年06月24日 00:50
本当に言葉が見つかりません。

兄さんの言うように、周りへの気遣い、思いやりを忘れないように先に虹の橋を渡ったすべての命のために、毎日を精いっぱい生きようと思います。
Posted by joy-stone at 2010年06月24日 06:50
心が折れそうになった時いつもバイブルのような1冊があります。

それは『愛しのサザビー』
そしてここへ来るたびにたくさんのことを考えさせられ勇気をもらっています。

Mちゃんのご両親のお気持ちを考えると言葉がでてきません
ただ本当にお兄さんの言うように思いやりを忘れずに精一杯生きていきたいです。

そしてもう一人のサザビーちゃんがMちゃんの分も健やかに生きて行ってほしいと願います。
Posted by あきぴょん at 2010年06月24日 09:25
Mちゃんが虹の橋で笑顔でいられる様に…
パパさん・ママさんが多くの笑顔に包まれ
一つでも多くの笑顔が増える様に…
すべての人たちが笑顔でいられる様に…

私が出来る事は願う事、忘れない事。
そして、精一杯生きぬく事。

Posted by 卯太郎 at 2010年06月24日 10:17
私も常に思っています。

取り返しのつかないような後悔だけはしないようにと。

若い頃から車好きでスポーツカーを乗り回していました。

小さい事故は何度かしました。

でも、あの時!とハっとすることはあります。

注意しても向こうからやってくることもあります。

全てが運命とは思えないような悲惨のことも。

だから調子に乗りすぎている時は得に注意してます。

Mちゃんに何が起きたのかは分かりませんが

その後のご両親が後悔の波に飲み込まれないように

願っています。
Posted by フッフールママ at 2010年06月28日 21:07
 
早い者勝ち★☆★フィジカル★☆★