2010年06月14日

診断結果と手術

昨日から記事の更新がおかしいしょ?(汗
そうなんです、風邪なんですよ、それも喉風邪・・・・・

皆様も夏風邪には十分注意されてください(汗


ブログランキング★2010.0601ブログ村★2010.0601


診断結果と手術
(クリックすると800×1200pixに拡大します)

こちらは先日の病院での血液検査とクッシングのホルモン検査の結果です。
(クッシングとは「副腎皮質」から「コルチゾール」という「副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)」を
過剰に分泌することによって起こる全身性の代謝異常を指します)

血液検査の方は全く問題はなく、素晴らしい・・・とのことでした。
ただ1つ、再びヘマトクリット値が下がり気味の点が不気味ですが、現在サザビーは
止まっていた新陳代謝が始まって、シーズンを迎えています。
恐らくヘマトクリット値の数字が減少したのも、これが関係しているのでは?と考えられます。

診断結果と手術
(クリックすると800×1000pixに拡大します)

クッシングの検査も問題は無く、処方している【トリロスタン】も引き続き今の分量で投与を続けていくことになりました。
このめっちゃ高価な【トリロスタン】の投与による効果は覿面です。

■多飲多尿が止まりました。
■背中の傷も治り、脱毛していた部分からは毛が生えてきています。
■マズルの脱毛も一気に回復。
■新陳代謝の活性化により、皮膚の古い角質がボロボロと取れて同時に毛も抜けます。
■それに伴い恐らく痒みが発生するのでしょう、耳を後ろ足で掻き上げるせいか左右の耳の毛の脱毛が酷い様子。。
ただこれは自然と生え変るものなので一年ぐらいは我慢でしょうか。
■髭・尻尾も同様の変化が見られ、一時的に尻尾は短くなっております。
■シーズンがついに復活しました★☆★

以上が【トリロスタン】による効能でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ココから先は手術の話です・・・・・
背中の傷の回復やヘマトクリット値の上昇を待っていた為、避妊&乳腺腫瘍の手術は
当初の予定よりもずっと遅れてきましたが、合計10箇所近くある乳腺腫瘍のいくつかが
肥大し始めたため、そろそろ決断しなくてはなりません。

避妊はもちろんなのですが、メインはやはり腫瘍の摘出です。
部分摘出か、全摘出かで迷っています・・・・・

部分摘出ですと、傷口が多少少なく、縫合も箇所ごとになるため
術後の痛みも全摘出ほどは無いだろうとのこと。
ただし極小サイズの腫瘍の取りこぼし、もしくは術後に再び腫瘍が現れる可能性を否定できない。

全摘出ですと傷口は大きく、縫合は左右の皮膚を引っ張って縫い合わせることになり
術後の痛みも相当なものかもしれない。
ただし乳腺の全摘出のため、今後乳腺腫瘍を心配する必要はなくなる。


サザビーは手術が初めて・・・
そして入院も初めての体験になる。
術後、痛みや熱を伴う体で、誰もいない病院で一晩を過ごすことになるわけで
それを含めて考えてしまうと、部分摘出の方が良いのでは?と悩みます。
けれど全摘出でなければ、避妊後でも再発の可能性があるわけで・・・・(汗

ただ今ある複数の乳腺腫瘍も悪性のモノではなかったことを考慮すれば
仮に術後に新たな乳腺腫瘍が見つかったとしても、それが悪性の腫瘍である可能性は低い。

どうしようか・・・・・
どうするのが一番良いのだろう


きっと避妊自体も気が進まないから、悩むのだと思います。
けれど高齢になって乳腺腫瘍が増加して肥大したとあれば仕方はありません。

でもここ数日中に決めなくちゃ・・・

決めなくちゃいけないのに・・・

風邪で唸ってる自分がいます。。><

あ〜〜〜めっちゃ残念な自分(汗


ブログランキング★2010.0601ブログ村★2010.0601
Posted by the_later_sazaby9966 at 21:57│Comments(32)
この記事へのコメント
風邪は気をつけないと・・・

(^^;)
Posted by SA at 2010年06月15日 11:59
いつも、いつも、なんにもできないけれど。。サザビーちゃんと羊さんを思って、応援しています。
一生懸命な方に がんばれなんて言えないけれど、そんな小さな思いでも、いっぱい集まって 羊さんの背中をそっと押す力になれたらいいなと思います。
今日も、気持ちを込めてポチします。
Posted by うさぎ at 2010年06月15日 12:11
どんなに大切な決断も、今まで頑張ってきたじゃないですか。
結果、今びっこタンが笑いながらお兄様の隣にいる。

大丈夫。
びっこタンはママに似て頑張りやさんだから。

私も頑張れの気持ちをこめて、
ポチします。

風邪、お大事に。
Posted by のせ at 2010年06月15日 12:25
風邪、お大事に。。。
どんな場合でも手術は悩みますね。
お兄様とサザビーちゃんを信じてます。
Posted by ちゅーちゃん at 2010年06月15日 13:24
娘の高校でも喉風邪が流行っているようです。どうぞお大事に。

サザビーちゃんはお兄様の選択が一番だって、きっと頷いてくれますよ。いつもの笑顔で。

私も気持ちを込めてポチしておきました。
Posted by なごみとレオン at 2010年06月15日 13:33
悩みますね。
でも今まで苦しい中、その都度されてきた決断は、
後から思えばみんな正しかったのですから、自信
をもってください。風邪、早く治してくださいね。

ただ、高齢(失礼ながら)になってますので、
術後の回復を考えると負担の少ない方が良いのか
な、と思ったりもします。
Posted by musuke at 2010年06月15日 13:41
風邪辛くなってしまいましたか・・・。
大事な時にと歯痒いかもしれませんが
まずはお兄さんが健康でいなければ。
それからの決断でも遅くないと思います。
どうか焦らずにいてくださいませ。
びっこたんをここまで回復させたのは
お兄さんの娘を思う強い愛です。
どうぞ自信を持って進んでください。
私も応援のポチさせていただきます。
Posted by marin&hotaruママ at 2010年06月15日 14:01
決断難しいですね(>_<)
でも、きっとサザビーちゃんは
頑張ってくれるような気がします!
風邪、お大事に・・・
Posted by きらめる at 2010年06月15日 14:33
誰が何と言おうとどんな結果になろうとお兄さんが決めた事がサザビーにとって最良な事と思います。

風邪こじらせないように…
Posted by ちょちみ at 2010年06月15日 14:55
難しい決断ですよね。。。
お兄様の選択を信じていつものようにサザビーは頑張りのりきってくれるはずです。

風邪お大事にして下さいね。
Posted by そらパピ at 2010年06月15日 15:28
風邪は大丈夫ですか?
結構、しつこい風邪が流行ってるみたいなので
お大事になさってくださいね。

手術のこと・・・悩みますよね。
私も昔、悩みました。
しこりができて・・・。
結局そのときは、避妊手術だけをしたんですけどね。
しこりはそのまま大きくならなかったので
やはり、取らなくて良かったと思ってます。

でも、大きくなってきてるのは
ちょっと心配ですよね・・・
両側を全摘だと、手術は2回ですか?
部分切除は刺激を与えてしまう可能性もあるし
結局は繋がってるわけだし・・・
などと、当時は頭の中がぐるぐるでした。

でも、サザビーちゃんのために悩んで
ベストと思って出した結論が、ベストなんだと思いますよ。
頑張って、悩んであげてください。

でも、シーズン始まっちゃったんですよね?
シーズン後の妊娠(しててもしてなくても)期間は
手術をしないほうが良いので(血流が多くなってるので)
3ヵ月後くらいになるのでは?とも思うのですが。
それとも、腫瘍なので早いほうがいいのかしら???


Posted by ゆうこ at 2010年06月15日 15:32
喉風邪のほうは、いま飲まれている(であろう)ボルタレン+ダーゼンが、
そっちにも効いてきて、すぐに治るのでは?

避妊&乳腺全摘となると、やはり日帰り手術というわけにはいきませんか…。
痛みへの対策としては、しっかりとカテーテルで痛み止めを入れてくれるでしょうし、
これまで、どんな痛みにも負けなかったサザビー嬢だから、とは思いますが…。

せめてモニターカメラ、つけさせていただいて、駐車場で徹夜で見守りましょうか?
さあ、どうしますか、羊さん。
Posted by シェヴァパパ at 2010年06月15日 15:57
決断、難しいですね!
サザビーちゃんが、話せたら彼女の意見も聞けるのに・・・
モンブランも会陰ヘルニアの手術をしようか、迷っています。
今、生活に支障がないため、延ばし延ばしにしていますが、
モンブランも2回目の1歳なので、後延ばしにすると、麻酔のリスクが・・・
決められない私が言うのもなんですが、お兄さんの決断する方に間違いないですよ!!
自分を信じて、サザビーちゃんの為に決断頑張ってね!!
Posted by モンブラン at 2010年06月15日 17:20
アドバイスはできません。でもお祈りはしてます。

そして、その結果が正しいのはわかってますから!
Posted by れぃ at 2010年06月15日 17:55
ウチの子の場合、11歳の時左側の乳腺をとりその約2年後に右側をとりました。
左側をとった時に子宮も摘出しておけばよかったのですが…
その時はそんな知恵もなく獣医さんの説明もなかったので
結局、右側にもしこりが出来て2回目の手術となりました。
でも、当の本人は術後あまり痛がる様子でもなく、特に2回目の後は1度経験しているからなのかこちらがビックリする位元気でした。

お兄さん、やっぱり迷いますよね…。
参考にはならないかもですがウチの子の例を書かせてもらいました。

Posted by nobuari at 2010年06月15日 18:13
パスタ7才避妊手術を先月しました。

日帰り手術にしましょうよ。
麻酔でボーとしているといえども一人は淋しいよー。
Posted by パスタ at 2010年06月15日 19:10
難しい問題です。

ただ、大好きなY様が決めたことなら
サザビーも納得するでしょう。
Posted by あんずパパ at 2010年06月15日 20:05
大変難しい選択ですね。。。
専門的なことは分かりませんが
自分の少々大きな手術経験から思うことは
体に入れるメスは、出来ることなら少ない方が良いと。
痛みも含めて、回復に時間がかかるということは
一定の年齢に達するものにとってはかなりきつく
その間の生活の質を落とします。

サザビーちゃんの場合、腫瘍の良性悪性の判断と
今後の再発率をよく検証して
どうか、お兄さんが一番良いと思う方法で…
それにしても…辛い判断だ!!
まず、風邪を治してから、お考え下さいね。
お大事に!
Posted by ちゃあ母 at 2010年06月15日 20:09
いつも一緒にいるお兄様なら、びっこちゃんの為の選択を悩んだのち決定できます。
風邪大変ですね、腕や肩の痛みが楽になったことがまだ幸いですね…(>_<)
Posted by まぃ at 2010年06月15日 20:11
羊Yさま

私も 先月5年ぶりに 風邪をひき
2週間 思考回路が停止していました。

まずは 風邪の治療に専念致しましょう〜
思考回路が回復すれば 自ずと 取るべき道が
見えてくるのでは・・・

サザビー

パパさんを支えてあげてね(^v^)/
Posted by 北のおかん at 2010年06月15日 20:14
お兄さんの迷い わかる気持ちがします。 サザビーちゃんのことを思うと…ツライですよね。誰もいない病院は 時間経つのが遅いです。途方もなく。 以前 私も医師に「どうしますか?」と聞かれたことがあります。しかも 数分でその答えを出さなくてはなりませんでした。 患者は何もわかりません。本人のためにはどうするのがベストなのか。それが キーポイントなのでしょう。自分が出した答えに 今でも後悔したことはありません。
お兄さん のど風邪大丈夫ですか? 私も3日の日から咳込み、熱が出て 何度か夜間外来に行きました。仕事は休めないので ツライです。今日も ミーティング中に咳込みました。 お兄さんも お大事にしてくださいね。

Posted by ありすママ at 2010年06月15日 20:42
風邪大丈夫ですか?

どちらかの選択、難しいですね
以前もそうでしたが、『サザちゃんが喋れたら‥』と思いますよね

でもどちらを選択しても、Yさんが今のサザちゃんの全てを考えての結果ですからそれが正しい答だと思います

サザちゃんはYさんAYAさんの娘です
強い子奇跡の力を持ってる子です
必ずいい結果がついて来ると信じてます☆
Posted by 白ネコ at 2010年06月15日 20:57
これからサザたんがおだやかで楽しい生活を送るにはどうしたらいいでしょうか…
これからも高齢になっていくのは事実だし…
お隣に住んでいたマルチーズちゃんも高齢で乳腺腫瘍ができていました
避妊手術をすればもう腫瘍はできないんだけどその手術がもう高齢でできないって言ってたっけ…
今後腫瘍が再発した時手術ができないって事がなければよいのですが…
Ayaさんだったらどうするかな…
サザたんには決められないから…やっぱりお兄様!!決断です!
手術後着いていてあげることはできないのかな?
生死を分ける手術ではないですよね
サザたんは強い!と思うんだけど…
また勝手なこと書いてしまってすみません
1番サザたんを理解しているお兄様の決断がベストだと思います


Posted by ミルル at 2010年06月15日 21:53
初めましてのコメントです。
うちの愛犬ヨークシャー11歳の話しですが、米粒くらいの乳腺腫瘍が徐々に肥大して、獣医の進めもあって2年前に全身麻酔で全摘出しました。
ところが全摘したはずなのに抜糸後に3ツの腫瘍(米粒くらい)が取り残されていました。
獣医からは『腫瘍は良性だから慌てて再手術しなくても大丈夫だから様子を見ましょう』と言われましたが、米粒くらいが現在では小豆くらいに肥大しています。
小さな身体に20属幣紊猟法垢靴ぜ蟒兩廚鮓るとこれから再手術すべきか悩んでいます。
サザビーちゃんも悩みますよね。
結局は飼い主が決断するしかないのが辛いところです。
すみません…長々と。
Posted by アメジ at 2010年06月15日 21:58
ずいぶんとご無沙汰してしまいましたが、ちゃんと読み逃げしてました。(笑)
乳腺腫瘍でお悩みと見受けましたが、経験者から言わせていただくと、可能性は残さない方がいいです。
家は最初の仔は部分切除。
再発の可能性にビビりながら生活し、やはり再発してまた手術という事になりました。
2度も痛い思いさせてしまったという後悔は拭いきれませんでした。
もう一頭が乳腺腫瘍とわかった瞬間、私は迷わず全摘出を決めました。
再発への恐れもなく、精神的に前よりは気楽に暮らせたというのが本音です。
両方とも天寿を真っ当と言えるところまで生きてくれたので良かったですが、同じ痛い思いならば、一度ですむ方がいいと思いますよ。犬のためにも人のためにも。
これは私個人の意見です。
Posted by ema at 2010年06月15日 22:24
お兄さんお大事に…
悩みながらでも、休んでくださいね。
Posted by ひろ at 2010年06月15日 22:26
手術に関してはお兄様の苦渋の選択ですよね・・
どんな事になろうときっとサザビーちゃんは
お兄様の気持ちを受け止めて、試練を乗り越えてくれると
信じています。
娘も喉の風邪で昨日病院に行ってきました。
流行っているみたいなのでお兄様もお薬を頂いて
お休みくださいね。お大事に
Posted by みるくママ at 2010年06月15日 22:59
Åyaさんの時から拝見させて頂いております。
私は嫁とパピ2人に囲まれ暮らしている30代半ばのおっさんです。
そんなおっさんですが初めてコメントさせて頂きます。

上の子(現在8歳)が6歳のとき乳腺腫瘍を発症。
私も羊さんと同じようにこの子の身体にメスを入れることに対して気が進まず、獣医さんのアドバイスがあったにもかかわらず避妊手術を避けてきました。
しかし、上の子(現在8歳)が6歳のとき乳腺腫瘍を発症。
再発を考え全摘出を勧められましたが、この子にキズを残したくなかったので、部分摘出を行いました。

しかし、1年後再発・・・
もうメスを入れることをしたくなかったので経過観察しましたが、肥大が止まらず、再手術。
さすがに、2回目は全摘出にしました。
結局は2回も身体に負担をかけてしまったのです。
確かに手術後は痛々しい姿ですが、あの2回目の時の具合の悪さが妄想だったのではないかと思うくらい今は至って元気です。

サザビーちゃんの体調もあると思いますので、よく獣医さんと相談をし、可能であれば全摘出&避妊をお勧めします。

長々と申し訳ありませんでした。
どうしてもサザビーちゃんの笑顔を見ていたくて書き込みさせて頂きました。
これからも楽しみにしています。



Posted by みらぱぱ at 2010年06月16日 00:04
正直難しい問題ですよね。
私も、避妊については未だにずっと悩んでます。

サザビーの場合には、
避妊以外にも考えなければいけないことが、
沢山あるわけで、、
なかなか決断がでないのは、当然です。


でも、、
どんな決断でもサザビーは納得してくれるはずです。
全身全霊をかけて信頼しきっているお兄様の決断ならば。
だから、どんな決断でも、
サザビーにとっては「OK」なんですよぉ。
その決断を、私は応援します。。


って、、
お兄様の風邪も心配です。
私ももう1ヶ月近く咳だけが消えず、
ちょっと仕事に支障が出てます(^^;;
お兄様の体調不良も、1分1秒でも早く良くなりますよ〜に。
Posted by みさき at 2010年06月16日 00:46
初めまして。「愛サザ」からの応援団です。(^^)

今、うちには、13歳のミニチュアダックスのひめが居ます。
今年の二月の終わりに、乳腺腫の手術を受けました。
左側を全摘し、右側の上半分と、部分的に二箇所を摘出しました。
八年前に左側の上の方に、小さな腫瘍を見つけたのが始まりでした。これはあまり大きく育つことは無く、1センチ前後で太ったり痩せたりしてました。
そのうち、一つ二つと増えて・・・後から出来た腫瘍が、去年の夏のヒートの頃から、急激に肥大化し2センチをちょっと超えるほど育ってしまいました。それも、一番始めの腫瘍の横に一つと、左側の一番下に一つ。

年明けに先生に相談し、摘出する事に。
13歳になる一ヶ月前に手術しました。
先生がおっしゃるには、乳腺腫の摘出は深い傷では無いので、犬には負担が少ないとの事でした。
一度も病院にお泊りした事が無くて、病院嫌いのコでしたが、無事に一泊できました。でも、大騒ぎしてたようです。(^▽^;)
麻酔からの目覚めも早く、食欲も有って、先生もびっくりの回復でした。うちに帰ってからも、痛みを感じて無いように、暴れまくってました。。。orz

術後は、傷の消毒で頻繁に通院してましたが、傷の大きさと年齢もあって抜糸に二週間かかりました。
後日、病理学検査報告書というのを頂いて、良性あるいは低悪性度の腫瘍であることが解かり、ホッとしました。
ただ、多発性なので、今後残った乳腺からの再発の可能性があると。。。
まだまだ心配は尽きませんが、少し落ち着いた生活になりました。

びっこちゃんもお兄さんにも、少しゆっくりした毎日を送って欲しいです。
今までいっぱい頑張ってますよねっ。
本当に、応援しか出来ませんが、少しでも力になれたらと思う毎日です。
長文で、ごめんなさいです。(汗)


Posted by 更紗 at 2010年06月16日 02:10
兄さん、詳細ありがとう
風邪は、いかがですか?

どうコメントしようかと悩んでいました
悩んでも答は出ず…

兄さんはもっと悩んでいる事でしょう

びっこちゃんが、より元気で前進する為の決断です
がんがれ〜!
Posted by 華と鈴のママ at 2010年06月16日 07:03
風邪は大丈夫でしょうか?サザビーの手術…難しいですね…でも羊様が出した結論ならサザビーも納得して頑張ってくれると信じています。
Posted by 雪花 at 2010年06月17日 05:43
 
再びMerry Dogお見合い★☆★