2010年04月03日

クッシング

前回の結果は・・・・・

クッシング

気になる血液等の数値はあまり大きな変化はありませんでした。
ただ今回はクッシングの検査が行われ、その判定基準の結果が判ったのです。

まず犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)とはどのような病気なのかを簡単に説明しますね。
サザビーの場合は体内から過剰にステロイド(男性ホルモン)が放出されて、その結果様ような症状が起こります。

多飲多尿
筋力低下
太鼓腹
脱毛
傷が治りにくい等
(この全てが当てはまるわけではありません。症状は一部の場合もあります)

検査結果表で確認しますと「コルチゾールの測定」での数値が2つ書いてあります。
最初の10という数値はノーマルでの測定値、そしてACTH刺激試験での比較された数値は
明らかに30以上という数値を示し、この結果サザビーはほぼクッシングの状態であると言えます。
さらにこの数値の上がり方で医療処置の結果により起きたものか
もしくは自然的に発生したものかの違いも判断できます。
医源性の場合は治療により回復に向かうこともありますが、遺伝性の場合は改善することがなく
サザビーの場合は自然的、つまり遺伝性のものであるという結果でした。
(この逆に位置する症状がアジソン病(副腎皮質機能低下症)と言われる病気です。)


クッシング

治療はトリロスタン、もしくはミトタンという薬剤投与を生涯続けます。
薬剤投与による治療は効果的で、約10日前後で効果が表れます。
しかし多くの飼い主様の場合、この薬剤投与にかかる治療台が非常に高価なため
断念する場合が多いことも事実だそうです・・・・・・

トリロスタンは副作用も少なく高価な薬になりますが(約1錠1000円)、サザビーの場合は
分量をそこまで多く使用しないため、1日約500円程度ではないでしょうか。
ただその後も血液検査やクッシングの検査等をこまめに行わないと、薬剤の分量の設定が難しいのです。
(フィラリアの薬とは違い、体重だけで決められる分量ではないたの)


クッシング

いつからでしょうね。
サザビーの走る姿がおかしくなったのは・・・・・
未だにシーズンも来ないのも、腸や背中の傷が治りにくいことも
そして多飲多尿、呼吸困難、脱毛等の症状も全てクッシングのせいだったのかもしれません。


クッシング

しかし全てがそうだとは言い切れないかもしれません。
けれど一生治らない病気であっても、薬剤投与を続けることによって
この状態が少しでも緩和されるのであれば、私財を擲ってでもこの治療は続けます。

前向きに考えれば、治療の方針が定まっただけでも良しとしなければなりませんね。


クッシング

だいじょぶです・・・・・・
サザビーはまたきっと復活します。

心配してくれた多くの皆様、本当にありがとうございました。


blogranking
blogmura

この記事へのコメント
お兄さま。詳しい報告有難うございます。サザビーちゃんは、絶対 元気になってくれますよ。お兄さまに、いっぱい いっぱい愛されているのですから。
精神的にも肉体的にも お二人ともお疲れでしょう。
神様どうか穏やかな日々を、二人にお与えください。お祈りしています。
Posted by dolce at 2010年04月03日 22:32
病状説明ありがとうございます
Yさんの溢れる愛情にサザちゃんは応えてくれます
神様は乗り越えられる試練しかあたえません
だからお二人は絶対乗り越えられます
AYAさんやララちゃんが後押ししてくれます
みんな みんな祈ってます
頑張ってください
Posted by 白ネコ at 2010年04月03日 22:48
こんばんは
いつもお兄さんとサザビーちゃんには元気をもらってます!
どんな困難もお二人なら必ず乗り越えられると思います。
でも あまり無理はなさらない様にして下さいね。 
Posted by 陽菜ママ at 2010年04月03日 23:01
大変な中ご報告ありがとうございます。
たとえ一生薬を続けなければならなくとも
一生懸命生きようとするサザビーちゃんを神様が見捨てるわけがない。

必ず良くなると信じてます
お兄様もどうかご自分のお身体ご自愛くださいね。
Posted by あきぴょん at 2010年04月03日 23:05
お兄様が仰る通り、サザビーは必ず元気に復活してくれますよ。
いつもそばでお兄様の溢れる愛情をしっかり感じてるサザビーですもの。

今日も明日もずっと祈ってます。
お二人に一日も早く、安堵な日が訪れますように…。
Posted by そらパピ at 2010年04月03日 23:14
そうですね。
私も症状の原因である病名が、わかってよかったと思います。

びっこちゃんは、大切にされ本当に幸せですね。
確かにたくさん…たくさん…辛い事がありますが、どんなにパパに愛されているか…

今日も、がんがれ!
愛しいサザビー!
Posted by 華と鈴のママ at 2010年04月03日 23:17
サザビー頑張って!!
私には、祈ることしかできないけれど、再びサザビーの最高の笑顔に出会える日まで応援し続けます!
Posted by 3HO at 2010年04月03日 23:20
陰ながら祈る事と応援する事しか出来ませんが、頑張ってください。
Y兄さんの気持ちが折れていない限りはサザビーも絶対に大丈夫です!
Posted by 局長 at 2010年04月03日 23:36
クッシング症候群。。。 確定なのでしょうか。
一生投薬と言うは経済的にもサザビーちゃんにとっても大変ですね、でもそれで症状が緩和されるなら。。。
viviも心臓の病気で一生投薬が必要、1日スタバ1杯分払えない額ではありませんが大変です。
でも薬代はかかってもいいからいつまでも元気で長生きして欲しいと思います。
サザビーちゃん、お薬が効いて早く元気になると良いですね。
Posted by vivipapa at 2010年04月03日 23:36
ゆっくり休んでください。
お薬効くことを祈ってます。

ちなみに、最近mixiにはまってるのかな??
Posted by れぃ at 2010年04月03日 23:49
本当に次から次へと…。

サザビーもY様もお辛いですね。
私も、きっとまたサザビーは復活すると信じてます☆
Posted by ミウミウ at 2010年04月04日 00:03
お兄様、ほんとに大変な中 ありがとうございます。
そうですね。 治療の方向性を決められる というのは本当に大きな1歩ではないかと思います。

私自身も 病気がわかるまで体調不良のまま 9年かかりましたが、
発覚し 適切な治療・お薬投与してもらうようになってからは体もずいぶん楽になりました。
お薬は もう毎日の食事のようなものになっています。。

だいじょぶ! お兄様の深い深い愛情とAyaさんの想いがあるのですから、
びっこたんは必ず 復活すると信じてます。 かわいいびっこたん みんながついてるからね
Posted by つばさ at 2010年04月04日 00:04
大変な中ご報告ありがとうございます。
お薬が効いてくれますように。
サザビーちゃん、頑張って!お兄様、頑張って!
皆祈ってます。きっと今回も良くなる!
Posted by nene at 2010年04月04日 00:11
大丈夫、きっとサザビーちゃんは良くなる!

天国からはママやマリアお姉ちゃん、ララ姉さん、ググ爺さん達が、地上では大好きなパパや頼もしい仲間たちがいてくれてるんだもの!

焦らないで一歩ずつ、乗り越えていこうね☆
Posted by なつ at 2010年04月04日 00:14
びっこちゃん☆お兄様ゆっくり休んでください。
ゆっくり ゆっくり元気になって下さい。
いつまでだって、びっこちゃんの「えへへ」まってます。
Posted by じゅん at 2010年04月04日 00:15
走る姿、変なのですか↓
アヤさんが居た頃、ボールcatchしてたよね…

ごめん


サザビー元気になぁれ!!
Posted by 姫 at 2010年04月04日 00:17
お薬が効いて、サザビーちゃんがまた楽しい毎日を過ごせるようになる事を祈ってます。
クッシング…犬もかかる病気とは知りませんでした。
Posted by もみ at 2010年04月04日 00:49
沢山不安や悩みもあるかと思います。
それでも治療方針が見えてきたことは一歩前進していると思います。

投薬がびっこちゃんにいい効果を出します様に…!
Posted by まぃ at 2010年04月04日 01:00
サザちゃん!がんばって!

1日も早く良くなります様に。。。
Posted by あや at 2010年04月04日 01:09
サザビーちゃんにはいつも元気を貰っています…どうかお薬が効いてくれますように…
サザビーちゃんと羊お兄様が穏やかな時間を過ごせますように…
ずっと応援しているので
頑張ってくださいね…
詳しく説明していただきありがとうございます
Posted by なる at 2010年04月04日 01:18
病気がわかってよかったです。
わからなければ、対症療法しかできません。
以前書き込みさせていただきましたが、うちの みゆ は非定型のアジソン病です。
クッシングもアジソンも、病気がわかるまでが一番大変。
わかってしまえば治るわけではないけれど、治療法はあり、薬での管理さえうまくいけば、比較的良好に生活できるそうです。
みゆも投薬が始まってから、劇的に元気になりました。
だからサザビーちゃんもきっとお薬で元気になると信じています。

薬のことですが、アジソンの薬も非常に高価です。
日本で作っていないからだと聞きました。
個人輸入をしている人が多いので、お兄様もネットで調べられたらいかがでしょうか。
Posted by ミルフィーユ at 2010年04月04日 02:06
くすりも合う合わないが出たりする事があったりするみたいなので、このくすりがサザビーちゃんに合ってるといいですね。
家も薬を続ける事になった時はかなりかかりましたが、同じくすりを安く出してくれる(特別に注文してもらったんですけど)動物病院があったので、診察してもらう病院とくすりをもらう病院を別にしていました。
同じ薬の処方なのに、ずいぶん金額が違うものだなと思ったものです。
この薬でも同じようなことができればよいですね。
Posted by ニナぱぱ at 2010年04月04日 02:11
治療方向が定まり良かったです。どうか薬が効いて体調が良くなっていきますように…
Posted by 雪花 at 2010年04月04日 05:51
少しづつでも良くなることを祈ってます。

薬が効くといいな。
Posted by あんずパパ at 2010年04月04日 06:22
病名が分かり治療法も確定してもお兄さんの心の不安は増したのではないでししょうか?しかし、お兄さんの前向きな覚悟の言葉に明るい未来を感じます。
私も今の医学では治らない進行性の病気と共存しています。
落ち込む日々のなかで、お兄さんとサザビーちゃんが沢山の勇気をくれます。なんのお礼もできないけれど、いつもいつも祈っています。明るい笑顔が続きますように。
Posted by きき at 2010年04月04日 07:49
知り合いのホワイトテリアは先天性の糖尿で、病名が判るまであちこちの医者を渡り歩きました
今は毎日インシュリンの注射が欠かせません
でも元気なんですよ
羊さま 病名は判る事は辛いけど回復の第一歩ですよ
式神でも何でも売って下さいな 買わせていただきます
Posted by ぽこぺん at 2010年04月04日 08:04
色々と不安はあると思いますが、お兄様の前向きな言葉を聞いて少し安心しました。
薬が効いてサザビーが元気になってくれると信じて、これからも応援&祈っています☆
Posted by ケンケン at 2010年04月04日 08:18
詳しい説明ありがとうございます。
今はお薬が効いてくれることを願うばかりです。
Posted by ちゅーちゃん at 2010年04月04日 08:32
お兄様の強い決意にサザビーちゃんはきっと応えてくれると
信じてます。
サザビーちゃんがお薬が体質に合いますように願ってます。
Posted by みるくママ at 2010年04月04日 14:18
はじめまして
いつも、読み逃げさせて頂いてましたが
クッシングの文字が、引っかかって。。。

私の先住の愛犬も、6歳からクッシングと戦い続け
大変なこともありましたが、12歳と10ヶ月まで
頑張ってくれました。
獣医の先生にも、この病気になって6年以上も
頑張れたのは、飼い主さんも諦めず頑張ってきたから
コロンちゃん(先住の愛犬の名前です)も
ここまで頑張れたんだと励まされました。

いつも健気に頑張っているサザビーちゃん
いつも献身的に尽くされている執事さん
蔭ながら、心から応援しています。
Posted by ならわんこ at 2010年04月04日 23:49
そうですよね!
治療方針が定まるって前向きにとらえられますよね!

お薬が効いて少しでもよくなりますように。
Posted by ゆり at 2010年04月06日 03:37
 
検査結果・・・一緒に祈って★