2010年02月10日

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

午前中に病院へサザビーを運んだ後の検査結果はこんな様子でした・・・

何とヘマトクリット値は24%のまま、血液は一定の濃度を保っていました。
しかし総タンパクの数値とアルブミンは減少していく一方です。
ましてや電解質も下がっていく傾向にあるという結果でした。

色んな箇所が悪すぎる・・・

それでも便は改善されつつあるし、血液の減少も現状維持のはず?
なら何故、早朝に体調が悪くグッタリしていたのでしょう・・・・
サザビーは腸や下腹部を診断すると痛そうな素振りを見せる。
恐らく痛みが伴っていたのかもしれません。


子宮蓄膿症

口がきければ、いいのに・・・・・

結局、今日1日タンパク質も含めた点滴を行ってもらいました。
その間、自分も栄養ドリンクで点滴です。
長い闘いは当分終わりそうにないからです。


子宮蓄膿症

夜、病院に迎えに行ったサザビーは今朝がたよりも元気そうに見えました。
食事も病院内ではキチンと摂るそうです。
まあ自宅では少々の甘えもあるのかもしれません、とのこと。
ただ今日は以下のようなお話を聞いてきました・・・・

子宮蓄膿症

いつかそうなるかもしれない?と思っていた病気です。
エコーで確認すると子宮にある子宮核の部分に膿が溜まり、若干太くなりつつあるとのこと。
いつ一気に膨れ上がるかわからない危険な状態です。
僕は前回の記事内でこんなことを書きました・・・

栄養が足りないのなら点滴を打とう
血が足りないのなら輸血をしよう


そしてタンパク質も足りないのなら、血清を打てば・・・・と考えていました。
しかし子宮蓄膿症は外科手術でしか治療できません。
つまり選択肢は1つ、早急に手術を行うことです。
この弱っている状態でも、です。

明日は再び休息日を頂きました。
明後日に再び検査を行い、場合によっては「手術に向けた処置」を行うかもしれません。
(※「手術に向けた処置」とは輸血、及びタンパク質の補給等です)


子宮蓄膿症

どうする、サザビー・・・?
いや、どうしたい・・・??


子宮蓄膿症


本当に口がきければ、いいのにね・・・・・











Posted by the_later_sazaby9966 at 23:43│Comments(75)
この記事へのコメント
体力が万全でないときの手術は決断に勇気が要りますね。
うちのパピちゃんも子宮蓄膿症で6歳の時に手術しています。
術後の子宮を見せてもらうとパンパンに膨らんでいました。
手術以外の対処法ってないんでしょうか?
Posted by ちゅーちゃん at 2010年02月10日 21:48
サザビー泣かないで。
Posted by ちびた at 2010年02月10日 21:51
本当に切ないですね…
言葉が話せたらいいのにね
びっこちゃんは、大好きなパパと一緒にいたいと思っているはずです
パパがそう思っているように…

何もせずあきらめるよりは
できることをしてあげたい…
びっこちゃんお疲れさま!
みんなで応援しているからね。
がんがれ!
Posted by 華と鈴のママ at 2010年02月10日 21:54
子宮でしたか…
ホントにこの子たちが『喋れたら…』とと思います
手術するんですね

サザちゃんなら乗り絶対乗り越えられると信じてます

Yさんちゃんと寝てますか?
パパが倒れたら誰がサザちゃんを看病するんです?
ご自愛くださいよ
Posted by 白ネコ at 2010年02月10日 22:01
お腹が痛かったんじゃ、さすがにゴハンは食べられなかったでしょうね。かわいそうに…

今の体力での手術は、お兄様もびっこタンにもリスクが高いですね。
原因がはっきりして来た分、成功すればかなり良い方へ向かうと思いますが…
見守ることや応援することや無事を祈る事しかできない自分が、もどかしいです。
Posted by のせ at 2010年02月10日 22:09
本当に、愛犬が口がきけたらって思うこと私もよくありますもん、今のお兄様はそれ以上に思っておられる事でしょう。。
手術…今の状態で…でもしないと…色んな考えが頭を巡っちゃいますよね…
本当に、祈ることしかできない自分がもどかしいです。

けど、お兄様栄養ドリンクでの点滴だけでなくきちんとご飯を食べて下さいね、お兄様が倒れたりしたらもっと大変なんですから!!」
Posted by プーちゃん at 2010年02月10日 22:21
体力無いときの手術の決断は迷いますね。
話しが出きるなら相談して決められるのに・・

Posted by ななこは〜ん at 2010年02月10日 22:21
子宮は女の心臓ですからね
つらかったでしょう
かわいそうに・・・

でもサザちゃんなら大丈夫
祈ってるからね

Y様、栄養ドリンクの飲みすぎには気をつけてくださいね
糖尿になる危険性もありますよ^^;
Posted by あきぴょん at 2010年02月10日 22:24
頑張ってください。
Posted by あんずパパ at 2010年02月10日 22:31
子宮だったんですね。サザビーちゃんなら大丈夫だと信じます。頑張れ!
Posted by thiara at 2010年02月10日 22:35
手術となると簡単にアーダコーダと言うことできませんが、やはり助かる道があるなら自分なら、その道を選びます。危険がともなうのでお悩みでしょうが先生と相談して決断して下さい。でも、サザビーちゃんは絶対に元気になると信じてます。 大丈夫 大丈夫。
Posted by リボンの主 at 2010年02月10日 22:45
サザビーちゃん大変だけど絶対頑張ってね
嗅げながら応援しています!

Y様も体には気をつけて!
いい方向へ絶対向かうと信じてます
Posted by かざふ at 2010年02月10日 22:46
手術ですか。。サザちゃんはこれを
乗り切ったらまた元気になれるから。
絶対、絶対、サザちゃんだったら大丈夫だから。
不死身だもん、神様がついているもん。
Posted by みこみこみっこ at 2010年02月10日 22:50
そうでしたか・・・ ウチの子も昨年13歳で子宮蓄膿症
になり、手術しました。 確かにお腹が痛いらしいので
食欲もなく、元気もなかった日が続きました。
本当に、人間語を話してくれたら・・・ と思いますね。

ママもパパもついてる。兄弟の皆も、沢山の応援団のパワーもしっかりとびっこたんを守ってるから!
大丈夫!良い結果になる と信じて応援続けます☆
Posted by つばさ at 2010年02月10日 22:54
本当に口がきけたらいいのに。
今まで何度思った事か。

犬達には人間の気持ちが通じてるって
聞いた事があります。

きっとサザビーちゃんだってお兄様の気持ちは
わかってるはずだと思います。
お兄様の行動はサザビーちゃんにとって、どれも間違いじゃない。
どんな結果を迎えようとも・・・。

祈ることしか出来ないけど、サザビーちゃん頑張って!
皆の祈りが届きますように!!
Posted by nene at 2010年02月10日 23:04
難しい判断ですね。
サザビーの体力が落ちた状態での手術は極力避けたいものの、今の症状が好転する兆しがないのならどこかで決断するしかないのかもしれません。
ただ、今回の症状の主原因が子宮蓄膿症なのかどうかを見極める必要はありますが・・・。

何かしても、逆に何もしなくても必ず後悔はするものです。であるならば、羊兄様が少しでも後悔しないような方法を選択して下さい。きっとサザビーもそれを望んでますから。
Posted by かれん&しおんパパ at 2010年02月10日 23:07
子宮ですか。辛いですね
サザビーちゃん頑張ってね。
Posted by りんご at 2010年02月10日 23:08
私の知り合いのワンチャンも子宮蓄膿症でした。八歳のとき吐血血尿でもうげっそり痩せてフラフラでした。病院に行き翌日手術をしました。その後その子は六年元気に生きました。サザビー手術は簡単には決められないけれど、また元気になって笑顔を見せてください。ずっと祈ってます
Posted by ベルン at 2010年02月10日 23:09
子宮蓄膿症ですか・・・
我が家のワンコも14歳でなりました。
母は『年だからもうダメだろう・・・』と言っていましたが、『助かるなら何でもしますっっ』と、かかり付けの病院へ行きました。

それから4年、ずっと元気でした。

本当に、口が聞けたら何処が痛い?
何がしたい?
何か食べたいモノある?

聞いてみたいです。


ビッコちゃんが良くなりますように・・・

お兄さんも頑張れ〜☆

Posted by りさや at 2010年02月10日 23:12
お兄さん辛いですよね?
本当はブログなんて書く気にならないのでは?
きっと私なら泣いてばかりでブログを書く気になれないと思う。
サザちゃんには頑張ってもらいたい。
でもお兄さんあまり頑張りすぎないで下さいね。
何も(ブログ)考えずサザちゃんの事だけを考えてあげてもいいんですよ?
人間そんなに強くないもん・・・。
無理だけはしないで下さい。
でも、もう十分無理してるんでしょうね。兄さんの事も心配です。

サザちゃん・・・祈ってるからね!!
Posted by あんまま at 2010年02月10日 23:21
サザビーちゃんが少しでも楽になりますように、ただ ただお祈りいたします。
お兄さまは、ギックリ腰いかがですか? お大事になさってくださいね。
Posted by dolce at 2010年02月10日 23:23
友人のワンちゃんも13歳の時に手術しました。
突然の食欲減退・嘔吐・下痢
悩む時間もなく手術になったと聞きました。
でもその後は元気になっていました。

少しでも体力が戻りベストの状態で
治療に挑まれる事を祈っています。
Posted by mayuママ at 2010年02月10日 23:24
お兄様の判断で間違いないと思っています。大切な娘のことは、言葉がしゃべれなくてもわかるはず。
2人の選択が正しいと信じてます。

Posted by れぃ at 2010年02月10日 23:24
お兄さんの切ない思いがひしひしと伝わってきました:;
本当に、口をきけたら・・・

お兄さんもお疲れだと思います。

どうぞご自愛くださいね。
Posted by ひろ at 2010年02月10日 23:27
ほんとうに しゃべれたら…って思いますよね。 人間だったら、自分の身体をどうしたいかを 決めたり、書面にしたためられますが、動物にはそれができない。 つらいところですね。 手術成功するよう お祈りします。
Posted by ありすママ at 2010年02月10日 23:30
うちのコは5歳で避妊手術をしたら、すでに子宮蓄膿症で かなり腫れていました。血液検査では全くわかりませんでした。

ササビーちゃんの体力が戻り手術にのぞめますように。

兄さんガンバレ。
Posted by ゆむっち at 2010年02月10日 23:33
何もしないで後悔するより・・
出来る限りの事をした方が良いと思います。(経験上)
最終的には、お兄さんが決断しなくてはいけないと思いますが・・・
弱っている体にメスを入れるのは辛いです。が、
手遅れになるのも、もっと辛いです。

お兄さんがどう決断しても びっこちゃんは納得してくれるはずです。

少しずつでも回復に向かう様祈ってます。
Posted by R at 2010年02月10日 23:42
訊いてみて
あげてください。

犬は人間の言葉を
理解しているそうです。

彼女に思うとこがあれば
何かアクションしてくれるのでは…?

是非

Posted by Tomo at 2010年02月10日 23:49
子宮蓄膿症…
手術の決断を急がなければいけない病気ですよね?
でも現時点で血便が治ってるのは腸からの出血はまた別ってことでしょうか?
以前の更新でエストロゲンのことも出ていましたが、実は子宮蓄膿症だった??
失礼な書き込みで申し訳ないです。
先生を疑うわけではないのですが…セカンドオピニオン私だったらするかも…。
どちらにしても先生の説明を納得されて進んでほしいです。
生意気なこと書いてすみません。
どうしてもうちの子だったらどうする?って考えちゃうんです。
乗り越えたワンちゃんたくさんいらっしゃるんですね。
サザたんだって大丈夫。
信じてるからね。


Posted by ミルル at 2010年02月10日 23:57
一進一退・・・
サザビー、辛いね。
頑張っているのにね。

でも、、原因が見えてきた今、
また方法を考えることができるわけだし、
貴女なら、、きっと乗り越えてくれる。
信じてるよ。。


お兄様、、
今の状態での手術を決断することは、
正直、、難しいですよね。
でも、どんな決断であったとしも、
サザビーは、きっと喜んでその決断に
自分自身をゆだねてくれると思いますよ。

他の方も書いていらっしゃいますが、
是非、、サザビーにいろいろ話してみてください。
ゆっくりと、一語、一語。
サザビーは理解していますよ。

だって、、Ayaさんに、
泣きながらも一生懸命笑顔を見せた彼女じゃないですか。
ちゃんと答えてくれるはずです。。


お兄様も精神的にもすっごく厳しいと思います。
どうか、、栄養だけはきちんととってくださいね。
お兄様が倒れたら、、それこそ大変ですから。
Posted by みさき at 2010年02月11日 00:00
今のサザビーちゃんの体力で手術するのは心配かもしれませんが、病状が悪化して手に負えなくなってしまったらお兄様も辛いと思います。

お兄様もお疲れだと察しますが
サザビーちゃんの為にも早めに判断が出来るといいですね。

サザビーちゃんの元気な姿がみたいです。

Posted by 2パピ at 2010年02月11日 00:04
我が家の子も昨年子宮蓄膿症にて子宮を取りました。
口がきけないので、かなり病状は進行していて、腎不全になりかけ、九死に一生。
今はとても元気にしています。
体力の弱っている時に選択を迫られる辛さ、なんとも切ないです。
お兄様の選択をサザビーちゃん、きっと受け入れてくれると思います。
誰よりも愛する人だから、きっと。

皆様の祈りが届きます様に、私も祈っております。
元気になってね、笑顔戻ります様に。
Posted by ELF at 2010年02月11日 00:10
ササビー 元気をだして !!
そして生きて !!!

ササビーは お兄さんの気持ち判ってると思います。
ササビーに お兄さんの気持ち伝えて下さい。
ササビーは お兄さんの気持ちに応えてくれるはずです。

ササビーには お兄さんしかいないんだから。
Posted by そら at 2010年02月11日 00:13
お兄様も精神的に参っていますよね…
相当、無理されているのでしょう…

でも、サザビーは、サザビー語で
「まだまだ羊といるもん★」
って言ってますよ!

サザビーの先生、お兄様お願いします!
サザビーの笑顔が見たい…
がんがれ、愛しのサザビー♪
Posted by Ash★Megu at 2010年02月11日 00:17
本人が一番辛いのはわかります。
でも言葉が分からないから、自分がどういう状況か分からない。
きっと兄さんがいなければサザビーもこんなに頑張れないと思います。
サザビーには兄さんしかいない、なら兄さんが心を決めるしかない。
1%でも良くなる方向に進んでください。
Posted by るなcy at 2010年02月11日 00:23
本当に口が聞けたらいいですよね。難しい選択ですよね。お兄様のツライお気持ちは、痛い程わかります。どうか、良い方向へ向かってほしいと祈るばかりです。
Posted by RIN at 2010年02月11日 00:38
はじめまして。
我が家の1代目の愛犬も子宮蓄膿症で亡くしました。
突然具合が悪くなり、あっという間に逝ってしまいました。
2匹目は幼い頃から、体調を崩し、また想像妊娠も引き起こしていたため、そのこも子宮に問題があると判断し、手術を慣行し、11年間元気でいてくれました。
破裂の危険性を考えると、手術したほうが良いと思う気持ちと手術に耐えうる体力を心配なさる気持ちよく分かります。
ただ。。進行してしまっている場合。子宮によって体力がどんどん失われていきます。
日々弱っていく愛犬の姿を見たとき、食べれていたうちに手術をすべきであったと後悔しました。羊さんには同じ気持ちを味わってほしくないし、またサザビーにも元気になってほしい。
羊さんどうか、お辛いとは思いますが、頑張ってください。
Posted by さなぎ at 2010年02月11日 00:43
うちの先代ワンコも同じ病気でした。
ある日、血便(出血)で家中が臭いと汚れでビックリ。慌てて病院へ行きました。
即入院、手術しすぐに元気になりました。
パンパンに腫れた摘出した子宮にハサミを入れて説明を受けた時、「これじゃ相当痛かったよ」…

【あ〜喋ってくれたら】と思わずにはいられませんでした

体力があれば回復も早いけどサザビーちゃんの今の状況だと決断に苦しみますね

サザビーちゃん、もうひと踏ん張り、頑張ろう


Posted by のら猫 at 2010年02月11日 00:44
子宮蓄膿症、多いですよね。
私も職場の子でなった子が居ましたが、幸い抗生剤投与で何とかなりました。
その時、かなり弱っていたので先生から選択肢を出されましたが、
すぐに手術するか抗生剤で頑張るかで、
どちらにしても危険が伴うと言われました。
手術しても体力が持たない場合もあるという事、
薬でよくならなかった場合は手遅れになるという事でした。
状態が悪かったので、抗生剤を投与してみて改善がまったく無ければ
緊急手術をしてもらう事になったのですが、
抗生剤を投与した次の日にご飯を食べたので、
そのまま薬で回復を待ち、完治した後に避妊手術をしました。
サザビーちゃんの場合は投薬という選択肢は難しいのでしょうか?
Posted by うるちゃん at 2010年02月11日 00:45
羊さまの気持ちわかります
我が家のパピは雄なので子宮に関してはわからないのですが、皆さんの書き込みの成功例を読ませていただくと勇気ガ出ますね
羊さまの判断が最良の判断なのだと自信を持ってくださいね
そしてご本人の食事も大切に
Posted by ぽこぺん at 2010年02月11日 00:48
本当に口がきけたらいいのに。。
どこが痛い 何をして欲しいって判るのに。
でも、Y様とサザビーは通じ合っていると思います。
Y様の判断にサザビーはきっと満足すると思います。

Y様は"点滴”ではなくちゃんと食べてくださいね
明日は2人でゆっくり休んでください

サザビーが少しでも回復しますように☆
Posted by しぐママ at 2010年02月11日 00:57
お兄様の気持ちを考えると…言葉が見つかりません。ごめんなさい。
ただひたすら祈るばかりです。
Posted by ケンケン at 2010年02月11日 00:58
サザビーにとって一番うれしいことは、お兄さんの笑顔を見ていることだと思います。
お兄さんが元気じゃないとサザビーが心配しますよ!!
お兄さんももう一頑張りです。
絶対にサザビーは元気になります!!
だってサザビーだもん。
Posted by ちょちみ at 2010年02月11日 01:02
祈っています。
いい方向へ進みますように
Posted by ジャスミン at 2010年02月11日 01:13
子宮蓄膿症ですか…。
すごく多いですよね。
20年程前ですが、我が家の愛犬もなったことがあります。
怖い病気ですよね…
子宮蓄膿症自身は手術をしてしまえば解決すると思うのですが、
サザビーちゃんの体力を考えると迷いますよね。

Posted by げんまま at 2010年02月11日 01:29
サザビーちゃん頑張ってね もう少し我慢出来るわね 後は お医者様に任せる 他ありません ! サザビーちゃんに 間違いが 無い事を 祈ります! 今の医学は 進んでいますのでサザビーちゃん、安心して お兄様の 手を握って 手術に 向かって下さいますように、 又、それも お兄様の 判断が 神様です。 私も お祈りさせて 頂きます。
Posted by たた at 2010年02月11日 01:46
こんばんは〜
今日病院でお見かけして、びっくりしました
もっとお話できたらよかったのですが、サザビーちゃんの事で心配そうな羊さんのご様子に、あまりお声がかけられませんでした
羊さん、ちょっとお疲れの様子・・・
サザビーちゃんを連れて帰られたんですね
やっぱりお家が一番ですもんね、羊さんも、ゆっくり休養してくださいね
サザビーちゃんの苦痛が早く取れますように祈るばかりです



Posted by クッポの母 at 2010年02月11日 01:54
サザビーの病名がハッキリしてきましたね・・・体力が落ちてる時の手術は凄く心配だし悩むと思います。でも、サザビーは手術をして悪い所を治して、また走り回りたいと思ってるかも・・・サザビーは今までだって色々乗り越えて来てる(>_<)だから今回もし手術をするとなっても絶対乗り越えてくれると思います。元気になることを祈ってます。
サザビーそして羊兄さん辛いだろうけど乗り越えていきましょう。応援してます。
Posted by ミッチー at 2010年02月11日 02:12
サザビーのお顔

ビガロが胃捻転になった時に似てる

きっと

『痛いよ。辛いよ』

って気持ちだよね

でもビガロはちゃんと復活して今も元気だよ

ビガロでも復活出来たから大丈夫!

頑張れ!!
Posted by チーパピmama at 2010年02月11日 02:42
ただ、
サザビーの回復を祈らせて頂きます。

でも頑張って!とは言いません。
無理をするサザビーは見たくないです。
自然と笑顔になれるサザビーが見たいです。

サザビーの笑顔が大好きだから。
Posted by えり at 2010年02月11日 02:54
すべてが良い方向にむかいますように。


羊様。皆さんがおっしゃっているように、ちゃんと食べてくださいね。
今、ビッコちゃんが頼りに出来るのはパパだけなんですから。

今日も祈っています。
Posted by 天花のアネゴ at 2010年02月11日 06:46
どちらにしても手術になってしまうんですね…ならばせめてある程度色んな数値が処置により少しでも正常値に近付き手術に踏み切れるといいのですが…
Posted by 雪花 at 2010年02月11日 07:02
苦しい決断が迫ってるんですね・・

本当に、話は出来たらいいのに。

長い闘いです。羊さんが倒れられないように気をつけて下さいね・・
Posted by ゆり at 2010年02月11日 08:08
本当に口が聞ければ良いのに…
でも、目で訴えているから、お兄やんが解ってあげられる範囲内で良いからお願いしますm(__)m。

お兄やんがダウンしたら困るから、ガンバってね。
Posted by 姫 at 2010年02月11日 08:44
はじめまして。
毎日サザビーのブログ楽しみにしています。
サザビー、、がんばれ!!!
Posted by cook at 2010年02月11日 08:58
そうですか、かなりの痛みがあるのですね。
それは大変辛い状態ですね。
抗生剤はもういろいろと使われたんですよね。
痛みは体力気力とも奪っていく怖いものでもあります。
今日の休息日のサザビーちゃんの様子で少しでも
食事が出来て体力が上向くことを願っております。
羊Yさんには、とびっきりのスタミナ定食をご馳走したいです。
神様、お二人に体力気力を贈ってください!
Posted by ちゃあ母 at 2010年02月11日 08:59
びっこちゃんがどうしたいか聴きたいですよね。でも今、誰よりびっこちゃんを愛してるお兄さんの決断が一番。
どうかお体ご自愛なさって、びっこちゃんが安心して甘えられるくらいモリモリ食べて、隙をみて休んでくださいね。
痛いの辛いのとんでけ!
Posted by ゆに♪ at 2010年02月11日 09:05
追伸
神様には、あふれるほどの輝く☆体力気力をお願いします。
このお二人は、素晴しい体力気力の持ち主なのですから…
Posted by ちゃあ母 at 2010年02月11日 09:07
ササビーちゃん、お兄様!
今までの頑張りが、きっと良い結果になります!
祈り続けますね!
Posted by ポメ吉の母ちゃん at 2010年02月11日 09:37
子宮蓄膿症て多いですね、
ウチの子もかかり手術を受けました。

お兄さん、悩みますよね…
何の助言も出来ない自分が情けないです。
いい方向に向かう事をただただ祈ります。
Posted by nobuari at 2010年02月11日 10:05
ビッコちゃん、ゆっくり休んでますか?
ビッコちゃんは偽妊娠が多かったから蓄膿症は
考えられない病気ではなかったけど、体調が思わしく
なくてなかなか避妊手術できなかったもんね・・・

うちの3パピはヒートの状態がおかしいな?と
思って手術に踏み切ったところ、3匹共
子宮水腫でした。特に母犬のまいはかなり危ない
状態だったと後で聞かされました。
今は3匹共、手術前以上に元気です。
年齢的には7〜9歳で手術しましたが
ビッコちゃんの年齢と今の状態を考えると
即手術!といえないのが辛いですね。

どうか、少しでも体力が戻ることを
祈らずにはいられません。
Posted by なお at 2010年02月11日 10:22
きっと・・・
最後の最後まであきらめないで!!って
Ayaさんが仰っているように思います。
びっこちゃんは最愛のママから命を受け継いだのですから。
必ず、必ず、元気になって、『エヘヘ』の笑顔を見せてくれると信じています。
Posted by marin&hotaruママ at 2010年02月11日 10:56
兄やんガンバレ…ちゃんと食べてる?


びっこの為にも兄やん…体力つけとかないといかんよ


いろいろ精神的にも辛いだろうけど…応援してる…こんな事しか言えんけど…(ToT)


頑張ってo(`▽´)o


Posted by チビヤンママ at 2010年02月11日 10:59
お大事に。
Posted by ohiro at 2010年02月11日 11:13
本当にいつも「口がきけたらなぁ・・・」って思います。
どうしてほしいのか・・・これで満足してくれたかなぁ・・・・。

厳しい決断だと思います。

サザビーちゃんがよくなることをお祈りします。。
Posted by とも at 2010年02月11日 11:13
ママがきっとついてる!!
春にはきっとまた走れると信じてるよ!!
Posted by ゆぅ at 2010年02月11日 11:25
サザビーちゃんが具合が悪い事はブログ見ていたので
知ってはいましたが、何度読んでも信じられません。
だってこの前まであんなに元気だったのに・・・
早く元気になってまた公園で遊ぼうっ
あ〜また「ばふままおやつちょうだいよ〜」ってあの目で
見つめてね。いつもはおやつ1つしかあげてないけど今度
会ったら特別にもっとあげようね。
羊さんも辛いけどがんばってください。
Posted by ばふまま at 2010年02月11日 11:30
コンニチハ

今日はゆっくりされてますか?
サザちゃんの看病をしつつ、お仕事もされて大変だと思います
でも今のYさんは『休養をとる』コトもお仕事ですから、ゆっくりして体力回復してくださいね

遠い場所から祈り パワーを送らせていただきます
Posted by 白ネコ at 2010年02月11日 12:03
サザビーちゃん今日はお外は寒いのでお部屋で暖かくしてゆっくり休んでね
又明日から治療が始まるけど絶対に乗り越えてね
楽しい事がいっぱい待ってるよ
羊お兄様も今日はサザビーちゃんと一緒にゆっくり休んでくださいませ
Posted by なる at 2010年02月11日 14:13
友達んちのポメちゃんも、10歳で蓄膿症の手術をしました。
大量出血したので、緊急手術でした。
血液検査の値が軒並み悪かったので危なかったようですが、無事生還しました。
今はすこぶる元気です。
経過も状態もサザビーちゃんと同じではないので一概には言えませんが、サザビーちゃんには自分自身の強い力と、Yさんの力と、Ayaさんの力があります。
絶対大丈夫!だと信じます。
Posted by 竹吉 at 2010年02月11日 15:07
サザビー、本当話せたら良いのに。

きっと「羊のそばに居たい!」と言うはず!

だからきっと治る!

頑張れ羊様!
Posted by フッフールママ at 2010年02月11日 16:42
明日は、雪かも?!
ゆっくり寝て充電してください。
隣で信頼出来る人が寝ていたら、人もワンコも
安心するように思います。
Posted by クリまま at 2010年02月11日 22:06
素直な気持ち。辛くて寂しくて悲しい。私も2013年11月22日に結婚1年記念日に愛犬が天国に行きました。ちょうど1っか月前から少しだけ元気が無く病院へ行きましたが、異常なし。そして安心した矢先にその1っか月後の真夜中に容体が急変し、控えめな鳴き声で泣き駆けつけた時には既に横たわっていた愛犬。真夜中の緊急動物病院を探すにも見つからなかった。愛犬は小刻みに震えながら私の目をじっと見つめかなりの涙目だった。しかし、その後は自力でベッドに行き眠りに付いたので私はとりあえず仮眠した。翌朝の愛犬は既に起きていて寝室の窓越しに空を見ていた。気づいたらそこには吐いた形跡があり朝いちで病院へ。そしたら思いにもよらない重度の脱水症状と貧血。血液検査をしながらエコー検査をした、おそらく子宮蓄膿症だと告げられ更に、手術を受けられないほど血液検査が悪く覚悟を告げられたが、どうにか手術を終え、既に子宮蓄膿が破裂していた事を知らされた。通常なら手術さえ無理があるのに愛犬は翌日の朝に天国に行きました。私の結婚記念1年目です。きっと、愛犬は痛くて苦しい日々をずっと我慢しこの日まで頑張ったのであろう。家族の日となり、悔いが残ってとても残念な気持ちから思うように抜けられません。天国へ行った今でも悲しい鳴き声しか聞こえません。夢にも出てきません。私の愛犬は犬同士に興味が無く、おもちゃでも遊びません。飼い主以外にもなつきません。なのに、とっても甘えん坊でさびしがり屋の子なんです。だから、天国で寂しがっていないか、いじめられていないか心配でなりません。
Posted by ピース at 2013年12月11日 20:47
続きです。
私の愛犬、ピースは2012年7月で9歳のミニチュアだっくスフンドの女の子。ペットショップで3兄弟の最後に私が家族として出迎えた。部屋の角っこでおとなしくて臆病な愛犬でした。ちょうど私の家庭内環境が悪かったので平和を祈りピースと名付けました。臆病ながらにも私はどこに行くにもずっと一緒でした。そのせいか、心を開くようになり、甘え上手で寂しがりやでとにかくいいい子でした。一緒に飛行機に乗ったり、電車に乗ったり、船に乗ったり、居酒屋やbarに行ったり、キャンプしたり、車中泊したり、毎日同じベッドで川の字をかいて仰向けで寝たり、白目になっていびきをかきながら寝たり、本当に人間同様な暮らしをしてきました。甘えたいが為に日々、怒られないようにとてもいい子していました。でも、愛犬の我慢し過ぎが大きくて愛犬の苦しみや悲しみにもっと早く気づいてやれなかった事にものすごく悔いが残ります。ピースの手術後に面会した時に、体力が限界にも関わらず、帰りたそうに部屋からでたがりました。その面会が最後です。ちょうどピースが息を引き取る瞬間は我が家でピースの悲しい鳴き声が聞こえました。もちろんその時は気のせいだと思いこませたが。後々思うと、あの悲しい鳴き声はピースだったんだと。せめて、最後の最後位は一緒に居てやりたっかったと悔やむ日々が後を絶たない。。
Posted by ピース at 2013年12月11日 21:15
↑↑なぜここに書くの?ここじゃ誰にも読まれないでしょ?
Posted by kiccho at 2013年12月13日 23:08
 
変化。。2週間前・・・