2009年10月02日

みんなに逢うまで

みんなに逢うまで

29日、病院にララの容態を確認しに行った。
ララは6時間以上続けた点滴の効果も薄く、午前中よりも病状はよくなかった・・・


みんなに逢うまで

容態が悪くなったんは28日頃。
9日のトリミングのあと、最初のうちは元気がなかったけど
徐々にご飯も食べて、体力も回復してきたように見えとったんよ。
何よりも下痢気味の状態やったお腹が次第に良くなってきたさかい、ちょびっと安心しとったんや。

けど27日の日曜日、ご飯に手をつけなくなり寝込むようになった。
そして翌28日、足下がフラついたのを発見してから月曜日に病院へ駆け込んだ・・・・
血液検査の結果は以前にも指摘された腎臓の数値。
その数値が大幅に上がっておった。
ただクレアチニンの数値は下がっておったんで、当日は点滴を背中からの皮下投与で様子をみることに。
然しながら翌29日の早朝になっても具合は悪化しとるように感じられて
再度血液検査を行った結果、血液からの点滴に治療を変えたんよ・・・


みんなに逢うまで

そして29日の夕方。。
点滴前の午前中と比べて、殆ど良化の気配の見られへんララがベッドで横たわっておった。
つまり血管からのダイレクトな点滴でも、あまり効果は見られなかったんや。

どないしたらええのか。。


みんなに逢うまで

先生は「このまま病院で点滴を続けるべきか、自宅へ連れて看病すべきか」の選択を僕に託したんよ。
仮にララの点滴を病院で続けることを希望すれば、万が一、深夜に容態が急変した場合
ララは1人で逝ってまうことになる。
かといって24時間体制の病院に今から移動して治療を再開するのも弱っとる体にリスクが伴うことが目に見えとる。
自宅へ連れて帰れば、現在の血管からの点滴は中止せざるを得ないことになり
それはもうララの命を諦めるに近い選択に成りかねない。


めっちゃ悩んだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


みんなに逢うまで

そしたらそれを見とった先生が

「点滴の機械を貸しますから自宅で看病を続けて見てください」

と言ってくれたんよ。
点滴の機械は病院用の物で、点滴の状態を常に制御してくれる高価な代物。
何日かレンタルが必要だと考えた僕は、帰りにレンタル料金を聞いたんや・・・・

したら先生がこう言った・・・

「料金なんてないよ、だって普通は貸さないから」


みんなに逢うまで

サザビー
「家へ帰ろう」

夜の8時半過ぎに看護師さん達と点滴を続けたままのララを運んで車に移動した。
そして機械の使用法の説明を受けて、機材も車に積み込んだんよ。


みんなに逢うまで

病院にお礼を述べてから自宅に到着したのが8時45分ぐらい・・・・・・
ララをいつものベッドに横たえた後、点滴の機械をセットし直した。
移動中に点滴の機械のバッテリーが足りなくなったせいか、一度電源をつなぎ直し
再度病院へ連絡をして、機械の説明を聞く。
無事に設置が完了してスイッチを入れた後、ララは突然
静かに体を持ち上げるようにして数回僕に向かって鳴いたんや。

ひょっとして元気になってきとる?

看護師さんにそれを話して電話を切り、僕はララに声をかけてからそっと体と頭を撫ぜた。


みんなに逢うまで

彼女は静かにもう一度「にゃあ」と体を起して応えてくれたんよ・・・


そのままララは二度と体を起こすことはありませんでした。


家に到着して僅か20分程度・・・・
9時05分過ぎに彼女はまるで自分のベッドで眠るように息を引き取りました。


みんなに逢うまで

ララはここに帰りたかったのかもしれへん。
家へ戻って、自分のベッドで休みたかったのかもしれない。
そして僕らにお別れを言いたかったに違いない。
そやからぎりぎりまで、部屋に帰ってくるまで頑張ったんや・・・・・


みんなに逢うまで

あのさ・・・・・
サザビーとわいはララの最後の時を一緒に過ごせたんよ


近くに家族の遺骨もあって
これを安らかな最期と言わずになんて言うんやろう・・・・


みんなに逢うまで

でもさ・・・・・・
だからってこんなに早く逝ってもうたララは決して幸せやったわけやない。
その心情を想い、そして今までの自分の緩慢な接し方を責めて、男のくせにめそめそ泣いた。
ララの腎臓病がわかっていながら早期の治療に専念しなかったことは
全て自分のせいやから、ひたすら後悔の念に駆られた・・・・・・・・



全 部 、 自 分 の せ い や っ た



救いようがない気持ちになって、どうしたらええのかわからなくなった。
どないなるもんでもないんやけど、ララの前で泣いて
自分が悲しくて苦しくて辛い分、それが彼女への懺悔になる気がした。


みんなに逢うまで

折しも外は小雨が降っとってララの涙雨のように思えた。
そうしてサザビーと一緒に項垂れとった時・・・・・・・

「虫の知らせ」って言葉、知っとる?

迷信とか言い伝えとか、霊とか超常現象とか何も信じるつもりはない僕やけど
この時は「やっぱ神さんておるんかな?」って思った。


ララが静かに眠りに付いた瞬間・・・・・



みんなに逢うまで

友達

オフ会で知り合った人達

ブログの読者様

お散歩仲間

数十人から一斉に電話やメールが来た。
もちろんララが今亡くなったことは誰も知らんのやけど


みんなから連絡があった・・・・・


そんなの普通絶対に有り得へんけど、連絡をくれた皆さん、あなた達が証人です。
ララは一瞬でみんなの元を周ってお別れを言いに行ったのかもしれません。。


みんなに逢うまで

神さんを恨んだ瞬間、神さんに感謝してまうなんて、めっちゃ変やろ?
けど直にララがそっちへ行ってまうんやから、あまり横柄な言葉は書けません。
こちらの世界で僕が与え切れなかった愛情や幸せを、今度はそちらで沢山受け取ってもらいたいから・・・・

めっちゃ心配してくれた読者の皆さん
コメントやメールや電話をくれた皆さん
病院の先生方や看護師の皆さん
そして神さん

ほんまに皆、ありがとう。
嬉しかったです。
わいは元気やからだいじょぶです。


みんなに逢うまで

もちろん最高の長女、ララにも感謝しています。

盛大に送り出すから、今度はそっちでしっかり受け取ってください。







この記事へのコメント
お兄様ララちゃんお疲れ様です。腎臓は悪くなったら欲くなる事はありません、ただ悪くならない様維持していかないといけないので2ヶ月おき血液検査、食事を気をつけるしかないですm(__)mララちゃん1月の検査で腎臓、肝臓が悪かったですよね、あれから徐々に悪くなってたんですね、約半年で猫は2歳年をとるんですもんね。ララちゃん頑張ったね、ご冥福お祈りいたします。
Posted by ナナ at 2009年10月02日 20:42
ララちゃん辛かったね
でも最後おうちで過ごせてよかった

こんなに痩せちゃって・・・涙

お兄さんどんなに手を尽くしてもだめな時だってあります
ララちゃん穏やかな顔してるじゃないですか^^

悔やんではララちゃんがうかばれませんよ

これからはサザビーちゃんと二人になるけど明るく健やかに暮らせることを祈っています
Posted by あきぴょん at 2009年10月02日 20:44
たくさん愛してくれてありがとう、って。
きっとララちゃん、そう言いたかったんだね。

ララちゃん。
お空の上で少しゆっくりしたら、またAyaさんとお兄さんとサザビーのところへ戻っておいで。
きっとみんな待っててくれる。
絶対にまた巡り合えるよ。
Posted by totoboku at 2009年10月02日 20:45
ララchan。
AYAママと羊パパに巡り会えて ~(=^‥^)ノ☆ よかった〜ねぇ
羊様。
ララchanは幸せでしたよ。本当に。。。
やせ細った身体を見ると悲しく思いますが、幸せにお空に帰ったんですよ。
今はママにしっかり抱かれてると思いますよ。
これからはサザビーchanとしっかり歩んで下さいね。
ララchan。
又何処かで逢いましょうねぇ。
Posted by ぴあの&みるく at 2009年10月02日 20:45
ララちゃん、ララちゃん、本当によく頑張ったね。お疲れさま。

お兄さんもきちんと食事と睡眠とって、泣きたいだけ泣いて元気になったら、これからはララちゃんの分までサザビーちゃんを守っていかなきゃ!ですね。

ララちゃん、天国のママによろしくね・・☆
Posted by なつ at 2009年10月02日 20:46
読んだら涙が止まらなくなりました…ララ嬢のやせ細った体を見たら辛くて悲しくて…一生懸命頑張ったララ嬢を思ったら苦しくなりました…でも羊様の仰るように、ララ嬢はきっと我が家に帰り、安心して旅立ちたかったんだろうと思います。ララ嬢が起き上がりかけ羊様に向かい鳴いたのは、きっと御礼を言ったんだって思いました。早くに虹の橋を渡ってしまった事は辛いですが、でも愛する人たちのそばで最期を迎える事ができたララ嬢は幸せだったと思います。改めてララ嬢のご冥福をお祈りすると共にララ嬢と出会えた事に感謝いたします…
Posted by 雪花 at 2009年10月02日 20:47
ララちゃんは最後、お兄様に「ありがとう」って言ったような気がします。
誰もいない病院で一人で逝ったんじゃなくて良かった。
サザビーちゃんとお兄様のそばで安心して虹の橋に向かったんですね。
ララちゃん、本当にお疲れさまでした。
Posted by ちゅーちゃん at 2009年10月02日 20:54
ララちゃん、最期まで立派でしたね。頑張ったんですね。ララちゃんはおうちで、羊さんとサザビーちゃんと過ごす事ができて幸せだったと思います。
うちのこも今年の七月、亡くなりました。11歳でした。羊様の悲しみお察しいたします。
ララちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by ゑ at 2009年10月02日 21:01
哀しくて哀しくて泣いてしまうのは家族だもの当り前です。
こうしてあげればよかったああしてあげればよかった。
そう思ってあげられるのが家族だし、思われている方は幸せです。
ララちゃんはとってもとっても羊さんのことが大好きで信頼していたのが最後の様子で分かります。
幸せな最後を迎えられる子が世の中にどれだけいるのでしょうか?!
ララちゃん、もっともっと長生きしてその優雅な姿を見たかった。
でもね、どんなに長い人生?(猫生?)より、
どんなに幸せな時を過ごしたかですよ。
ララちゃんはきっと感謝して最後に羊さんに「ニャン」と泣いたのでしょう。
どうか後悔などしないでくださいね。
Posted by yuki at 2009年10月02日 21:03
ララちゃん、ぐっすり眠っていますね。。。
今までの疲れ、悲しみなんて表情ではなく、私には笑顔で微笑んでるように見えます。
実は昨日、ララちゃんにそっくりな雲をみたんです。私の思いかもしれませんが。。。お空にいるララちゃんは笑って空に向かって走り出していましたよ♪きっとAyaさんを見つけたんでしょうかね★

お兄様、サザビーには大変つらい状況かも知れませんが、がんばってください。きっとララちゃんが笑顔で暮らしていることを祈っているはずです。応援していますよ!!!
Posted by みかん at 2009年10月02日 21:07
ララちゃん 大好きな家族と大好きなお家で最後は過ごせて本当に良かったと思います。これからはAyaさんやマリアちゃんや大好きな家族が待ってて穏やかに過ごせますね。
ララちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by ちょちみ at 2009年10月02日 21:14
ララちゃん、最後は皆と一緒だったんだね。よかった。

ララちゃんのおかげで、猫苦手だったのが今は大好き
になりました。 
ここでララちゃんの姿を見るのが本当に楽しみでした。
本当にありがとう。

ララちゃん、もうママに会えたかな?
本当にお疲れ様でした。
Posted by nene at 2009年10月02日 21:15
こんばんは。

泣いてもいいじゃん。

後悔してもいいじゃん。

思い出をたくさん残してくれたララちゃんに、僕も感謝しています。

会ったこともないけど、小さな携帯電話の画面の中でたたずむ、ララちゃんの姿は、いつまでも忘れません。
Posted by 勇者ろと at 2009年10月02日 21:19
辛い時に更新本当にありがとうございます。

夜中に目が覚めて、頭にブログの件名が浮かんではっとして携帯からブログを拝見したら、同じ件名でびっくりしました。

自分の所にも、ララちゃん来てくれたのかな。

ララちゃん、本当に幸せな最期だったんですね。
お家に帰れて、お兄様とサザビーに見守られて。

本当、ララちゃんお疲れ様。
あなたにも、いろんな事を教えてもらいました。

本当にありがとう。



Posted by ずえ at 2009年10月02日 21:20
お兄さま、更新ありがとうございます。大変つらい思いで更新されたのでしょうね。
安らかな眠っているようなお顔ですね。涙でララちゃんのかわいい顔がぼやけてしまいました。

ララちゃんが最後に「ニャァ」と鳴いたのはおら兄様へのお礼を言ったんでしょうね。

でも不思議な出来事。。。やっぱり神様はいるのでしょうか・・AYAさんもそばに付いてくれていたかも知れませんね。

ララちゃん、ゆっくり休んでね。
Posted by タマちゃんのママ at 2009年10月02日 21:21
ちゃんと最後にララちゃんが落ち着くベットで大好きな羊さんとサザビーちゃんにお別れを言えて…幸せだったと思います

Aさんのブログでララちゃんが家族になったエピソードが書かれてましたけど最初は心ない飼い主さんからAさんに救われ、いっぱい愛されて、そして羊さんに引き継がれて、いっぱい愛されてとても幸せな生涯だったと思います。悔いることもあると思います。でもララちゃん幸せだった思います。会うことはなかったけどブログから伝わるララちゃんにいっぱい癒して貰いました。ララちゃんありがとう!AYAさんにいっぱい甘えるんだよ!
Posted by すもまりパパ at 2009年10月02日 21:26
ララ嬢 眠っているような安らかなお顔ですね。。
きっと お家で・家族で過ごしたかったのでしょうね。
その気持に 羊様が気づいてくれてありがとう 嬉しいよ
と言っていたのではないかなと思います。

今はAyaママのもとでパパとの楽しかったお話を笑顔で
報告しているのかな? 
虹の橋から、またパパと妹の明るい笑顔を見るのを楽しみに見守ってくれていると思います。

Posted by つばさ at 2009年10月02日 21:30
ララちゃん、大好きなお家で、大好きな家族に見守られて幸せな最後だったね

ララちゃん、長い間お疲れさまでした
そして、ありがとう!


お兄さん、お辛いの中の更新ありがとうございました
Posted by believe at 2009年10月02日 21:30
読んでて涙が止まりませんでした、でも、本当はお兄様が一番辛いのに最期の時を記事にして下さってありがとうございます。
ララちゃん、眠るようにとの事でよかった…って思ってたんですが、今回の記事で、それもお家でって事も分かって本当によかったって思いました。
そうだね、ララちゃんはきっとお家で眠るように逝きたかったから、お家に帰れるまで頑張ったんだね、本当にお疲れ様。
もぅ後は、そちらでAYAさんにいーっぱい甘えて、ゆっくり休んでね。
ララちゃん 本当に本当にありがとう。。
お兄様もどうか、どうかお体ご自愛下さいませね。。
Posted by プーちゃん at 2009年10月02日 21:32
こんなに号泣したのは…声をあげて泣いてしまいました……。

ララちゃん…お家で最期を迎えられて、本当に…パパに…ありがと…を言って旅立てたんだね。

お兄さん、本当にあなたは、間違ってなんかない。立派なパパ。

ララちゃん同様に言わせて下さい…。
『本当に、ありがとぅ…』
Posted by ▲縫礇鵑鉢▲錺鵐泪 at 2009年10月02日 21:41
Ayaさんと暮らしていた頃から腎臓が悪かったララちゃん。
ここまで楽しく暮らせたのは、お兄様の気持ちがあっての事とも思います。
猫と暮らしたことが無い私ですが、今日の夕刊で三谷幸喜さんのエッセイを読み、ああ〜ララが痩せちゃったのも仕方無いんだと思ったり・・・
ちゃんとお兄様にありがとうとと言って逝ったララは、やっぱり女王さまですね。
ララまたね。
Posted by 連ママ at 2009年10月02日 21:46
Y様お辛い中の更新ありがとうございます。私も皆さんのように思います、ララちゃんの最後の呼びかけは「ありがとう」と言ったのだと。
経緯を読ませて頂き、涙が溢れてきました、最後に家へ帰れた事、本当に良かったと思います。ララちゃん、家に帰るまで頑張っていたんですね、そして自分のベットで側にY様、サザビーがいて安心して旅立てたのですね。お顔がとても安らかです。そしてY様の為にみんなに知らせて…最後の最後まで親孝行したんですね。Y様の愛情が伝わっていたからこそだと思います。どうかララちゃんと過ごした日々、そんな長女に育てた事を誇りに思って下さい。

ララちゃん、ありがとう、あなたがいたから犬好きな私は猫好きにもなりました。会った事はないけれど、いつの日か虹の橋で会いましょう。
本当に本当にありがとう
Y様、サザビーちゃん、どうかお体こわさないように…
Posted by joie. at 2009年10月02日 21:47
羊様

詳細な情報ありがとうございました。
涙がたくさん出てきました。
ララちゃんは、最後にありがとうと鳴いてくれたんでしょうね。
自宅で亡くなる事ができたのが、せめてもの救いですね。
ララちゃん、今までありがとうね。
天国で会いましょうね・・・。
Posted by なぎなぎ at 2009年10月02日 21:48
ララちゃん、お家に帰れて大好きなYさんとサザビーちゃんに見守られて本当に幸せな最期だったんですね。ララちゃんが、体を起こして「ニャア」って言ったのは、Yさんに「たくさん愛してくれてありがとう」って言ったんだっておもいます。かわいくて、美しいララちゃん、本当にありがとう。
Posted by thiara at 2009年10月02日 21:50
ララちゃんの最後の鳴き声は きっと
「ありがとう」だと私は思いました。

最後を 自宅で 家族と一緒に過ごせて
ララちゃんは 嬉しかったと思いますよ。

ララちゃん、ゆっくり休んでね。
Posted by メグ at 2009年10月02日 21:50
ララちゃん、お家に帰れて良かったね・・
ありがとう。
Posted by ちる吉ママ at 2009年10月02日 21:54
Yさん。辛い中記事をアップして頂いてありがとうございます。

涙が止まりません。でもYさんの愛情は絶対ララちゃんに届いてると確信できました。

ララちゃん最後にYさんへ何を言ったのでしょうね
私は「今までありがとう。サザビーをこれからも宜しく」だと思います。
Posted by nicopapa at 2009年10月02日 21:57
深い悲しみの中の更新、ありがとうございます。
また、私達が知りたいと思っていた全てをきちんと教えてくださってありがとうございます。

ララ嬢は沢山の人に愛され、
愛情に包まれて逝かれたのですね。

お兄様の流した涙は、愛情の量なんだと思います。
どうかご自分を責めたりしないでください。

謹んで、ララ嬢のご冥福をお祈りします。
Posted by のせ at 2009年10月02日 21:58
ララちゃんお家に帰れて、安心して眠りについたのですね。
「こんなにもお花もいっぱいあり、みんなに送られて本当に幸せ。パパありがとう」ってララちゃんの声が聞こえてきそうです。
ご冥福をお祈り致します。



Posted by ぷり at 2009年10月02日 22:09
大変な中、報告ありがとうございます。
詳細を聞いてララちゃん家に帰りたかったんだなって思いました。

他の皆も言ってるようにララちゃんは最後の力を振り絞ってきっと羊さまに「ありがとう」と何回も言ったのだと思います。

それがララちゃんの素直な気持ちなんだな〜って思いました。

Posted by yousuke at 2009年10月02日 22:10

ララちゃん本当にお疲れ様・・・
そしてありがとう!


お兄さん、辛い中でのブログの更新ありがとうございました。
どうか少しでもゆっくりなさってくださいね。
Posted by ひろ at 2009年10月02日 22:13
ララちゃんは、大好きなお家で、大好きなお兄さんとサザビーちゃんに見守られて、眠りについたのですね。
お顔がとても安らかで、幸せそうです。

ララちゃんのご冥福をお祈りします。
お兄様もお体に気をつけて下さいね。
Posted by リーフママ at 2009年10月02日 22:17
お兄さま
本当に素晴らしい長女です、ララちゃんは。
お家に帰ってこれたのも、きっと一人では
逝かせたくないというお兄さまの深い愛情を
小さな身体でしっかり受け止めたからだと思います。
ララちゃん
貴女は最高の親孝行をしました。
ママにたくさん褒めてもらってね。
Posted by marin&hotaruママ at 2009年10月02日 22:22
読んでいて、涙が止まらなかった。スバルも、死ぬ前に、ご飯を残さずに食べて、私の顔見て、「全部食べたよ」って言う顔してたので、安心してたんだけど、翌日に、急に容体が、悪化して、病院に連れて行ったんだけど、ダメだった。私も、もう少し、きちんと、スバルの様子見てあげたら、良かったって、自分を責めたりしてたんだけど、でも、動物は、自分が死ぬのが、わかっていながら、飼い主を安心させるために、最後の力を使うみたいです。だから、ララちゃんが、亡くなったのは、決して、お兄さんのせいなんかじゃないよ!ララちゃんが天国に呼ばれたのは、神様が、ララちゃんと、お話したかったからだっと思います。神様と、お話が終わったら、皆は、お兄さんの元に帰ってくるよ!だから、お兄さん、元気出してねぇ!
Posted by スバルのママ at 2009年10月02日 22:28
ララちゃん、最後は住み慣れたお家で…
大好きな家族に囲まれて旅だったんですね。
早すぎる別れ、確かに悔しかったかもしれない…
でもララちゃんは、お兄さまの愛情をたくさん受けて、
きっと…絶対…幸せだったと思うんです。
最後の鳴き声はきっとお兄さまへのお礼だったはず…。

大切な家族との別れ…辛いですよね。
私も14歳まで生きたハスキーの男の子とお別れしたときは、
辛くて、悲しくて…
もっと一緒にいてあげたかったとか、
私の家族になって幸せだったのかなとか…
後悔ばかりで毎日泣いていました。
どんな別れであれ、後悔って残りますよね…。

今はたくさん泣いていいと思います。
そしてまた、笑顔になれたら…
ララちゃんの分まで、
サザビーちゃんと一緒に幸せに生きていきましょう…!
それをララちゃんも望んでいるんじゃないかな。
時間がたくさんかかると思いますが…
少しずつ、ゆっくりでも。

ララちゃん、実際会うことは出来なかったけれど…
私がそちらに行くその時にまた会いましょう…★
今までありがとう!ゆっくり休んでね。
大好きよ、ララちゃん!
Posted by ゆいあ at 2009年10月02日 22:30
お兄様、本当に辛い中、更新していただきありがとうございます。
こんなに涙を流して泣いたのは久しぶりです。

ララちゃん、本当に素晴らしいです。よく、頑張ったね!
お家に帰るまで病院で一人で頑張って、お家に帰ったら、最後の力を振り絞って、お兄様、サザビーにお礼を言ってからママのところに旅立って…
お兄様も最善の判断だったと思います。
ララちゃんは本当に幸せだったと思いますよ。
写真の安らかな顔が何よりの証拠です。

ララちゃん、ありがとう!天国で会いましょうね!
謹んでご冥福をお祈りします。


サザビーは、落ち込んでいませんか?


Posted by スマイル at 2009年10月02日 22:35
ララちゃんは心穏やかに旅立つ事が出来たのですね。

大好きなパパにきちんとお別れと、お礼を言って。
本当に素敵なお嬢さんですね。
ララちゃんにとって羊サマ以上のパパはいないと思います。ご挨拶が何よりの証拠ですよ。

大好きなパパに撫でて貰って、安心して逝く事ができたのでしょう。


お疲れさまララちゃん。

また会う日まで、ごきげんよう。
Posted by 天花のアネゴ at 2009年10月02日 22:37
家へ戻って、自分のベットで
お兄様とサザビーに見守られながら
眠るように旅立っていった・・・

本当にララにふさわしい安らかな最期でしたね。

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by eme at 2009年10月02日 22:37
辛い胸の中ララ嬢の最期を教えて下さり…
穏やかなお顔で眠る様に横たわっているララ嬢
大好きなお家で大好きなお兄様と大好きなサザビーちゃんの側で最期を迎えたかったんですね。

お兄様とサザビーちゃんに最期の言葉を告げたんですね。

ララちゃん
ゆっくりおやすみなさい。

Posted by チャロ吉 at 2009年10月02日 22:40
ララちゃんはみんなで過ごしたおうちに帰りたかったんですね。お兄様とサザビーちゃんに看取られてAYAさんの待つ虹の橋に旅立ったんですね。皆のところにも挨拶にいったんだね。。。本当にしっかり者のお姉ちゃんだね。また涙がとまらないよ。
実際に会ったことはなかったけど、ララちゃんとサザビーちゃんのかけあい大好きでした。笑わせてもらったり癒してもらったり、本当に感謝しています。
当たり前のことだけど、ララちゃんの事忘れないからね!!
お兄様、更新してくださり本当にありがとうございました。
心配だったので更新されたのを見て少し安心しました。
Posted by ココラム。 at 2009年10月02日 22:41
ララちゃん、大好きなお家でみんなに看取られて旅立ったんだね…。

みなさまの仰る通り、ララちゃんは羊さまに「ありがとう」って伝えたのだと思いますよ。
こんなに安らかなお顔ですもの…。
ララちゃん、本当に幸せだったんだと思います。

ララちゃん、お疲れ様でした。
本当に頑張ったね。
今頃は、体もコロコロに戻って、元気いっぱいかな?
とっても可愛いララちゃん、いつか会いましょう。

羊さま、お辛い中更新をありがとうございました。
どうか少しでも眠って食べて下さいね。
Posted by げんまま at 2009年10月02日 22:51
お兄様お辛い中の更新ありがとうございます。
涙が止まりません…お兄様、サザビーちゃんの見守る中旅だったのですね。ララちゃんは「ありがとう幸せだったよ」って言っていたと思います。ご自分を責めないでくださいね。
ララちゃん、これからはパパとサザビーちゃんをママと一緒に見守っていてね。そして頑張った分ママにいっぱい甘えようね。
いつか逢える日までさようなら、そしてありがとう

Posted by Cママ at 2009年10月02日 23:01
ララちゃんは、お家に帰るまで、頑張ったんですね。そして、サザちゃん、お兄様、ママとの思い出が詰まった場所で、最期の時を、愛する人達に見守られ、虹の橋へと旅立ったんですね。
命は長さではなく、中味が重要だと思います。そういう意味では、とても幸せな猫生だったはずですよ。
お兄様、お疲れ様です。ゆっくり元気を取り戻して下さいね。
Posted by RIN at 2009年10月02日 23:03
ラストの表情 すごく良い顔してます
最後の時をいつものとおり過ごせて
幸せだったのでしょう

いつも優しげな表情でいてくれてありがとうね
Posted by ぽこぺん at 2009年10月02日 23:05
泣けます。お兄様もララちゃんもよく頑張ったと
思います。ララちゃんはお兄様や自分の家が大好きだったんだよね。
いろんな動物がいろんな人に飼われているけれど、ララちゃんやサザちゃんは、お兄様と一緒に居られて本当に幸せだと思う。お兄様のところに来るべくしてやってきたワンコとニャンコだと思います。
お兄様、気を落とさないで・・と言っても無理だろうから、少しゆっくりしてください。ララちゃんとサザちゃんのために。
Posted by みこみこみっこ at 2009年10月02日 23:07
点滴をしている写真がayaさんにみえた。
この子はayaさんにそっくりですね。

ほんと眠っているような、かわいいお顔です。

あったことはないんだけども、たぶん、家にも来たよ。

ほんと最近、いるはずのない白い猫ちゃんがリビングからでていった。
よろしくってことなのかな?
Posted by パス at 2009年10月02日 23:09
この世からあの世へのお引っ越し…昔、そんな表現を聞いたことがあります。


全てがこのタイミングだった・・・そういう気持ちがいたしました。
病院の先生が普通では貸さない器具を貸してくださり、自分のお家へ帰って安心出来た時に…。


少し寒そうに見えるので、柔らかい軽い物をフワッと掛けてあげてくださいね・・・


命の大きさ、大切さ。このブログをもっと多くの方に読んで頂きたい…


サザちゃんも大丈夫ですか?またみんなと一緒に頑張ろうね。
Posted by chiisanasumire at 2009年10月02日 23:17
涙が今も止まりません。
でも、Yさんお元気で安心しました。
元気なくしたら、サザビーちゃんも心配するものね。

ララちゃん、最後にお礼を言いたかったのかな。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by おぐママ at 2009年10月02日 23:18
お兄様、悲しみのなかで更新くださりありがとうございました。
ララちゃんは家族に見守られて、大好きなパパにありがとう
と言って旅立ちたかったんですね。
とっても安らかに眠ったララちゃんのお顔で安心しました。
見送るもの立場は後悔がつきません。
早すぎるお別れでしたがララちゃんは
Ayaさんとお兄様の娘で幸せだったと改めておもいます。
ララちゃんゆっくり休んでね。
Posted by みるくママ at 2009年10月02日 23:20
Y様、ありがとう。
Posted by あんずパパ at 2009年10月02日 23:30
ララちゃん、帰りたかったんだ…☆ そんでいつもの場所で『ありがとね…今までありがとね☆』って言いたかったんだ☆ 家族だもんなー☆
Posted by 慟哭 at 2009年10月02日 23:32
最後の『にゃあ』は『ありがとう』だったんですね。マンションの明かりがちょうど十字架のように光ってて… 泣けました。
Posted by K at 2009年10月02日 23:34
教えてくれて、ありがとうございました。
ララちゃん、お兄様とびっこちゃんにありがとうを伝えたかったんですね。

ササミシリーズ、ララちゃんも向こうで食べてね?犬用だけど許してね?
Posted by れぃ at 2009年10月02日 23:38
読んでいて涙が出てきました。
ララちゃん。お兄様の愛情は届いていますよ。

お兄様は休まれてくださいね。
Posted by らいと at 2009年10月02日 23:39
ララちゃん、1人で逝かなくてよかった・・・

コロンが逝ってしまった時、沢山の後悔があったけど
それだけは避ける事ができてよかったと思ったの・・・

兄さん、色々考えちゃうと思う・・・
コロンが逝って3ヶ月経つけど、やっぱり
いまだに自分を責めたりしてるし・・・

だから自分を責めないで、とは言えないけど
ララちゃんは自分の家に帰ってこれて
パパに・・・サザビーに・・・
ありがとうってお別れできてよかったと思う・・・

兄さん・・・沢山、沢山泣いてね・・・
Posted by ビッケ at 2009年10月02日 23:39
最後はおうちってララ嬢はキメテたんですね。そんでもってお兄様とサザビーにきちんとお別れできたんですね。犬は飼い主に付くけど猫は家に付くって言いますもんね。だから我が家がよかったんですよ。でもすごい安らかな天使のような顔ですね。ララ嬢いい家族に看取られてというか見守られて幸せですよ。ねっエルメスちゃん。きっとサザビーとお兄様の中でいつまでも一緒にいますよ。サザビーの仕草に現れるような気がします。だって愛してる家族ですもん。
Posted by bety at 2009年10月02日 23:41
お兄様お疲れさまでした。
ララちゃんをはじめて見たときにあまりに綺麗で
かわいいので見とれちゃいました。
最期は一人じゃなくてよかったです。
ララちゃんはみんなの心のなかにいます。
そして、みんなララちゃんを忘れません。
Posted by マロンシュー at 2009年10月02日 23:53
ララちゃん、ありがとう・・・
ララちゃんのこと忘れないよ。
Posted by パール at 2009年10月03日 00:06
辛いのに話してくれてありがとうございます。
ララちゃんの写真を見て、涙が再び溢れてしまいました。
本当にやさしい娘さんでしたね。
きっと天国で、みんなと再会している事でしょう。
Yさんあまり自分を責めないで下さい。
ララちゃんは、きっとYさんにありがとうって感謝してるはずです。

Posted by mayu at 2009年10月03日 00:08
お兄さま。
辛い状況の中、ララちゃんの最期の様子を教えていただいてありがとうございます。
ホントに大切な家族に見守られながら…安心する場所で眠りにつけてよかったです。
あたしも先代のワンコが亡くなった時は、ペットロス症候群になってしまい、2ヶ月間ゴハンも食べれない状態でしたが、新しく迎え入れたワンコがその傷を癒やしてくれました。
今はとても心に穴が開いたように苦しいですが、どうかサザビーちゃんと共に乗り越えてください。
ララちゃんはもぅ向こうでみんなと一緒だから、寂しくも苦しくもないですよ。
Posted by はるはち at 2009年10月03日 00:11
ララちゃんは自分の家に帰って安らかな気持ちで旅立てたのですね
Y様とサザビーに見守られて・・☆

ペットショップの出戻り娘としてAYAさんの元にやってきてから
Y様に引き継がれてたくさんの愛を受け取ったんだと思います
だからこその最後のY様への「にゃー」だったんだと思いますよ!
盛大に送り出してあげてください

サザビーは大丈夫ですか?
Posted by ototoro at 2009年10月03日 00:16
大好きな家で、大好きな家族と一緒に、最期を迎えられて、ララ嬢はきっと幸せだったんだと思いますよ。だからこその、やさしい顔と「にゃぁ」の一声だと思います。
Yさま、お辛いとは思いますが、どうぞ盛大にララ嬢を送り出してあげてください。
遠くからですがララ嬢のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Posted by ちーたん at 2009年10月03日 00:17
ララ、本当にありがとう!

合掌
Posted by joy-stone at 2009年10月03日 00:20
ララちゃん。
ほんと頑張ったね。
最後まで愛情一杯、優しさ一杯のララちゃんだったね。
大好きなおうちで、大好きな家族に見守られて、
きっと安心してママのもとに旅立てたんだろうね。

これからはたくさんママに甘えて、
ゆっくり、のんびり過ごしてね。
そして、、お兄様やサザビーのこと、、
見守っていてあげてくださいね。。




お兄様。。
深い悲しみの中、こうやってアップしてくださって、
ありがとうございました。
でも、今はほんとご無理はなさらないでくださいね。

ララちゃんは、お兄様の愛情をよ〜く知ってます。
だからちゃんと最後に「ありがとう」って、
言ってくれたんですから。。
Posted by みさき at 2009年10月03日 00:22
ララちゃん、もうすっかり病気の辛さから解放されて、Ayaさんに思い切り甘えている頃かな?
自分のお家で大好きな羊さんとサザビーに見守られながら旅立てたこと、何よりでした。本当に良かったと思います。

ちゃんと最後に挨拶をしていってくれて・・・今は後悔と悲しみで心が一杯かもしれませんが、気持が落ち着かれたらララちゃんからの感謝を受けとってあげてください。

羊さんもお体をくれぐれもご自愛くださいね。
Posted by こばぴー at 2009年10月03日 00:26
ララちゃん。あなたの事はずっと忘れません。またいつか虹の橋のたもとであいたいな。
Posted by ルイ at 2009年10月03日 00:35
ララちゃん・・・
ありがとうね。
ママには会えたよね。
思いっきり甘えてね。
これからはパパとサザビーちゃんの事を
ママと一緒にお空から見守ってね。
Posted by kyon2-robin at 2009年10月03日 00:39
ララちゃん 貴女はしあわせでしたよね


Ayaさんはもちろんのこと
お兄様やサザビーちゃん
そして ここの皆様に こんなに思われて…

写真の中のララちゃんが
そう語っています。。


今は お兄様やサザビーちゃんの悲しみや苦しみが
少しでも 癒されますように…
Posted by りくのママ at 2009年10月03日 01:02
ララちゃんお家に帰りたくて頑張っていたんだねえらいよ!
最後のにゃーはありがとうと感謝を述べていたんだと思います。
Posted by ななこは〜ん at 2009年10月03日 01:13
ララちゃん、虹の橋の向こうでAyaさんに会っているのでしょうね。
穏やか最期の写真ですね。涙と共に拝見しました。

おうちで、お兄様とサザビーちゃんに見守られて最期を迎えられたのは、本当に良かったです。
「ニャア」は愛する家族へのお礼とお別れだったのでしょうね。

私もこの3年間、毎年1匹ずつ愛猫を看取っています。
皆老齢になってきて、病気であちらに逝きました。
でも、最期を看取れたということは自分にとって大きな支えとなっています。

お兄様も今はおつらいでしょうが、ご自分を責めないで下さいね。
そして、サザビーちゃんのためにもご自愛下さいね。

ララちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Posted by kotetsu at 2009年10月03日 01:28
ララちゃんよく頑張ったよ。
どうしてもお家に帰ってありがとうって言いたかったんだね。
今度は空から羊さんやサザビーを見守ってね。
Posted by かれん&しおんパパ at 2009年10月03日 01:35
辛いご報告、ありがとうございます。

ララ嬢、イイ顔して眠ってますね。
この世界で幸せなニャン生を生きた証拠です。
小さくなった体は痛々しく哀しいけれど、
虹の橋の向こうでは美しい光となって
次のニャン生を幸せに過ごすんですよね。
大好きなママや沢山のお友達と一緒に。

ララ、本当にありがとう!お疲れ様でした。

お兄様、ララ嬢、大好きで一番安心できる部屋で
お別れを言いたかったんですね。
頑張ったし、神様も手助けしてくれたのですね。
一人ぼっちで逝かなかったのは
大好きなパパに感謝のお礼だったのだと思います。
Posted by フッフールママ at 2009年10月03日 01:45
ララちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by ありすママ at 2009年10月03日 01:47
ララ・・・
ゆっくり休んでね。
ありがとう。

ご冥福をお祈りいたします。


お兄様。
ご自分をそんなに責めないで下さいね。
ララちゃんは、お兄様に感謝してますよ。
だから、最後にありがとうって言ってくれたじゃないですか。

お兄様もゆっくり休まれて下さい。
Posted by мауu☆ at 2009年10月03日 01:58
ララの最後を教えてくださってありがとうございます。
ララは「長女」で絶対幸せでしたよ。
Posted by 雅 at 2009年10月03日 02:00
Ayaさんが…




ララちゃんをお家に連れて来てくれたんじゃないかな?




Ayaさんが ララちゃんの最後をプロデュースしてくれたんだと思う


自分がいちばんしたかった事を

ララちゃんには
やってあげたかったんだと思います…




ララちゃんのか細い姿は痛々しいけれど


穏やかな良い表情をしていますね



お疲れさま ララちゃん


ありがとう 羊さま…


あなたは 2人の立派なパパですよ
Posted by やくちゃん at 2009年10月03日 03:16
ララ最後までよく頑張ったね。ララが鳴いたのはパパやサザビーに ありがとう。って伝えたんだよね。偉いね。今はママに抱っこしてもらってるのかなぁ・・・いっぱい甘えてね。
Posted by ミッチー at 2009年10月03日 03:39
ララちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ララちゃんはきっと、Ayaさんとお兄様の長女であったことを幸せに思っていてくれていると思います。
大切な子達に対し、どれだけの治療と看病をしてもきっと彼らの旅立ちの時には後悔してしまうのだと思います。
お兄様もどうか、ご自愛ください。
Posted by 綾 at 2009年10月03日 03:47
お兄さん。ララちゃんはきっとみんなのいる自分のべットで安らかに眠れて良かった。サザビーお兄さんに看取られ幸せな顔でこの世でみんなに愛されたララあちゃん。大好きですお兄さんも自分を責める事なくお体に気をつけて頑張って下さいねAyaさんも感謝してると思います。だから自分を責めないでこれからはサザビーのお兄さんとして行きて下さい。応援してますあなたは最高なはなパパです。私は今日なのでサザビーにもララにも会えなかったけど私はララもサザビーもずっと愛してますお兄さんが元気で良かったです。ララちゃんはいっぱいの人の愛され今頃はマルガリータではなく気品があって気高いちょっぴり甘えん坊のララになりママに甘え痛みのない体で優雅にお姫様ぶりを発揮してますよ。お兄さんくれぐれも自分を責める事なくサザビーと過ごして下さいね。 お辛いときにララの最後な映画をありがとうございます。 これからもララは不滅だしずっとお兄さんとサザビーを見守って行きます。ありがとう。愛しのララ最後までよく頑張ったね。さしてありがとう。エルメスことララへ
Posted by NK at 2009年10月03日 04:08
悲しみが止まらないのなら、
悔しさが抑えられないのなら、
元気だなんて気張らずに、まだまだ泣いてください。
空だって、今日も、一緒に泣いてくれますから。

ご冥福をお祈りします。
Posted by シェヴァパパ at 2009年10月03日 04:26
そう言う時は泣いて良いんですよ。
ララさんの死から学ぶ物、今後に活かせる物があるはず。
後悔する事を望む人はいないから、羊さんには時間が掛かっても前向きになって戴きたいです。

改めて、ご冥福をお祈りします。
Posted by ゆいころ at 2009年10月03日 05:35
ララちゃんありがとう。とってもかわいくってでもクールなララちゃんが大好きです。

ママと一緒に羊さまとサザビーちゃんを上から見守っていてね。
Posted by Tikva at 2009年10月03日 05:39
なんだか眠れなくて、もの凄い眠れなくて、久しぶりに開いたら。。。
少し遠いから遅れて挨拶に来てくれたのかな?
今、頬を伝って流れる涙は悲しいけど温かいです。
沢山のありがとう!をららちゃんへ!
安らかに眠ってね。
おやすみなさい。
Posted by 黒ちゃん at 2009年10月03日 05:43
ララちゃんが自分のベッドで二人に看取られて逝けて本当に良かったです。やっぱり自分の家が一番なんですから・・・
毛でおおわれていた時はわからなかったけど、こんなに痩せてしまっていたんですね。
でも、お顔は安心しきってる感じがします。
「幸せだったよ」って言ってます。
思いっきり泣いて見送ってあげて、そしてサザビーちゃんの為にもいつものお兄様にもどってください。たまにはブログにララちゃんの事も載せてくださいね。
これからも応援しています。
Posted by ike at 2009年10月03日 07:04
羊様 お辛い中有難うございます。
眠っているようなララちゃん…
安心しきった幸せそうなお顔にみえます。
大好きなララちゃん
ゆっくり休んでね。
Posted by 幸 at 2009年10月03日 07:50
自分を責めてしまう…大切な存在がいなくなってしまった時 後悔するなと言う方が無理ですよね。
でも どんなに手を尽くしても《もっと何かできたんじゃ?》《まだ方法があったんじゃ?》って思うんです…だってそれだけ愛情が深いんですもの…一緒にいたい気持ちが強いんですもの… でもね お兄様。ララちゃんはこっちからあっち…ママのそばに移っただけ。あちらでは痛みも苦しみもないそうだし。今頃ママに抱っこされてたくさん撫でてもらってますよ〜  普段は貸すことの無い機械を貸してくれた先生、いろんなお友達、ブログのたくさんの読者、お兄様のそばには素敵な方がいっぱいですねサザ夫さんと二人 ゆっくり睡眠とれる日がはやくきますように
Posted by ユウ at 2009年10月03日 08:37
ララちゃん、
お兄さんとサザビーちゃんと最後の時を
一緒に過ごせて良かったね。

安らかな、いい寝顔です。
あなたのことは忘れません。
ゆっくりお休み。いつかあちらで逢いましょう。
Posted by 花子ママ at 2009年10月03日 08:58
お優しい方々に囲まれた美しいララちゃん。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by たろ姉 at 2009年10月03日 09:00

Ayaさんがきっと

「ララ、あなたはお家に帰って、大好きな
パパとサザビーに
見送ってもらうのよ…」

そう言って、ララの最後に奇跡を起こしてくれたのかもしれません。

そしてララも、お兄さんに「今まで本当にありがとう…」とお礼を言いたかったんだと思います。

ララの穏やかなお顔を見れば、分かります。



本当は昨日、この記事を見ました。

毎日気になって、何度も何度も見にきてました。

でも、すぐにコメントを書く事が出来ませんでした。

今朝、記事を読み返して、少しずつですが、心が安らかな気持ちになりました。
ララは、お兄さんとサザビーと一緒にいられて幸せだったと思います。



ララ、いつか虹の橋で逢いましょうね…
Posted by そら at 2009年10月03日 09:14
肉体は亡くなっても、魂は生き続けると、私は信じています。
ララさんは、目に見えなくなってしまったけれど、ずっと羊さんやサザビーのそばに居て離れないと思います。
私も、ペットを亡くしたとき、あの時もっとこうしておけば等と激しく後悔しました。羊さんも、ご自分を責めたりしないで、と言っても、それは無理なことと思います。
でも、ララさんを感謝の気持ちで送り出してあげられると良いですね。
私もララさんにありがとうを言わせてください。 
Posted by もりぞん at 2009年10月03日 09:28
こんなに皆に愛され惜しまれて旅立ったララちゃん。
自分のベッドで、お兄様とサザビーちゃんに看取られて、絶対に幸せだったと思いますよ。

心からご冥福をお祈りいたします。
Posted by hiro at 2009年10月03日 09:33
やっぱ、家が良いし兄さまやサザビー嬢がそばにいる!
そして、たくさんの思い出の中に居たかった。
ただそれだけが望みだったんだろうね。

ララちゃん、幸せいっぱい感じ
お礼を言い、旅へ出掛けたんだ。

兄さま、素敵な長女の父で羨ましいな。
ララちゃん、ありがとう。
Posted by 卯太郎 at 2009年10月03日 09:38
ララちゃんは大好きなお家で大好きな家族に『ありがとう』
って言いたかったのですね。
そして本当に安らかなお顔で眠りについたのですね。

私からもお礼を言わせてください。
ララちゃん、どうもありがとう。ゆっくりとお休み下さい。
Yさまもお辛い中、ありがとうございました。
Posted by わたし at 2009年10月03日 09:47
みんなと一緒にいたい、という願い。
ちっちゃな体でよく頑張りましたね。
ララちゃんはいい子ですね。
本当に良い娘です。
Yさんの自慢の娘だもね。
サザビーちゃんの、頼りになるお姉ちゃんだもんね。
ララちゃんのお顔が見れて良かったです。Yさん、ありがとうございます。
Posted by 竹吉 at 2009年10月03日 10:12
ララちゃん、よく頑張ったね。
ありがとう。
ゆっくり休んでね。

いつかまた会いましょうね。
Posted by 千恵 at 2009年10月03日 10:25
ララ姉さん、ほんまによう頑張らはりましたなあ。
姉さんの思い、兄やんにもサザビー姉さんにもほんでAya姉さんにも届いてまっせ!
そうや、いっつもみんな一緒におるんやで。
ララ姉さんは一人やないんやで!
虹の橋渡った向こうで笑顔のAya姉さんが待ってるやろ?
これからはず〜〜っと一緒なんや、淋しいことあらへんで!

辛い思いしてる時に近況をお知らせしてくれはった兄やん、おおきにどした。
自分を責める事はないんやで。
最後の最後まであきらめんと看病しはったんやから。
ララ姉さんもようわかってると思います。
ほんま、お疲れさんでした。

ララ姉さんのご冥福を心よりお祈りいたします。


Posted by 元太 at 2009年10月03日 10:40
自分を責めて責めて責めて
私も同じです。
どう気持ちを切り替えても
また せめて 責めて・・
でも 信じるしかないんです
幸せだったと
 安らかに逝ってくれたと

でも 私はまだ無理かも・・
すみません。

ララちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
Posted by P at 2009年10月03日 10:46
ホントにララちゃんは家に帰りたかったんだと思います。
だから、家に帰るまで燃え尽きそうな命を
必死に消えないように頑張ったんじゃないでしょうか?

猫はプライドが高いから自分の寿命を察知すると
人間の前から姿を消す、と良くいわれますが
果たしてそうとも限らない気がします。
オイラが実家で19年間愛した三毛猫は
オイラが結婚して実家を出た後、母の腕の中で
安らかに旅立ちました。
猫はワンコより自由な分最後も自由に好きな
所で最後を迎えるんだと思います。

それが、ララちゃんにとってはYさんとサザビーちゃんの
傍だったのだから、Yさんの愛情はしっかり
ララちゃんに伝わっていますよ。
Posted by なお at 2009年10月03日 10:55
ララちゃん家に帰って逝かれたのですね。最後にお兄さんに撫でられてサザビーちゃんに見守られて本当に良かったです。安らかな顔をしてますね。私のワンコは最後に病院で先生が散髪行ってる誰もいない間に旅立ちました。今でも後悔しています。ララちゃんは大好きな家に帰れて最後にお別れ言えてお兄さんサザビーちゃんに見守られて逝かれたので幸せだったと思います。
Posted by りんご at 2009年10月03日 11:10
改めて文章で読むと、切ないね。

ほんとにもう、いなくなっちゃったんだね。

思い出や写真は鮮やかなまま残ってるのにな。

ケーキやケンタが好きだったララ。
もっとあげれば良かったよ。

まだまだ長生きしてくれるって、勝手に思い込んでたんだもん。

あなたの死は早過ぎたし、突然過ぎた。


どうか、安らかにね。
Posted by まいまい at 2009年10月03日 11:14
胸が詰まります。

ララちゃん寒そうですので
お布団着せてあげてくださいね。

それしか言えません。

Posted by NY at 2009年10月03日 11:25
お兄様ララちゃんの写真ありがとうございます。

やっぱりお兄さんやサザビーちゃんと一緒に楽しく過ごしたお家がよかったんですね。
ただ寝ているだけのように見えるきれいなお顔をしている。

お兄さんとサザビーちゃんにきちんとお別れを言って旅立ったんですね。

ララちゃんありがとう。ご冥福をお祈りいたします・・・。

Posted by とも at 2009年10月03日 11:39
ララちゃんの細くて、小さな体を見たら、
また泣いてしまいました…。
大好きな家に戻れて、良かったね。

「今までありがとう。幸せだったよ。」って、
ララちゃんはきっと最後にそう言ったんだと思います。

これからも、ずっとララちゃんは、
胸の中で生き続けます。
お兄様、今は本当に辛いだろうけど、
これを乗り越えて、元気になってくださいね。

Posted by レオまま at 2009年10月03日 12:17
やっぱりおうちが一番だよね、ララちゃん。

最期にお兄さんやサザビーちゃんと一緒に過ごせて
眠るように逝ったララちゃんが幸せじゃなかったなんて
絶対に考えられない。
とてもとても幸せだったと思います。

会ったこともなく、画像や動画を見て想像するしかなかった
ララちゃんのことを思うだけで
どうしてこんなに涙が出るのかわかりません。

悔やんでも悔やみきれないことってあると思います。
とても大事なことだったのに、できなかったこと、
「どうして?どうしてあの時…」って私も思うことがあります。

でも、だからこそお兄さんの気持ちもわかるし
ララちゃんがどんなに幸せだったかもわかります。
お兄さん、娘さんたちのことで心がいっぱいなのでしょうが
やはりお兄さんあっての娘さんですよ。
お兄さんが元気で幸せでいることが
娘さんの幸せでもあると思います。

Posted by まみすけ at 2009年10月03日 12:23
お兄様、更新してくださって有難うございます。
ララちゃん、今まで過ごした我が家がよかったんですね。
そして、、びっこちゃんとお兄様に看取ってもらって、だから、お兄様、自分を責めないでね。
ララちゃんの訃報を知ったとき、不思議なことがありました。
愛犬と散歩をしてたとき虹の橋が現れた気がしたのですよ。
きっとララちゃんがママに会えたって気がした。
そして、「にゃあ」って言ったのもきっと「ありがとう」だったんだって思いますよ。

私は画面の中で会うだけだったけどララちゃん、ありがとう。
Posted by まああこ at 2009年10月03日 12:27
病院で一人ぼっちではなく、二人に見送られて安らかな最期でしたね。
大きな苦しみもなく穏やかな最期を迎えられるという事は、その生涯が愛され幸せな時間を過ごせた証だと聞きます。
それでも後悔の念は後から後から出てきます。
その度に泣いて反省して謝って・・・
兄さまの優しさや愛情を彼女は分かっていたと思うし、これからもその想いは伝わっていくのだと思います。
ララ・・自分のベッドに戻って旅立てて良かったね。
サザビーは大丈夫かなぁ。

Posted by maumam at 2009年10月03日 12:34
ララちゃんの姿を最初に見た時は、涙…涙…で、
胸がつまる思いでしたが、
お兄様のコメント&映像を見ているうちに
ララちゃんが、心穏やかに最後を迎えた事が感じられ
「ララちゃん。Ayaママの所に行ってらっしゃい。」と
ララちゃんを見送る事が出来ました。
お兄様、ありがとうございました。
Posted by calico at 2009年10月03日 12:47
ララちゃん 安らかにお休みなさいね。
お兄様 サザビーちゃんもお疲れがでませんように。ララちゃん いつかお会いしましょうね。 ママと一緒にサザビーちゃんとお兄様を、見守っていてくださいね。
Posted by ドルチェまま at 2009年10月03日 13:52
辛いなか 更新してくださりありがとうございます。
ララちゃんよくがんばったね!
Yさんも サザビーも頑張りました
ララちゃんは これからもずーと そばにいてくれると思います
だから 泣くだけないたら 笑ってください!Yさんが笑ったら サザビー「エヘヘ!」って!
そして ララちゃんも笑ってくれますよ!

可愛らしいララちゃん 忘れないからね♪
Posted by ぽぽママ at 2009年10月03日 13:57
お家のベットですくっと頭を上げたララちゃんの力強く、凛々しい姿・・・
本当に最期まで、カッコイイお姉さんでしたね。
私が虹の橋に行った時、私の子供たちに『最高にかっこいいララちゃんだよ』って紹介させてね。
そして皆で遊ぼうね。

羊お兄様。。。
お家に帰るまで頑張ったララちゃんの生命力。
お兄様の撫で撫でに答えての、最後のお返事。
お兄様と同じように、ララちゃんも家族が愛しくて愛しくてしょうがなかったんでしょうね。
だから、頑張ってこれたんでしょうね。

その想いを1番近くでしっかりキャッチされたお兄様。
涙は簡単にはかわきませんが、少し落ち着いた時、悲しみ以外の温かい何かで心は満たされていると思います。

ララちゃん、羊お兄様、ありがとう。



Posted by じゅんちぃ at 2009年10月03日 14:07
自分のお家に帰って
大好きな羊さんに看取ってもらえて・・

ララちゃんは幸せなことだっだでしょう。
最期の時間を家族と過ごせて本当によかった。

ララちゃん、よく頑張ったね。
AYAさんによろしくね。
Posted by ゆり at 2009年10月03日 14:13
ララちゃん、とても安心をした顔をしていますね。お家で皆と一緒に最期を過ごせて幸せだったのだと思います。心よりご冥福をお祈り致します。
Posted by pome at 2009年10月03日 18:32
ララちゃん、お家に帰れて嬉しかったでしょう。
お兄さんとお話できて良かったね。
本当に頑張ったね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by j* at 2009年10月03日 21:14
ララも虹の橋を渡ったんだ〜。猫大好きなフーチが待ってるよ〜。サザビーのオヤジ思い切り泣きなさい!
Posted by フーチのオヤジ at 2009年10月03日 21:37
羊さま 
お辛いさなか記事を書いて下さり感謝致します。
私も13年前に腎臓病で最愛の子(名前は
にゃぁーにゃぁ)を亡くしました。
うちの子も点滴を受けながら3ケ月頑張ってくれましたが
最後はララちゃんと同じ状態でした。
今でも、もっと早く気付いてあげてたら、、、と自分を責めます。にゃぁーにゃぁは7歳の若さで逝ってしまいました。。。

お辛いでしょうが、ララちゃんとサザビーちゃんの為に気をしっかりお持ちください。
ララちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。
ララちゃん、あなたのことはずっと忘れません。ありがとう
ございました。
Posted by みんとk at 2009年10月03日 21:55
ララちゃん、小さな体で本当によくがんばったね。

とても穏やかなお顔です。
ララちゃんは、う〜んと幸せな時間を過ごしたんだと思います。
お家に帰って、家族に守られてきちんとあいさつをして…
最後まで気高いエルメス嬢です。
おつかれさま そしてありがとう。

お兄様、ララちゃんはパパと一緒で安心だったんだよ。
ご自分を責めないでくださいね。

おつらい中 更新ありがとうございました。
Posted by 華と鈴のママ at 2009年10月03日 22:03
本当はAyaさんがやるはずだったであろう辛いお役目お疲れ様でした。
逝く方も残される方も本当に別れは辛いですね。
お互いかけがえのない存在だったからですね。
こちらのブログに出会ってから、愛するものと一緒に暮らせる日常は実は奇跡に近いこと・・・ということを本当に感じます。
人間も動物も同じ重さの命。
とても大切なことを教えられました。
ララちゃんの家族は素敵だね。
Posted by ミルル at 2009年10月03日 22:42
私は先日、生後一週間の子供を看取りました…

その子に何もしてやれなかった…

だから羊さんと同じよう、『そっちの世界で可愛がって下さい』と願っています。

うちの子とララちゃんとアヤさんが出会ってくれていると良いな…
Posted by えり at 2009年10月03日 23:56
ららちゃん、お家に帰りたかったんですね。
お家が大好きだから、羊samaが大好きだから、サザビーちゃんが大好きだから。
安心したララちゃんの表情をみると、病院じゃなくてよかった、
お家で大好きな人たちに見守られてでよかったって、
本当にそう思います。
羊sama、お辛い中ありがとうございました。
ララちゃんも本当にがんばったね。ありがとうね。
Posted by るびぱる at 2009年10月04日 00:28
ララ嬢はお家に帰りたくて、帰ってこれて嬉しかったのでしょうね、そしてお兄様にも感謝の挨拶をして…本当によく頑張ったね…
Posted by まぃ at 2009年10月04日 00:40
ララちゃん、おうちに帰りたかったんだよね。
読んでいて涙が止まりませんでした。

お兄様、ララちゃんの最後を教えてくださりありがとうございます。

Posted by nanako at 2009年10月04日 01:14
ララちゃん、お家に帰りたかったんですね。

我が家にも猫がいます。
羊さまを責めるつもりはありません。
ご存じのように腎臓は一度悪くなると再生出来る臓器ではありませんし、年齢と重ねると腎臓を患う猫が多くなります。
でも、ここまで痩せてくるまで通院しなかったのはどうかと思います。
ララちゃんのやせ細った写真は見るのが辛いです。
Posted by けいこ at 2009年10月04日 11:57
ララちゃん お家に帰れて良かったね。
羊さんに最後に挨拶したんですね。
よく頑張った。
きっと天国で愛する人たちと再会してます。
ご冥福をお祈りいたします。


Posted by ぱぴお at 2009年10月05日 13:33
 
ありがとう、ララさよなら、そしてよろしく