2008年11月30日

愛しのサザビー

愛しのサザビー

「愛しのサザビー」の過去のデータで、ずっと気になっていた1つの記事。
それは未公開のまま眠っている2005年12月9日の記事やった。


愛しのサザビー

タイトルは「理想の地」。
記事を開くとそこには2年前、たったひとりやったAyaの心境が書かれとった。
当時ブログで公開しなかった気持もちょびっと伝わった。

今日(30日)だけ公開します。
(画像はわいとサザビーの後付けです(・∀・)ノ)


本日、ここに訪れてくれた全ての皆様に感謝★


クリックしてください↓
ブログランキング★2008.11.30



この記事へのコメント
Ayaさんの公開にしなかった気持ちが何となくわかりました…読んでいて胸が苦しくなりました…羊様…今、AyaさんはAyaさんの願っていたこの理想の地にいらっしゃるのでしょうか?どうかそうである事を心から願うばかりです…
Posted by 雪花 at 2008年11月30日 09:34
あれから2年の月日が流れたのですね。
良い言葉が見つからない・・
どんな気持ちでこの記事を書いたのでしょうね。。
Posted by 蓮美 at 2008年11月30日 09:44
切ないです・・・

羊さん、公開してくれてありがとう。
Posted by ビッケ at 2008年11月30日 09:59
Aさんのご冥福をお祈り致します。

明日は今日の続きであると信じて疑わないでいることは、当たり前の心境だと思いますが…
誰にも平等に訪れるのが終焉の時です。
それがいつ頃になるかわからないから明日は今日の続きだと思っているだけで。

Aさんは自分の死をじっくり考える時間を持つことができたのですよね。
それはとても辛かったと思うけど、Aさんらしい最期だったのかなと思います。
ありがとうございました。
Posted by ゆか at 2008年11月30日 10:09
自分の永住の地を自分でさがす…どんなお気持ちであったのか…胸がつまります。

Aさん!愛しのサザビーちゃんを、いつまでも、いつまでも見守っていてあげて下さい
Posted by すもまりパパ at 2008年11月30日 10:17
アヤさωガ亡くなって年
書籍が出てカラ’、ぃろぃろぁっ†ニネ。
でもサザビーは今日もニぅUて元気lニぃきてぃる。
ニレは“アヤさωガ望ωでぃ†ニニとなω†ニ゙ょネ!
<合掌>
Posted by mika at 2008年11月30日 10:22
お兄様、ありがとうございます。
Posted by もみ at 2008年11月30日 10:25
AYAさんがいらっしゃった時に出会いたかったです。
Posted by ちゅーちゃん at 2008年11月30日 10:47
Ayaさんが亡くなって、2年経つのですね。
その間、いろいろなご苦労があったと思います。
よく頑張ってこられましたね。
きっとAyaさんも羊さまの頑張りに感謝していると思います。
羊さまに委ねたからこそ、サザビーちゃんの素敵な笑顔が
続いているのだと思います。
羊さま、本当にありがとうございます。


Posted by yun at 2008年11月30日 10:54
AYAさんは(;_;)自分の最期を分かってたの?
誰にも話さず、ブログも公開せず…
本当にひとりで苦しんで悲しんでたんだ…って事が伝わってきて(;_;)…言葉になりません…。


サザビ〜お願い(/_;),
今日はお空に向かってエヘヘ(^O^)ってたくさん笑っててね
きっとママが見てるょ(*^_^*)

Posted by 2ニャンと2ワンママ at 2008年11月30日 10:56
「理想の地」をたった一人で見に行ったAyaさん。
どんなに切なく心細かったことでしょう・・・

今朝はまるでAyaさんの心を映したような清清しい青空でしたね。
Ayaさんはこんなにも美しい空からサザビーちゃん達を
見守ってくれているのでしょうね。

もう少し早くAyaさんにお会いしたかったです。
Yさま、公開していただき有難うございました。

Posted by わたし at 2008年11月30日 11:37
AYAさんがお亡くなりになって2年になるんですね。
Posted by 磔刑 at 2008年11月30日 11:39
あっという間に時間は過ぎていきますね。
あれから二年。
Ayaさんの言葉をきけて嬉しかったです。
お兄さまありがとうございます。

私も愛しい子と今日はゆっくりAyaさんの本を読みたいと思います
Posted by ありす at 2008年11月30日 11:39
複雑な葛藤が伝ゎってきます…
それでも理想の永住の地を探すのも、気持ちを切り替ぇて帰宅することができるのも、全てびっこちゃんがぃてくれるからこそ!
びっこちゃんを愛し愛されてぃるから…
そんな娘を残してぃく気持ちもどれだけ辛かったかはかりきれません…
Posted by まぃ at 2008年11月30日 11:40
今でもAyaさんのブログを見る事があります。
特に『時間よ、とまれっっ!』
は何度も見て、その度に元気付けられます。
もっと自分もちゃんと生きなきゃと思ってますが出来てませんね…
Ayaさん、ありがとう。
サザビーも、ララも、Yさんも元気ですよ。
Posted by 白黒 at 2008年11月30日 11:53
Ayaさん…………

亡くなる約1年も前からそんなことを考えていたんですね…
今日1日はAyaさんのためだけの1日です。
生きている間になにもできなかったぶん私の1日をAyaさんにプレゼントしたいです。
今日はいつも以上にAyaさんを想って、幸せであることを祈って、、、、
そんな風に過ごそうと思います。
Posted by みさと☆ at 2008年11月30日 12:13
複雑な気持ちだけどAyaさんに会えた気がします
そして時間が経つのは早いですね。びっこちゃんはエヘヘってお空に向かって笑っていてね。
Posted by れぃ at 2008年11月30日 12:13
今、AYAさんがふっとやさしく通り過ぎていったような気になりました。
お兄さんが、日々サザビーちゃんと、ララちゃんを大切に大切にしている事、
AYAさんには絶対に伝わっているかと存じます。

容易に感情移入しちゃいけない!と思いつつも
自分も、根治不能な病気と闘い中なので
止めても、止めても、そこに姿を重ねずにはいられません。

私も、精一杯生きて、コパンよりも先に行かないように
一緒にいる幸せを噛み締めて過ごしたいと思います。
Posted by caerupan(コパン家♪) at 2008年11月30日 12:16
Ayaさんの当時の気持ちを知ったときのお兄様の気持ちを
お察しします。
お兄様2年間、Ayaさんの思いを伝え続けていただいて
感謝の気持ちでいっぱいです。
Ayaさんともっと早く、お知り合いになりたかったです。
Posted by みるくママ at 2008年11月30日 12:19
Yさん、サザビーありがとぅ。
Ayaさん…

ありかとう。。
Posted by さと at 2008年11月30日 12:38
そっか。
こんな思いで、あの海が見える地をAyaさんは選んだんだね。
そして望みどおりの場所で、今は眠ってる…いや、サザビー見守るのに忙しくて眠ってるヒマないか(-^〇^-)

こんなにもママから愛されてたサザビーだからこそ、あんなに素敵な笑顔になれるのかな。

最近生で見てないから寂しいなぁ(;_;)
Posted by まいまい at 2008年11月30日 12:38
切ないような、寂しいような気持ちになりました。いつまでも、いつまでも想っていようと思いました
Posted by ЯΙΕ@無添加 at 2008年11月30日 13:19
サザビーちゃんと一緒に住む家を探しに行って・・・

数日後に一人で眠る場所を探しに行って・・・

Ayaさんはどんな気持ちだったんだろう。。。

切ないです。      合掌
Posted by believe at 2008年11月30日 13:38
せつないなぁ〜
当時のAYAさんの心情を思うと自然にPCの画面が滲んでくる;;

でもAYAさんの思いをつないでいきたい!
Y兄さん!つらいでしょうが、これからも宜しくお願いします。m(__)m
もちろんY兄さんとサザビーちゃんの負担にならない範囲で!
Posted by nicopapa at 2008年11月30日 13:39
あらためて、どうかお空のAyaさんサザビーは沢山の方に愛されてますので、安心してみてて下さい。
「愛しのサザビー」に出会った時、すでにAyaさんが亡くなって半年以上過ぎてました。
愛猫プラムの闘病に精神的に余裕がなかった私は「残して逝く辛さ」がどれだけ身を切られる想いか。。。を感じ、看病できる強さを取り戻せました。
今日また心から言わせて下さい!
ありがとう!Ayaさん
Posted by 黒ちゃん at 2008年11月30日 14:07
いつも言葉が出てこなくてしなかったのですが、今日もまた涙が止まりませんでした。書いてる今も
パピとサザビーちゃんがたぶってしまって思わずパピをギュッとしたくなりました。私が言うのはおかしいけど、お兄さん、ブログを続けてきてくれてありがとうございました。そしてこれからも続けていただけたらうれしいです。無理しない程度に
Posted by ココラム at 2008年11月30日 14:26
早いものでもう2年ですか

死と向き合いながら生きる毎日がどれほど苦しいものだったか
本当に切ないです
あなたにたくさんのことを教えてもらいました
Ayaさん ありがとう^^
Posted by あきぴょん at 2008年11月30日 15:38
AYAさんありがとう・・。
 お兄さん、AYAさんの事、サザビーの事を知れる自分達は、幸せです。もっと沢山の方に・・AYAさんの声が届け!!
Posted by かんちゃん at 2008年11月30日 16:07
初めてリアルタイムでアヤさんに会えた気がしました。
「あなたに届くまで」にはない雰囲気が伝わってきます。
アヤさん本当にありがとう。あなたの想いを大切にします。
Posted by kanamama at 2008年11月30日 16:12
何か…気持ち解るなぁ…。
10年前初めて飛行機に乗った日、気圧の関係で身体に居るのが辛くて、地面踏みしめてても身体だけは浮いてる感覚がしてどうやったら楽になるのかなって考えた事あったなぁ…。
その年のバレンタインにるちあを譲り受けてから今はルチに活かされてる私です。

そのるちも来月10才…。
るちの死が怖くて現実逃避したりもしたけど、会えて良かったと…今なら言える気がします。
Posted by ヨンミ at 2008年11月30日 16:20
Ayaさんの気持ちを考えると、なんて言っていいか分からないけど…
でも、お兄さま公開してくれてありがとうございます!

改めてAyaさんサザビーちゃん、お兄さまに出会えたことに感謝します…
Posted by kazu at 2008年11月30日 16:46
涙が止まりません…。
毎日が忙しく、それを理由に精一杯生きていない自分を反省しました。今健康でいる事に感謝して、改めて日々を大切にしようと心に誓いました。羊お兄様・Ayaさん・サザビーちゃん本当にありがとう!
Posted by 華と鈴のママ at 2008年11月30日 17:11
ここへ来るといつも励まされます。
Ayaさん、ありがとうございます。
お兄様、ありがとうございます。
Posted by marinママ at 2008年11月30日 17:50
久しぶりに書き込みます。

今日はAyaさんのご命日ですね。
本当にAyaさんとお兄様には感謝しております。
「いとサザ」「そのサザ」に励まされながら、暮らしています。ありがとうございます!
同じ病で痛みがあると再発ではないかと恐れながら、
でも生かされていることに感謝しながら生きています。

Ayaさんがこの記事を公開しなかったお気持ちが、自分のことのように思われます。
今はこの理想の地に眠られているのでしょうか?
お兄様、つらかったでしょうに、この記事を公開して下さって
ありがとうございました。Ayaさんがより身近に感じられました。

お兄様とサザビーちゃん、ララちゃんのご健康を心よりお祈りいたします。
Posted by kotetsu at 2008年11月30日 17:55
Ayaさん…
切ないです。。。
でも、理想の地で眠れているんですね。
よかった・・・

Y様、ありがとうございました。
サザビーちゃんがこれからもママが大好きだった笑顔で
毎日を過せますように……



Posted by まゆ at 2008年11月30日 18:23
昨日まで悪かった天気も、
今日は穏やかな冬晴れでした。
愛しい子たちとお散歩しながら、空を眺めたら、
Ayaさん達が笑顔でいたような気がしました。

お兄様、公開してくれてありがとう。
Posted by RIE at 2008年11月30日 18:24
もう2年もたってしまったんですね。
時間って、ほんとあっという間に過ぎちゃうものですね。
この地に行けば、
間違いなくAyaさんの笑顔があるんだろうな。
ね、、サザビーちゃん(^^)
Posted by みさき at 2008年11月30日 18:35
地球には何十億という人がいる訳で
そうすると色んな偶然って自然に出来ますね。
今日と言う日はayaさんの命日であり、亡父の
誕生日なので、私にとっても特別な日です。

ayaさんの思いに触れて余計に命というモノを
身近に感じます。
ありがとうございます。合掌

Posted by なお at 2008年11月30日 18:59
この日のAya chan の気持ちが
どれ程 奥深いものだったのか
計り知れないのですが さぞ辛かった
ことでしょう。

あちらの世界がどんななのか
想像ですが こちらの世界と背中合わせに
ある気がします。
見えないベールの壁の向こう側で
Aya chanはいつでも サザビー&ララと
居場所を共有していて 何時もベール越しに
サザビー&ララを見守っている気がします。

Y様 公開ありがとうございます。
Posted by 北のおかん at 2008年11月30日 19:44
AYAさんはたった一人で、いろんな事を考えなきゃいけなかったんだな…って感じました。
やっぱりAYAさんの文章ってズシッときます。とても心にひびきます。
Posted by さく at 2008年11月30日 19:48
Ayaさんの言葉・・・
なんかすごく懐かしい、そして心が洗われる。
心情がストレートに伝わってくる。

やっぱりAyaさんのこと大好きだな〜って
改めて思いました。
公開してくれたお兄様ありがとうございました。
Posted by パール at 2008年11月30日 20:31
mikaさんの言うとおり!サザビーちゃん、ララちゃんが毎日元気で「エヘヘ」って笑顔を見せてくれるんが、一番Ayaさんの望んでいたことだよなぁ。お兄さん、公開してくれてありまとう<(_ _)>Ayaさんほんまに苦しい、つらい日々を頑張ってきたんやね。Ayaさんの苦しい心、想いに比べたら私なんて・・・まだまだ甘ちゃんだ。今ここにこうして生きて、毎日を過ごしていけるってことのありがたさをもう一度噛みしめていかんとあかんな。
Posted by ジャスミン at 2008年11月30日 20:55
切ないですが、やはりAyaさんの言葉って、
心に響きますね。
Ayaさんの望む元気なサザビーちゃんが
こうしていること、すばらしい日々ですね。
お兄さま、ありがとうございます。
Posted by kyoko at 2008年11月30日 21:09
お兄さん・・・ありがと!
Posted by kyon2-robin at 2008年11月30日 21:25
とても切ない気持ちが伝わってきます。
AYAさんが一番に想ってた、サザビーちゃんの笑顔…
お兄さまがしっかり守ってくださってるから、
きっとAYAさんは今、サザビーちゃんそっくりのあの笑顔で、
こちらを見守ってくださっていると思います。

こちらでは、改めて日々の大切さに気づかされます
AYAさん、お兄さま…サザビーちゃんにララちゃん★
大切な気持ちに気づかせてくれてありがとうございます★☆
Posted by ゆいあ at 2008年11月30日 21:32
いつもいつも言葉が見つかりません。

ありがとうございます…
Posted by ティアラ at 2008年11月30日 21:35
生きているものはすべてに「死」が訪れることは誰だって知ってる! でも、その「命の期限」が知らされることは少ないから、「生」を意識することも少ないんじゃないだろうかって思います。どっかで自分だけは死なないって思っているような気がするんですよね。でも、Ayaさんの書かれた文章を見ていると、本当に「生」への感謝の気持ちが湧いてきます。考えてみれば私も来年4月で40代最後の1年を迎えますし、早いもので我が家のマロンは5歳、ポロンは先日4歳になりました。抱っこしながら、いつかは・・・・なんてついつい思ってしまうんですよね。だからこそ、Ayaさんが言うように、少しでも我が子たちと一緒の時間を持てるようにしていきたいと思っています。

Ayaさん、兄さん、本当にありがとうございます。
Posted by Joy-Stone at 2008年11月30日 22:10
『Ayaさんに会ってみたかったなぁ』って時々思うけど、Ayaさんの残してくれた言葉たちのおかげで、『一度も会ったことがない』なんて信じられないくらい、Ayaさんにはたくさん勇気づけられて、励まされています。

Ayaさん、ありがとう☆
Posted by なつ at 2008年11月30日 22:18
ひとつひとつの言葉が心にきます。


ありがとうございます・・。

Posted by カツラ at 2008年11月30日 22:22
Ayaさんの思い…
今にもこぼれ落ちてしまいそうなAyaさんの想いが伝わってきます…
たくさん苦しんだAyaさん
その分、今は虹の橋でたくさん笑っててくれるよね!

お兄様、今までお疲れ様でした。


Posted by NaNa at 2008年11月30日 22:31
そっか・・・・・・。
今日はそういう特別な日でしたね。。。
ぇ・・・・・・?
アヤさん、自分で探した場所にいるの?

よかったです・・・。
Posted by マリママ at 2008年11月30日 22:47
この文章を書いた時のAYAさんの気持ち、
公開できなかったAYAさんの気持ち、
考えると、、、せつないですね。
もう2年がたつのですね。
あらためて、AYAさんありがとう、お兄さんありがとう^^
Posted by miki at 2008年11月30日 23:04
将来に いつも悩んで 自己嫌悪になってばかりの 近頃でしたが 将来を悩む事ができるのは ほんとは 幸せな事なんだと 思いました。
AYAさん、お兄様、サザビー 本当に ありがとうございます。
Posted by MIKUMAMA at 2008年11月30日 23:21
亡くなる1年前の記事なんですね。
Ayaさんの気持ちを思うと、切ないです・・・

また公開してくださったお兄様、ありがとう。
Posted by のせ at 2008年11月30日 23:33
AYAさんの命日に このブログをアップして頂いて
有難うございました。
ご自身の眠る地を 探しに行かれたなんて
胸が 締め付けられます。
今は 虹の橋のたもとで
笑顔で 見守ってくださっているでしょう。
AYAさん、安らかに!
Posted by けいこ at 2008年11月30日 23:46
大切な時間は
ゆっくり流れてほしい。
Ayaさん
ありがとうございます。
Yさん
ありがとうございます
Posted by 竹吉 at 2008年11月30日 23:56
Ayaさんが旅立たれてから2年・・・。

2年って、早いのか遅いのか・・。

時々、生きている意味を見出せなくなる時があるけれど、
Ayaさんの言葉達に出逢えた私は、生きている意味を探す事はそんなに大事な事ではないのかなぁ〜?って、思います。

きっと、皆、誰にでも、生きている意味が分からなくなる時があるんですよねっ!!

それでも生きていけるのは、きっとAyaさんの言葉に出逢えたから・・・? 頑張ろうーーp(^ ^)qと思えるのは、
Ayaさんの言葉に元気づけられているから・・・?

少なくとも私は、Ayaさんの言葉に元気づけられ、励まされました。

Ayaさんのブログに出逢えて良かった☆
Ayaさんの言葉達に出逢えて良かった☆

Ayaさん、お兄さん。
在り来たりですが、私には『ありがとう☆』の言葉しか出てきません・・・。
本当にありがとうございます。
Posted by chika at 2008年12月01日 00:12
出遅れました…間に合わなかった(泣)

Posted by しーま at 2008年12月01日 00:55
遅れてしまいましたが、月日の流れは早いですね。

去年も言ったかもしれませんが、Ayaさんと間接的でも出逢えたおかげでたくさんの方と出逢いと考え方を返る事が出来ました。

ありがとうと言わせてください。
Posted by ちゃこ犬 at 2008年12月01日 01:15
AYAさん、お元気でしょうか。
今年は私の長男犬もんと、親友が、そちらに行きました。
いつか私も迎え入れてもらえる日までこちらで頑張ります。
AYAさん、いつかお会いしましょうね。
Posted by もん母 at 2008年12月01日 01:26
Ayaさんそちらで元気にしてますか?愛犬が天国へ行き『愛しのサザビー』と出会って飼いはじめたパピヨンの『メイ』だいぶ大きくなりました。たまに親や友人の誕生日忘れてしまう事があるんですが11月30日は忘れられないんですよ。どうかそちらで逝ってしまったカワイイ動物達をよろしくお願いします?
Posted by カープおぢさん at 2008年12月01日 02:58
いつも励ましてくれ、人生の意味や、時間の大切さを教えてくれるAyaさん、サザちゃん、ララ嬢、お兄様、感謝です。
Posted by RIN at 2008年12月01日 03:48
先ほどMix、見てきました。
兄さん、とりまえずしっかり休んで充電してください。

「いとサザ」「そのサザ」は永遠に不滅です。
Posted by Joy-stone at 2008年12月01日 07:42
しばらく体調が 芳しく無かったので 訪れることができず Ayaさんの理想の地は 読むことができませんでしたが 皆さんのコメントから Ayaさんの 思いがこもったものだったのだということが 伝わってきました
サザビーのブログを読む度に うちの子を置いてはいけない 生きようと 強く思います
まだ お転婆盛りの 2才ですから 先は長いですが 頑張ります
いつも 元気をありがとうございます。
Posted by サファイア at 2008年12月09日 01:47
 
8枠だけに僅か8名。。またね・・・★