2008年04月30日

短期集中連載

短期集中連載

前回の第一回目を読んでくれた皆様、ほんまにおおきに(・∀・)ノ
コメントやメールで感想を伝えてくれたり感謝してます。
返事は出せへんけど、ありがたく読ませてもうろてます。

ちゅうこって本日は短期集中連載△任垢錙
お時間の許す方は読んだってください。

ほな、またーーー!


はしか★



この記事へのコメント
こんにちわ。
本当に小説を読んでいるかの様で、引き込まれていきます。
Ayaさんの幸せな時間がずっと続けば良かったのに・・・
また涙がでてきました。
歳のせいか、涙脆くって。。。
Posted by ネオまま at 2008年05月01日 14:11
AYAさんの様子が想像できます。今回も感動しました!
次回もぜひお願いします。
Posted by じゅんか at 2008年05月01日 14:35
短かったけど、素敵な時間を過ごせたAyaさん。。。

文章に引き込まれました(:_;)
Posted by 黒ちゃん at 2008年05月01日 15:17
Ayaさんの書いた文章を読むと私も
自然に涙がでます‥
まだそこにいる様な感覚になります。

私は彼女の考え方をすごく尊敬していたし
彼女が書くブログを読むのが大好きでした。
今になって時折思います。
私はAyaさんが大好きだったんだって‥

今同じ時を過ごしていない事が
すごく悲しですね。
Posted by まろん&ハッピーmama at 2008年05月01日 15:48
Ayaさん程ではないけれど、私も音楽に魅入られ・・・未だに音楽から離れられず、理想の音があるのにそこに到達できずにジレンマに陥る事を繰り返しているけれど・・・。
Ayaさんの気持ちが痛いほどに判るような気がする。
本当に素敵な時間を過ごしたのね。
これからは囚われずにやっていけそうです。
音楽には生涯囚われるんだろうけどね(笑)
久しぶりに『調子の良い鍛冶屋』弾きたくなっちゃった♪
Posted by びび。 at 2008年05月01日 16:18
前回は読めなかったので、今回読めることが出来て嬉しいです。

優しさに包まれている情景が見えてくるような気がします。
Posted by hanabi at 2008年05月01日 17:10
Ayaさん幸せだったんだーって感じます。
 続き、是非また読ませて頂きます。
Posted by かんちゃん at 2008年05月01日 18:37
「愛しのサザビー」を知ったのは、Ayaさんの本の新聞広告でした。
リアルタイムでAyaさんの言葉にふれることが出来なかった事は残念ですが、でも「いとサザ」と「そのサザ」に出会えたことに感謝します。
Posted by わたし at 2008年05月01日 18:40
Ayaさんは素敵な恋愛をしたんですね(^-^)また次回楽しみにしています。
Posted by 雪花 at 2008年05月01日 19:37
続きとっても気になります。
上の方もコメントしているように、本当に引き込まれていきます・・。もともと小説等が苦手なんですが、文章だけなのになぜかとても心地よく読めます。
次回も楽しみにしてますね♪
お兄様いつもありがとうございますm(__)m
Posted by ちびゆき at 2008年05月01日 21:39
音楽にはまったく無縁の私・・・ww
誰かの自叙伝とか読んだ事がないけど、
Ayaさんの綴った文章は惹きこまれます。

Ayaさんの生き方って素敵だなぁと思いました。
続きが楽しみです。。。
兄さま、ありまとう☆

Posted by maumam at 2008年05月01日 21:53
Ayaさんの言葉から、
ピアノの音色がまるで聞こえてくるような感じがします。

フィレンツェでAyaさんはルネッサンスが今も息づいてる
街の片隅で、素敵な出会いをしてたんですね。

前回読むことができなかったので、また続きを読ませて
いただけると嬉しいです。

お兄様、ありがとうございます。
Posted by みるくママ at 2008年05月01日 23:13
AYAさんの事がたくさん知れて嬉しいです。
お兄様本当にありがとうございます。
Posted by フルート at 2008年05月02日 01:08
AYAさんはきっと密度の濃い人生を歩まれたのでしょうね。
確かに、苦しいことや悲しいこともたくさんあったのでしょうが、そのぶんサザビーに出会えたり、お兄さんの深い愛情に恵まれたりしたのではないかと思います。

人の人生、長い短いはあるものの、それぞれに意味のあるというか、素晴らしい人生なんだと思えてきます。
自分も限られた人生、ワンコやまわりのいろいろな人たちとの出会いを大切にしていきたいと思います。

そして、巷で多く報道されている命を粗末にするかのような事件、事故について、本当に悲しくなりますし、自らの命を絶とうとしている人たちには、AYAさんのブログをぜひとも読んでほしいと思います。

最後になりましたが、お兄さん、ありがとうございます。これからもAYAさんのこと、教えてください。
Posted by Joy-stone at 2008年05月02日 07:41
まるで映画のワンシーンのようです。
AYAさんの書く文章には魔法がかかっているみたいで
グイグイ引きこまれていってしまう・・・

また来週楽しみにしています。
ありがとう。
Posted by とも at 2008年05月02日 08:38
何度も読み返したくなる小説のようで、
スーッと惹きこまれます。
その情景が目の前に浮かんできて、
音楽が聞こえるような感じで。。。
Ayaさんはステキな恋愛をしたんですね。
私も未だに音楽と絵から離れられないけど、
自分なりに囚われずに、もう一度やっていこうかな。

また次回も楽しみにしてます^^
お兄様、いつもありがとう。
Posted by RIE at 2008年05月02日 14:25
 
大人の威厳?6年ぶり・・・・