2007年05月02日

Ayaのママ

サザビーを譲って欲しいと言われた。
それはAyaの母親からやった。

「 サ ザ ビ ー と 一 緒 に 暮 ら し た い 」

まあ色々ありよるのう・・・・


わいとAyaは実は母親が違う。
父親の再婚相手がAyaの母親やったさかい彼女とは半分しか血が繋がっとらんのや。
そやけど妹として見なかったことは一度もなく、今でも本当の妹だったと思うとる。

彼女の母親はわいのおとんと別れてまた再婚をした。
そこで生まれたのがAyaと仲の悪いもう一人の妹(N)やった。
もちろんわいとこのNとは何の繋がりもあらへんさけ、あまり接点はない・・・・
ところがそのNが最近結婚をしたそうで・・・・Ayaの母親は寂しかったんやろうと思う。


けどAyaは自分の母親をあまり好いてはいなかった。
サザビーはよう懐いておったらしいんやが。。


頭が痛いのう・・・・・


ララとサザビー、両方を独り占めしとるわいは悪者なのかもしれへんな

彼女の土地や資産を受け取ったわいは、もっと悪い奴に思われとるんやろな



もしサザビーが今もわいの前で全く笑顔にならへんかったら・・・・
彼女の母親の前で笑顔になっとるサザビーをわいは譲ったかもしれへん。


「この子、やっぱり私のことが好きなんだよ」


そうか・・・・・
そうかもしれへんのう。。
けど、その笑顔はちょびっとちゃうで・・・・


うまく言えへんけどAyaに見せとった笑顔と一緒やないんよ


めんどいのう。。
欲しいもんは通帳でもカードでも何でもくれたるわ。
けど・・・・
サザビーとララと土地と車は渡せへんのや。


母親が純粋に彼女を偲んでサザビーが欲しかったとしても
もしサザビーを渡してもうたら・・・・・・・・


Ayaはゾンビになって帰ってくるんやっけ?(笑


わいはAyaに顔向けでけへんようになるわいな。

そーゆーことがあったんや。
そーゆーことばっかりやないけど。
そーゆーことはめんどいもんや。


えへへ★

のう、サザビー・・・・・
また来るってよ。

お前はどないしたいんやろうなあ
言葉が喋れればええのにのう。



Posted by the_later_sazaby9966 at 12:03│Comments(52)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
考えてもいなかった事が起きるものですね。
AYAさんがお兄さんに家族と資産を託したのは信頼していたからでしょう。
サザビーを預けてしまったらAYAさんの遺言に反するような気がしてなりません。
他人が口を挟む事ではないとは思いますが、サザビーやララにこれ以上の別れを
経験させたくないなぁ・・・とも思います。
ここは悪者になってでも・・・サザビーに行きたくないって云って欲しいですよね。
Posted by 雲雀 at 2007年05月02日 12:26
「今の暮らしがあるから見せられた笑顔なんだ。
 好きな人との別れは2度とすることないでしょ!
 このままの家族でいよう。」
 ってサザビーちゃんきっと思ってると思います。
 悩まないで。(気持ちはわかります)
Posted by とびママ at 2007年05月02日 12:30
隠れることをやめたお兄さんファンのrieです。

私が勝手なことを言ってもいいのであれば、サザビーとララはこの先はお兄さんとずっといてほしい。。です。

私はサザビーちゃんに会ったことがないので笑顔の違いは分からないですけど、「その後のサザビー」でのサザビーちゃんの笑顔はちゃんと幸せそうです。

本当に勝手なことをもっと言うなら、この先サザビーちゃん達には大切な飼い主(=お兄さん)を失ってほしくないです。
少なくとも私はお兄さんとサザビーちゃん達がずっと一緒にいられるように祈ってしまいます。
Posted by rie at 2007年05月02日 12:32
こんにちは。
また会社からコメントさせてもらいます。
お兄様、自己批判するのは良くないですよ。
サザビーちゃんにまた笑顔が戻ってきたのは
お兄様に力があってこそじゃないですか。
お兄様はお兄様らしく、自分の思うようにすればいいと
わたくしは思います。
Ayaさんが空から安心して見守れるよう
しっかりサザビーちゃんとララちゃんを
抱きしめていてあげて下さいね。
Posted by コジロウパパ at 2007年05月02日 12:47
こういうこと、あると思います。
一つの意見として聞いてくださるなら、
今、Ayaさんのお母さんが言ってきたというこのタイミングです。
もう少し前で、サザビーの少し沈んでた頃ではなくて、あなたの前で笑顔を見せる様になってきた今、お母さんがこの話を持ってきたということです。
あなたとサザビーの気持ちが繋がってきた今なら、執事さま、あなたの決意一つで決められると言うことではないでしょうか?
お母さん、Nさんが結婚して寂しいのなら、じきに孫ができるかもしれません。寂しいどころか、にぎやかになります。
そのときサザビーは変らず可愛がっていただける方なのでしょうか?アレルギーの子供が生まれると、(生まれると決ってはいませんが)動物は困り者です。そんな可能性もあります。私ならよくよく考えて、祈って決めますが、執事さまも一番いい決断ができますよう、祈ってます。
Posted by セレステ at 2007年05月02日 12:52
他人が勝手なことを言っても仕方ないと思いますが、サザビーちゃんとララちゃんはお兄さんと一緒に暮らさないといけないんじゃないですか??
それが二人を残して先に逝ったAyaさんの気持ちなのだから。
Ayaさんの気持ちを大切にしてあげて欲しいです。
お兄さんも苦しいでしょうが頑張って踏ん張ってください。
でないとゾンビになって出てきますよAyaさんが・・・

今の二人の笑顔はお兄さんが居るからです。もう悲しい別れはさせないでください。
Posted by ユーミン at 2007年05月02日 12:58
兄さん初めまして。ずっと隠れて応援してました。
私は専門家ではないので細かい事は分かりませんが、Aさんの資産を受け継いだならサザビーの所有権は兄さんにあると思います。堂々と『俺の娘や』と言っていいんでは?
ま、それはそうと、Aさんがサザビーとララを…、自分の命と引き換えにしてでも守りたかったサザビーを託したのは誰でもない兄さんなんです!難しい事は何もない。サザビーの笑顔に答えがあります。
Posted by 良羽子 at 2007年05月02日 12:58
AYAさんは安心しきって全てをお兄さんに任せたんだから何にも悩む必要なし!!

もうこれ以上彼女達に悲しい想いさせないで

絶対渡しちゃダメッ!!!
Posted by ちゅーた at 2007年05月02日 14:06
答えが分かりきっているから、相手を傷つけないように断る理由を探しているんでしょ。執事様。
そ〜いうときは、ゾンビAさんの仮面をかぶって、挑むべきです。。。。。って人には、言えるんだけどな。私
意地悪な言い方すると、ブログを更新することが出来るのが条件の一つだと言ってやれば?・・・・・イタッ。余計な一言でした。すみません。
Posted by リンダ at 2007年05月02日 15:56
ご無沙汰してました<m(__)m>

執事様、駄目ですよ。びっこちゃんを渡したらAYaさんにどつかれますって。

お母様が寂しいのは妹さんが結婚したからだけなんですか?
AYaさんが亡くなった時はお母様は寂しくなかったんですか??
って言いたくなります。

やっとびっこちゃんの笑顔が見れてきたこの時期になんで今更そういった話を・・・って言っても大人の事情もあるのでしょう。

でも、何悩んでるんですか?
AYaさんはびっこちゃんもララちゃんもお兄さんに託したんですよ?
それが真実なんです。負けないで。弱音も愚痴もいっぱいブログに書いてもいいです。

でもねびっこちゃんを渡した方がいいのかもなんて一瞬でも思ったらここに遊びに来る人達にどつかれますよ。
もちろん私もです。

あれ?支離滅裂??
Posted by ありす at 2007年05月02日 15:56
サザビーちゃん・ララちゃんの全てをお兄さんに託したんだから!
それをちゃんと守るのがお兄さんのお役目ではない?
でないと、ayaさん安心できないでしょ?

お兄さんの心は?渡したくないんでしょ?
2人といると幸せなんでしょ?
お兄さんが幸せ!サザビーちゃんもララちゃんも幸せ!
それでいいじゃん!
ダメだよ!渡したら!
Posted by 凛 at 2007年05月02日 15:59
『愛しのサザビー』はAyaさんが、新しい飼い主さんにサザビーやララのその後を託す意味での長い手紙のようなモノでしたよね・・・。
私もやはり、Ayaさんは自分がいなくなってしまった後のサザビーとララの幸せな未来を「一番信頼できる」お兄さんに託されたんだと思いますよ。
最近の写真・・・サザビーの笑顔が戻ってきてますよね。
お兄さんとの生活が彼女達の「日常」になってきた証しではないでしょうか?
Ayaさんを失って間もない頃の彼女達の写真からは想像できなかったことではないでしょうか?

今のサザビーの笑顔は、紛れもなくお兄さんとの信頼関係から生まれたものだと私も思います。
Ayaさんのお母様にも時間をかけて少しづつ理解していただくことが出来ますように・・・。

お兄さん!自身を持って大丈夫ですよ!!
Posted by LOVIN at 2007年05月02日 16:08
Ayaさんが自分が愛した全てを託したのは、他の誰でもない執事様なんですょ。
サザビーちゃんに何度も家族が変わる寂しい想いをさせないであげて下さいね。
Ayaさんの為にもサザビーちゃんの為にも、そして執事様の為にも、執事様の元にいるのが一番幸せな事だと思います。
空の上のAyaさんの笑顔を守るのもサザビーちゃんの笑顔を守るのも執事様のお役目ですょ(^∇^)
Posted by パピラブ at 2007年05月02日 16:13
Ayaさんが御自身の命の限界を知ったとき
お母様ではなくお兄様だから、すべてを託されたのですよね?
なのに今になってお母様にサザビーちゃんを渡すというのは、
Ayaさんが望まないのでは・・・と、私も思います。

お母様、今はお寂しいほうが勝るのかもしれませんが
一年一年お年を召してゆかれますよね?
毎日のお散歩やサザビーちゃんの大好きなボール投げは、
満足にしてもらえるのでしょうか?
飼い主さんの年齢が上がれば、トイレの世話でさえ負担になる日が必ずやってきます。高齢の飼い主さんが飼いきれなくなって、悲しい目にあう子も多いです。
何より、サザビーちゃんは「もの」ではないですもんね。Ayaさんが命がけで愛した、世界にたったひとりのサザビーちゃんを、そんな簡単にあっちこっちしないでほしいのです。

お兄様、Ayaさんのお母様の一時の感情論に惑わされないよう、冷静にご判断くださればと願います。
Posted by 美帆 at 2007年05月02日 16:16
じつは私も自分の母親があまり好きではありません。
Aさんもあまり好いてなかったとのこと..
それにはやはりそれだけの理由があるのだと思います。
もし私がAさんと同じような立場で、愛犬を信頼できる誰かに
託したとしたら、ずっとその人の元で暮らして欲しいと
願います。
母親よりも、半分しか血の繋がりのないお兄さんに託す程の
理由がAさんにもあるのです。

財産をお兄様に託されたのも、サザビーちゃんララちゃんの
為に使って欲しいと願い、またそれを実行してくれる兄だと
信じたからでしょう。
犬は飼い主に忠実な生き物ですから、どれだけなついていようと
また環境が変わるのはかわいそうな気がします。
今のままで幸せだと、サザビーちゃんの笑顔を見てわかります。
お母様も淋しいのでしょうが、今のままでいさせて欲しいと
願わずにはいられません。
お兄様、どうかお願いいたします。


Posted by 蓮美 at 2007年05月02日 16:23
お願い。
二人を今と同じように守ってあげて。
だって二人ともこんなに幸せそうじゃない。

だからお願い。
Posted by さとみ at 2007年05月02日 16:46
私も↑の皆さんの意見に賛成

Ayaさんは、お母様でなく執事様に全権を委ねたんですよ…
お母様の幸せでなく、サザビーやララの幸せを
一番に考えてください。
(執事様の幸せは、もちろん三人家族でいることでしょ?)


Posted by セリ at 2007年05月02日 18:07
うん。ゾンビになって戻ってくると思います。
お身内のことで本当に辛いかと思いますが、ここはAさんのために
心鬼にし、あの手この手で守ってあげてほしいです。
もし、他の方(母さま、妹さん)に託したいのなら
とーっくに、そうしてますって。
Aさんが、ブログにお母さんのことや妹さんの件(お金の無心)書かれたのが答えなんだと思ってます。
Aさんが立てられた代理人のかた(弁護士さんでしょうか?)とかに相談し間に入ってもらうのはどうでしょう?
Yさん一人で頑張らないで(ずーっと一人で頑張ってますもの…Yさんが心配っすよ)
みんながついてるからね!
Posted by ボッボ at 2007年05月02日 18:24
私も皆さんの意見に賛成です。もし お母様に渡されたら
一生後悔すると思います。Ayaさんも天国に行かれないと思います。どうか自分を信じてサザビーちゃんとララちゃんを守ってあげて下さい。
Posted by kuma at 2007年05月02日 18:24
はじめましてなのに、失礼なこと言ってごめんなさい。

何だか色んな意味で、やるせなさとか切なさを感じました。

『やっぱりこの子は私のことが好きなんだよ。』という言葉に怒りを覚えました。
だって、あまりにも利己的だから。
しかも、5ヶ月経った今更でしょう?

サザビーやララはお兄さんへのAさんの遺志ですよね?

寂しさを紛らわすペットとして渡すのは間違っています。
Posted by ゆき at 2007年05月02日 18:58
わたしも、みなさんの意見と同じです。

お兄様は、優しいから、お母様の願いをむげに断れないのでしょう。
でも、ここは、毅然と、きっぱりと、「NO!」と、言ってください。
その時は、修羅場になるかもしれませんが、後で後悔するより、よいですよ。
Posted by 垂れ耳パピー at 2007年05月02日 19:30
Ayaさんはお兄さんに二人を託したんですよ。
お母さんに渡してしまったら、ゾンビどころかAyaさん化けてきます!!
だれに託したら二人が幸せになれるか、分かってお兄さんが選ばれたんだからきっちり最後まで面倒見なくっちゃ!!

弱気になっちゃ駄目!!
長引かないようにきちんとケリをつけてくださいね。
Posted by YOSHIBEE at 2007年05月02日 20:14
悩む事はないんじゃないですか?
だって、あやっぺは自分の母親を大嫌いでしたよね?
縁を切ろうとしてましたよね?
だから、だから、ダメです!

あやっぺがまた苦しみますから・・・・

私も父以外と縁を切ってます。
その思いがあやっぺと同じだから・・・・
でしゃばったことを言って申し訳有りません。
Posted by ゆう at 2007年05月02日 20:28
お母様はちっともAyaさんのこと偲んでサザビーちゃんを欲しいと言ってる訳ではないと思います。今更、そのようなことを言ってくること自体が不自然です。

Ayaさんが何故お母様ではなくお兄様にサザビーちゃん達を託したのかが、お母様は分かっていないんですね。
このBlog見てる人達は分かってるのに。。。。

サザビーちゃん達はモノじゃないんです、Ayaさんの可愛い娘達なんですよ。
Ayaさんがどんな思いでお兄様に娘達を託したのか、それを考えたら「サザビーと一緒に暮らしたい」なんてこと言えないと思いますけどね。

支離滅裂な文章ですいません。
お兄様、応援してます!お母様に負けないでAyaさんの娘達を守ってください。
Posted by み〜まま at 2007年05月02日 21:14
サザビーちゃんもララちゃんも
もうすっかり
お兄さんの色に染まってますよ。

『家族』って時にはめんどうなものですね。

頑張ってくださいね!

Posted by siromi at 2007年05月02日 22:22
初めてコメントさせて頂きます。

笑顔の素敵なサザビーちゃんにいつも癒されています。
ララちゃんやお兄様との生活を本当に楽しく幸せに過ごしているように思います。

お兄様は今回の事でとても悩んでいらっしゃるようですが、このブログに書いてある通りのお兄様の気持ちを、正直にお母様に伝えてみてはいかがでしょうか?
きっとお母様も理解してくれると思います。

ワンコはいつでも自分の事を1番大切に思っている人の事は判っている。。。と私は思います。

初めてのコメントでおせっかい申し訳ありません。

これからもお兄様とサザビーちゃん、ララちゃんのブログ楽しみにしています。
Posted by nanao at 2007年05月02日 22:37
もちろんサザビーちゃんはYさんとララちゃんといっしょに居るのがいいのに決まってるじゃないですか!

それにサザビーちゃんをもしお母さんに渡しても毎日ボール投げ出来ないかもしれないし
なによりYさんAyaさんに呪われますよ!いい親父ギャグが出来なくなるかもしれませんよ(笑

すみません。重い空気は、苦手でしで・・・

Yさん次ははっきりNO!とい言ってくださいね。Yesと言ったら・・・(笑
Posted by ari at 2007年05月02日 22:51
(下から相手の顔を見上げるようにあごを突き出すようにして、顔を振りながらのせりふです。できればポケットに両手を突っ込んで、鏡を見ながらやってみてください)(遠山の金さん風でも可)
お〜お〜お〜。サザビーとララがそれで喜ぶと思ってんのかグゥォラー。
二人を守れるのは、あんちゃんだけなんだからAさんが頼んだんじゃろ。
ゾンビになって出てくるぞ〜。

Posted by くろぱぱ at 2007年05月02日 22:53
こんばんは。
お兄さんは悩んでいらっしゃるんですか?
お兄さんはどうしたいんでしょうか?
どんなに頑張っても、サザビーはしゃべれません。
でも、以前私が涙した写真こそ、
サザビーちゃんの気持ちの表れではないのでしょうか?
もう、大切な人とのお別れはしてほしくないです。
Posted by ウルタ at 2007年05月02日 23:00
私は一人暮らしで、9匹の猫と同居してますが、私に何かあった時、この子達をどうしようか本当に悩みます。でもひとつだけ確かな事は、この子達が苦しむ可能性が少しでも少ないようにと考えています。だから、残していく人間にとっては命がけの遺言なんだと思います。私にも身内はおりますが、大切にしてもらえないだろうと思うと誰にも預けられません・・・。(冷たい人達ではありませんが、しょせん動物は動物というごく普通の人達なんです。)正直な話、自分に保険をかけて、それを渡して、まかせるところを探しています。最悪、私と共に・・・とも考えてもいます。だから、その点に関しては、Ayaさんにはお兄様がいらして本当に安心されていたと思います。

Posted by らんれん at 2007年05月02日 23:04
色々大変なご事情はあるかと思いますが、
Ayaさんが最後に全てを託したのは
他ならないお兄さんなのです!

だから誰が何を言おうが今のままです!!

サザビーちゃんララちゃんを放さないで下さい!!
Posted by HAPPY MAM at 2007年05月02日 23:16
私も皆さんと同じ思いです。
サザビーちゃん、ララちゃんのことを託したのはお兄さんなんですよ。
今、サザビーちゃんが笑顔でいられるのはお兄さんがいるからです。お母様に渡さないで欲しいです。でないと、ホントにAYAさんがゾンビになって出てきちゃいますよっ!!
Posted by あや at 2007年05月02日 23:25
今日お兄さんがブログできっぱり言っています
よね。
<欲しいもんは通帳でもカードでも何でもくれた
るわ。けど。。。。サザビーとララと土地と
車は渡せへんのや>
お兄さんはもう答えを出していると思います。

皆さんと私も同じ意見です。

お兄さん、迷わないで。 


  



Posted by 小枝子 at 2007年05月02日 23:35
お兄様の考えはもう決まってますね。
「サザビーは渡さない。」
困っているのは、相手がAyaさんの母親だから。
Ayaさんは自分が残すものをすべてお兄様に託された。
愛する娘達。夢の詰まった土地。思い出いっぱいの車。
娘達を守る為の通帳。そしてこのブログ。
それらをすべてお兄様ひとりに託されたんですよね。
つまりはお兄様を一番信頼していたから。
裏を返せば、お兄様しか信頼していなかった。
そういう事なんです。
ゆっくり分かって貰いましょう。
これはAyaさんの遺言なんです。
それは絶対で、侵す事はできないのです。
Posted by みしぎん at 2007年05月02日 23:47
ダメです!こればっかりは誰が何と言おうと譲れません!お兄さん、あなたがサザビーとララと最後まで一緒に暮らして下さい☆ 病室のあやさんに二人を逢わせてあげて、あんなことお兄さん以外の誰ができたんですか! なんと言われようとサザビーとララはお兄さんの側にいさせてください!いえ、サザビーとララと、あやさんも一緒です☆
Posted by 慟哭 at 2007年05月03日 00:00
こんばんは。みなさんと同じです。サザビーちゃんはお兄さまと一緒だから笑顔でいられるんですよ。しあわせでいられるんです。私はそう思っています。これ以上サザビーちゃんにお兄さまとの悲しいお別れをさせないでください。お願いします。
Posted by ルイ at 2007年05月03日 00:18
他人が口挟むことじゃないことは十分分かってます。
けど言わせて・・・
お兄さん、あかんて!絶対手放したらあかんよ・・・
もうこれ以上サザビーちゃんとララちゃんに悲しい思いさせないであげて・・・
サザビーちゃんすごくいい笑顔になってきたのに・・・
ほんとお願い!住み慣れたところでお兄さんと一緒にいさせてあげて・・・・
Posted by kyon2-robin at 2007年05月03日 01:03
初コメントさせていただきます
いつも読み逃げですみません(汗)

めんどーな事が起こってしまいましたね・・・
でも、
Ayaさんはお兄さんに預けていったのですよね
いつものサザビー&ララを見ていて
その上でお兄さんに託していったのですよ
それが答えなんじゃないかと思ったり・・・

偉そうにスミマセンm(_ _)m
Posted by らいまま at 2007年05月03日 02:31
初めまして!!

いつも読み逃げしてすみません。
も〜う黙っていられなくって!!
でしゃばってごめんなさい。

私も皆さんと同じです。
お兄様の気持ちは決まってるんでしょ。
迷う事ありませんよ。

お母様は何にもわかってませんね。
家族ってもの、サザビーちゃんララちゃんの事が
腹立たしく感じました。

お母様へ
家族を引き離すようなことは
しないで下さい。
ayaさんの願いを壊さないで!!

お兄様、どうかサザビーちゃん、ララちゃんを
守ってください。

Posted by ゴン母 at 2007年05月03日 02:39
皆さんのコメントを読んで お兄さんの気持ちは固まったでしょう。せっかく ララちゃん サザビーちゃんが笑顔を取り戻したのです。
Posted by M&S at 2007年05月03日 03:56
サザビーはお母様のことも好きなのかもしれないけど、
でも犬だって猫だって、物じゃないんだから、感情があるんだもん、
また家族が変わって、住む環境も変わって、なんてかわいそすぎ。
今のサザビーの幸せな笑顔を守ってあげてください!
何より、サザビーが一緒にいたいのはお兄様だと思いますよ☆
そんなの、サザビーが言葉がしゃべれなくたってみーんなわかってますよー!
Aさんがサザビーたちを託した相手がお兄さんだったっていうのが何よりの答えだと思います。
お母様もいろいろな気持ちがあるんでしょうけど・・・、お兄様頑張ってください☆
Posted by miki at 2007年05月03日 05:00
Y様お久しぶりです!

久しぶりに読ませて頂き
大変驚きましたが絶対に
サザビーちゃんとララちゃん
を離さないで下さいね☆

2人とも
言葉は話せませんが
環境が変わる事こそが
彼女達には一番の苦痛です
Posted by 蘭ママ at 2007年05月03日 05:33
いつも読み逃げでした。すみません・・・
でも、初コメさせてください。

お兄様が渡せないって思っているならやっぱり
きっぱり「NO」と言ってほしいです。

だって・・・
Ayaさんとサザビーちゃんとララちゃんの3人で
暮らすはずだった
お家もできるんですよね。
サザビーちゃんもお家ができるのを楽しみに待ってるはず。

思い出いっぱいの土地にできる新しいお家に
お兄様、サザビーちゃん、ララちゃんの
3人生活が始まるのはステキだと思うんですが、
もしそこにお母様が・・・ってやっぱり違うと思うんです。

なんかうまく伝えられないんですが、
お兄様と一緒にいるときのサザビーちゃんとララちゃんは
Ayaさんと一緒にいるときと同じ笑顔に見えます。

だから、お兄様 頑張ってください

長々と・・・すみません・・・
Posted by のあぽて at 2007年05月03日 07:33
執事さんを信頼し、今の生活を楽しんでいることは二人の笑顔が物語っています。

笑顔を取り戻した二人にこれ以上の別れは経験させないで・・・
Posted by leonmama at 2007年05月03日 07:48
みなさんへ
こんなにぎょうさんコメントをいただきありがとうございます。
メッチャ嬉しいし心強いですわ。
人間は毎日一人で悪者扱いされとるとホンマは何が正しいんか良うわからなくなってくる・・・・
終いには攻撃してくる連中と関わり合いになりとうなくて妥協してまう生き物やさけ
今回は読者のみなさんに後押しされた感じがして助かりました。

ホンマは「どないしたらいっちゃんええのか?」なんて答えは出とるんやけど
なんせAyaの実のママ言うても、わいも子供ん頃に世話になったおかんやからのう。
そやからなかなか正論を言い出せへんのや。
それはきっとどこかで肉親やないから遠慮しとる面もあると思うんよ。
もしわいがAyaのおかんの立場やったら、どうしたかなって考えたり、Ayaの残したもんを
全部独り占めしとる形を周りはどんな目で見とるんやろうって思うたり。。
考え出すときりがないさけ、客観的に見れん当事者のわいよりも
読者さんの方がええ解決法を伝授してくれそうな気がしたんや。
なんせここの読者さんは年齢層が高いさけホンマのおかんを職業としとる人もぎょうさんおるしのう(←人生の先輩っちゅう意味やで、怒るとこやないで!笑

ただ意外やったんは全員が同じ方向の答えやった。
何人かは「おかんの味方のような答えもあるんやないか?」と思うたんやけど、
今回はそれが全くなかったんよ。
それはそやろうね。
きっとこれは正論やから、正しい答えやから、反論意見はなかったんやと思う。
でも世の中は正論でも無理押しすると嫌われんねん。
相手の気持ちとか後々のしがらみを考えて決めなあかんのや。

ホンマにめんどいのう(笑

けどそんなこともあるさけ、こうして読者のみなさんの意見を聞けたんやから
これはこれでよしとせなあかんのかもしれへん・・・・

ひとりひとりコメントしたいんやけど時間の都合で出来まへん。。すんまへん!
けど全部読んでますわ。
こん読者の中にはわいよりもサザビーとの付き合いが長い人もぎょうさんおるさかいに、
ちゃんと読者のみなさんの意見は参考にしていきたいと思います。
もちろんまだまだ問題は山積みなんやけど、こんなんで身内?ともめるんは悲しいことやし
Ayaも喜ばんことやから、なんとかお互いが納得できるような解決策を見つけます。

コメント&メールをくれたみなさん、ホンマにおおきに!
Posted by Y at 2007年05月03日 08:00
ごぶさたしてます。
すっごく乗り遅れた感があるけど・・・(爆
もちろん、私もみなさんと同じ意見です♪
不安や迷いは常にあるモノだけど、妥協はやっぱりして欲しくないな。
応援してますよ〜!!
Posted by YUCCI at 2007年05月03日 08:58
欲しいもんは通帳でもカードでも何でもくれたるわ。
けど・・・・
サザビーとララと土地と車は渡せへんのや。

このせりふ。兄ちゃん、男前やんか。
なかなか言えんよ。
ayaさんから受け継いだ物や信念は、僕たちも一緒に
受け継いだもんやから(通帳は受け継いでませんが)、しっかり守ってあげて下さい。
そして、果たせなかった夢、かなえてあげて下さい。
その夢、僕たちの夢でもあるんよ。兄ちゃん。
Posted by ぞ〜いのとうちゃん at 2007年05月03日 09:30
いや〜遅くなちゃった..

お兄様、相手が身内だと思うから思ったことがいいにくいんじゃないですか?
もめるのがいやじゃ〜‥と考えないで、ここは正直にお兄様の気持ちを話すべきだと思います。
お互いが納得いく解決策、なぁ〜〜んてないですよ。

 娘たちはわたさん!!

これでどうでしょう〜〜?
がんばってね!  
Posted by らん丸ママ at 2007年05月03日 09:47
お兄様の苦悩(?)お察しします。
正論は正論で正しいことですが、人によっては、立場によっては正しいことにはならないんですよね。
そのことが良くお分かりになっているので、悩んでしまうのですよね。
肉親が絡むとむげに出来ないだけに煩わしい感情が生まれるのは 仕方ない事かもしれません。
こういうときは「せいては事を仕損ずる」の諺どおり時間を掛けるのが一番の解決方法だと思います。
相手が自然に諦めてくれるのを待つのも1つの解決策だと思います。
やっとサザビーちゃんが心から安心できるようになってきたところですもの。
今の環境がやはり彼女たちには一番だと思います。
最近ララチャンの出番が多くて嬉しいです。
これからも楽しみにしています。ムリせず頑張ってくださいませ。←ムジュンしてる・・・・・・・ムクク
Posted by ショコマンマ at 2007年05月03日 10:51
Aさんのお母様にはお兄さんも子供のころ
お世話になったとのこと。お母様はお兄さんの
性格をよくご存知だと思います。だから
お兄さんがサザビーちゃんとララちゃんを
渡さないと言って、お母様との間がこじれたと
しても、時間とともにお母様もお兄さんの気持ちが
わかるようになるのではないかと思います。
それにはお兄さんの気持ちを誠実にお話したほうが
いいと思います。その場ではお母様はカッと
なるかもしれませんけど、時間が解決することが
多いのも事実ですよね。態度は毅然と言葉は
選んでお母様と話し合われたらと思います。
Posted by 小枝子 at 2007年05月03日 12:12
初めてコメントします。双方に言い分・考えがあるんだと思います。ママさんも寂しいからだけじゃなく、AYAさんを偲んでサザビーを引き取りたいと思った部分もあるでしょう。だけど、AYAさんがどうしたかったかじゃないですか?ママさんにサザビーを託したいと考えたなら、はじめからそうしたでしょ?それをしなかった。それが、答えだと思います。サザビー達を守れるのはお兄さんだけです。がんばってください。
Posted by SUI at 2007年05月03日 20:04
AYAさんとの別れ。。サザビー、ララちゃんは悲しかったと思う。同じ悲しみを味あわせないであげてくれ。

ゾンビは恐ろしいで。。


時間より心や!!
Posted by ぽんた at 2007年05月04日 15:09
 
来いにゃ!暑い1日