2010年02月28日

Merry Dog

Merry Dog

ここは千葉にある「Merry Dog」さん。
今日はお友達が心配してくれて、サザビーのお見舞いをかねて集まってくれました。


Merry Dog

状態がすべて改善されたわけではないため、顔見せ程度の参加でしたが
それでも外出好きなサザビーにはちょっとしたストレス解消です★


Merry Dog

めっちゃ嬉しそうな視線の先には・・・・・?


blogranking
blogmura

  ヒマなので続きを読む

Posted by the_later_sazaby9966 at 22:25Comments(44)

2010年02月27日

春の嵐★

春の嵐★

記事が前後しますが・・・・・
千葉は春の風が吹いて、気温も一気に16度前後。


春の嵐★

この日(24日)は2度目の花時計。
サザビーもかなり慣れてきた様子です。


blogranking
blogmura

  ヒマなので続きを読む
Posted by the_later_sazaby9966 at 13:18Comments(31)

2010年02月26日

縫合・・・

縫合・・・

今日は病院、前回の背中の縫合の後の診察です。
膿がひどく皮膚が壊死している上に、アルブミンが足りないせいか
なかなか傷口が癒えない現状です。。


縫合・・・

痛々しいけれど、瘡蓋と膿を取り除いた後、再び縫合をしてもらいました。
表面麻酔を使用しても、その間は痛そうです・・・


縫合・・・

けれど血液検査の結果ではタンパク質の数値が、最小でも正常値になりました。
ヘマトクリット値は横ばいですが、胃も腸も炎症を改善している状態なので
徐々に上がっていければとの事でした。
さらに腎臓、肝臓の数値も平常値を示しています。

とりまえずは一安心なんですが・・・・・


縫合・・・

だいじょぶか・・・?

やはり背中が痛いのでしょう。。
熱を持っているし、膿も酷い・・・
化膿している部分が早く再生できますように。




blogranking
blogmura

  
Posted by the_later_sazaby9966 at 20:43Comments(35)

2010年02月25日

あなたに届くまで・・・37

あなたに届くまで・・・37

今日はサザビーがお休みなので、久々に上げておきます。
約一か月ぶりですが、37は原文の中盤の5記事による総集編になっております。
残り3話で【中編】が完結となりますので少々急ぎ足になりますが、ご了承ください。
なお【あなたに届くまで・・・】の製品版には、原文のまま全て収録されていますのでご安心ください。


あなたに届くまで・・・37

今回の更新は夜になりますが、暇な時にでも読んでくださると幸いです。

※お問い合わせ頂いた【あなたに届くまで・・・】の在庫はありますが、ノーマル版のみになっております。
同時発売されたクリスマスセットの配送は終了いたしました★
ノーマルセットの配送予定はまだ決まっておりませんが、キャンセルも可能です。
今後も通院生活が暫く続くため、何卒ご了承ください。
お待ちさせて申し訳ありません。


blogranking
blogmura

  
Posted by the_later_sazaby9966 at 14:52Comments(15)

2010年02月24日

安堵★☆★

安堵★☆★

気温は15度前後、4月上旬の陽気だった。
暖かいっちゅうか、僕たちには暑いぐらいです。

でも・・・

blogranking
blogmura


  ヒマなので続きを読む
Posted by the_later_sazaby9966 at 11:57Comments(65)

2010年02月23日

サザビー・・・

サザビー・・・

春のような陽気の中、今日もサザビーと一緒に検査に行きました。
前回はタール便の後の検査でヘマトクリット値が2%も減少・・・・
1%ずつ積み重ねてきた彼女の努力を壊してしまった。

だから今日の検査は心配だったんだ。


サザビー・・・

タンパク質の数値は若干下がったけれどアルブミンの数値は維持。
そして肝心の血液の数値は・・・3%も上がっていた。
胃腸を悪くした逆境の中でも、彼女はしっかり数値を上げてきました。

この時、強いのはサザビー・・・・・
そして弱いのは飼い主である自分だってことに気がついた。
当り前か、そんなの。。


サザビー・・・

背中の傷が広がったため表面麻酔で一時的に縫合。
痛々しいけれど、タンパク質が増えて繋がれば、きっと良くなるよ・・・

次回の診察は週末の金曜日、それまでに化膿している部分が治りますように。


サザビー・・・

サザビー
「ご褒美・・・?」

うむ、診察室で痛かったのに頑張ってただろ。
だからご褒美が、待ってるんだ。


サザビー・・・

こんなに晴れて暖かい日差しの祝福は、僕らにとって本当にご褒美だった。
だからサザビーを抱っこしたまま、坂を駆け上がって、



サザビー・・・

ゆっくりと芝生の上に下ろした・・・



サザビー・・・

サザビー・・・

誰かが呼んだ気がした。
戻ってこれた。

そしたら涙が出た・・・・・





blogranking
blogmura

  
Posted by the_later_sazaby9966 at 16:24Comments(86)

2010年02月22日

ねるねるねるね★

ねるねるねるね★

サザビー
「もうドッグフードなんかいらないも〜ん・・・」

療法食に飽きたのか、サザビーは食事を摂りません(汗
胃や腸が良くなるまでの辛抱ですね。。
けれどおかげですっかり便の様子も良くなってきました。


ねるねるねるね★

サザビー
「だからふてねでねるね。。」

うむ、今日は病院もお休みだからゆっくりねるねるねるね(・∀・)
もうちょびっと頑張ってな・・・・・





※みーしゃにコメントをくれた皆様、ありがとう★☆★

  
Posted by the_later_sazaby9966 at 11:37Comments(37)

2010年02月21日

シーソーゲーム

シーソーゲーム

タール便で血液の減少は否めないと落ち込んでいたところ、検査結果は・・・
ヘマトクリット値の数字は僅か−2%にとどまってくれていました。
これは不幸中の幸い、ホッとしたのもつかの間、今度は驚きの数字を目にします。
まさに予想外の数字がタンパク質・・・・・

なんとタンパク質の合計数値が標準値の5に一挙に上がっとる!

あれだけ何しても中々上がらなかった数値がいきなり標準値に戻った。
ササミでお腹を壊し、タール便で血液を減少させたのに
仮にそのササミがタンパク質を上げ始めたのだとしたら、何とも皮肉な話です。
でも、この際タンパク質の数字が上がれば理由は何でも良いわけで。


シーソーゲーム

結局タール便についての診断結果は、やっぱササミがあかんかったようです。。
通常のワンコにはお米やうどん、ササミなんかはタンパク質補給にめっちゃええらしいんやけど
今回のサザビーの胃にはまだちょびっと早かったようです・・・


シーソーゲーム

すまんのう、サザビー・・・・・
代わりに明日の病院はお休みや、のんびり体力を蓄えよう。
そう言えば1つ下のお友達のみーしゃも病気と闘っとるらしいぞ。

みんな早くようなって、また一緒に遊べるとええな★


シーソーゲーム

行ったり来たりのシーソーゲームのような毎日やけど、だいじょぶ!
きっと皆、頑張ったら頑張った分だけ、かならず良くなると信じてます

頑張れみーしゃ
頑張れサザビー





  
Posted by the_later_sazaby9966 at 14:38Comments(36)

2010年02月21日

原因は・・・

深夜2時過ぎ・・・・・
昨晩、焦げ茶色のタール便を3度目をしてから約7時間後、
ようやくサザビーは便意をもよおして、ペースト状の便をした。
色は茶色・・・・・


原因は・・・

タール便は治まった??

口を気持ち悪そうにパクパクしていたのが、吐き気とするのなら
焦げ茶の便は胃の容態から来る一時的なモノだったのかもしれない。
とするのなら原因は・・・・・


原因は・・・

サ サ ミ だ ・・・


大きな理由の一つとしてサザビーが最後にタール便をしたのが午後7時。
そこから一切水も食事も与えていない。
最後に食べた食事がドッグフードだったため、それが今ペースト状になって排便されたとすれば
それ以前に食べて消化し切れなかったササミが、体内から全て排出された今回のタール便だったということになる。


原因は・・・

何にしても下痢は止まりかけているのでしょう。
けれどこれで再び血液は減った可能性が高い・・・・・

すまない、サザビー





※コメントで助言や応援してくれた方々、ありがとう。  
Posted by the_later_sazaby9966 at 03:01Comments(30)

2010年02月20日

再び出血

再び出血

突然サザビーがトイレでタール便をした・・・・・
それは紛れもなく一番最初に見たものと同様。
まさか元に戻った??


再び出血

少々鉄分の匂いがした。
可能性はササミ?しかし量は少量でかなり柔らかかったはず。
単なる下痢なら良いのだけれど、便の色は間違いなく焦げ茶色の液体。
今夜は薬以外、もう水も食べ物も与えられなくなった。

最悪なら、また明日病院で検査、点滴になってしまう。


再び出血

心が折れそうだ・・・・・
何でサザビーはこんな目に遭うんだろう。

せっかく作り始めた血液が、また流れてしまわないように!




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 18:58Comments(54)

2010年02月20日

ひさびさササミ

ひさびさササミ

サザビー
「ササミは〜?」

ちゅうこって昨日の続きです(汗


ひさびさササミ

約3週間振りのササミです。
腸の容態が完治したわけではないので、茹でた柔らかいササミを用意しました。
味は付いていませんが、それでもサザビーには久しぶりのご馳走です。


ひさびさササミ

サザビー
「ササミは〜?」

まあ持ちつけ、いまやるさかいに・・・(汗


ひさびさササミ

量は少なく、指で裂いて与えました(・∀・)ノ
さあ、ひさびさササミ、心して食ってくれ・・・・・


ひさびさササミ

サザビー
「あ〜〜〜ん・・・」


ひさびさササミ

サザビー
「はむっっ!!」

・・・・・っと、ととと


ひさびさササミ

サザビー
「がるるるる〜!」

そ、それ指だから!(痛


ひさびさササミ

サザビー
「満足・・・♪」

その後はひさびさのシャンプー。
背中の傷に触れないようにしてじっくり洗いました。
まだまだ貧血は続いているようなので今日も部屋でお休みです。。

※明日行われる神奈川インターには行きません(汗
メールでのお問い合わせの皆さん、すみません(汗
でもお友達連中は行くそうなので、お近くの方楽しんできてください★
また次回のショー会場でお会いしましょう〜




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 11:52Comments(28)

2010年02月19日

smile★

smile★

サザビー
「さあ、行こうぜ・・・・」

病気になる前は寝ている時間だった午前中。
けど最近はこんな目で病院に行く時間を教えてくれる。
確かに2月になってから通院はライフワークのようになっとるもんな(汗

良い結果を期待していざ出陣です。


smile★

タンパク質の数値はほぼ変わらず・・・・・
この数値の低さが「背中の傷口」や「腸の炎症」の回復を遅れせている。

ただ・・・・・・
血液の数値は、また僅かながら1%増えた★
たった2日で減少することもなく、逆に1%増えたのです。
この数値はサザビーの骨髄がまだ死んでいない証拠になる大きな希望です。
子宮の様子も核が収縮しつつあって、これも信じられない結果です。

週末は先生が学会で留守のため、場合によっては点滴や輸血の準備もしていたのですが
今回も前回同様、月曜日(3日後)まで様子を見ることになりました。
食事の方も徐々に療法食からタンパク質を多く含むご飯に変えていきましょうとのこと。

本当にここまでよく頑張ったよ、奇跡だ・・・・・


smile★

サザビー
「・・・・・・・」

病院の帰り、車に乗ったサザビーから視線を感じてふと思った。
きっと今まで言葉が話せなかったから、めっちゃ苦しくて辛かったんだろうなって。
毎日の点滴や輸血、ほんまによう耐えて頑張った・・・
今日は20日振りにササミが食べられます。

そんなことを思って久々にイチデジを向けてシャッターを切った瞬間・・・・・


smile★

smile★☆★

これぞサザビースマイル。
本当に数週間ぶりに見せてくれた笑顔でした。

これも皆さんが応援して励ましてくれたおかげです。
なんて書かなくても視線でわかりますよね?


smile★

サザビー
「ササミはどした・・・?」

そ、それも言わなくても視線でわかるって。。(汗




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 16:13Comments(79)

2010年02月18日

1%

1%

朝、多少貧血が残る体やったけれど検査の事がわかるようなサザビー・・・
ふらつき気味やったけれど自分でベランダまで歩いてきた。


1%

3日ぶりの外。行き先が病院だとしても気分転換になるわけです。
ドア越しに前足でしっかり掴まれるほどに体力も回復中・・・・かな。

さて検査結果です。


1%

輸血から5日後。前回はこの辺りからヘマトクリット値が一気に減少した。
けど今回は僅かやったけれど1%上昇!
たった1%でもめっちゃ嬉しかった。数値が落ちるよりは現状維持程度でも十分。
その他の数値も若干やけど少しずつ上がり始めた・・・・・

この2日間、点滴を止めても数値が上がったということは確実にサザビー自身の体内で
血液やタンパク質が作られているということの証明になる。
それがたった1%だとしても、です。

頑張ったね、サザビー★☆★


1%

この日の診察は検査のみで点滴は無し。
おまけに次回の検査も1日開けた金曜日に変わった。
すぐに家へ帰れることに喜んだのでしょう・・・・・
サザビーの表情もだいぶ以前の感じに戻ってきた。


1%

たった1%でも一喜一憂するほど、今までは体調が思わしくなかったけれど
ちょびっとずつでも上昇してくれれば可能性は見えてくるはず・・・・・・

まだ早いけれどいつか来るそんな復活記念に特性ナンバープレートを作ってみた★


1%

装着してみた★☆★
これでまた通院じゃなくて普通のドライブに沢山いけますように・・・・・

・・・ってこのままじゃ走れないけど(汗




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 13:36Comments(72)

2010年02月16日

慣れ・・・

慣れ・・・?

サザビー
「なに、それ?」

うむ、どうやら・・・・・


慣れ・・・?

お前宛のお見舞いらしいぞ(・∀・)ノ
送ってくれた皆さん、ありまとう★☆★


慣れ・・・?

サザビー
「こっちに持ってこいよ」

そっか、まだ貧血気味やから動けへんしな(汗
ほれ。。


慣れ・・・?

サザビー
「開けろよ」

・・・・・・・・・(汗

闘病生活に慣れてもうたようで、めっちゃわがまま。。orz
明日は大事な検査だっちゅうに慣れとは怖い(汗


慣れ・・・?

他にもお見舞い等の贈り物をくださった皆様、本当にありがとうございました。
明日は3日振りの病院ですが頑張ってきますね★☆★




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 21:36Comments(47)

2010年02月15日

連休です

連休です

今日も1日点滴はお休みで、サザビーと一緒に過ごしています。
ほんまに久々の連休・・・・・ですね(汗

容態の方は血便は治まったものの、便の回数が小刻みに20回近く。。
しぶりの回数も多く、やはり腸に問題がありそう。
ちょっとしたトイレの度に起きていたら、サザビーもゆっくり休めないよね。
何とかならないものか。。


連休です

かといって食欲の方は腹痛が起きなければ旺盛。
ただお腹が痛そうな素振りを見せると、数分間は食事を摂りません。
薬と1日分の栄養は足りいるのですが、見ていて痛々しいです。
後は明日以降の血液検査の数値をみてから決めたいと思います。


連休です

さてこちらは水滴が作ったサザビーのロゴ文字。
1日中サザビーから離れられずに部屋に缶詰のため作ってみました。
(クリックするとたぶん拡大します)

で、どうせなら・・・・・・・・・・・


連休です

こんなのも。。

ちゅうこって本日だけやけど毎日応援してくれた皆様に何もお礼が出来ませんので
先着50名様にこの金ピカ文字をjpegファイルでプレゼントします。
欲しい方は「作りたい文字(英語・ローマ字表記のみ・文字制限30文字以内)」をご記入の上
コメント欄より申し込んでください。
簡単なので遠慮しないでね(メアドは要りませんよ〜)


無料企画は終了しました★
参加して頂いた皆様、ありがとうございました。


コメントを書き込んでくれた皆様のデータはこちらにアップされていますので、ダウンロードされてくださいね。

※文字画像の順番は本日のコメント順になっております。




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 10:40Comments(70)

2010年02月14日

今日の彼女は・・・

今日の彼女は・・・

14日の午前中の検査結果は一長一短でした。
全体のバランス的には安定して良かったけれど、両手を上げて喜ぶべき数値には遠い。


今日の彼女は・・・

点滴をしていても中々上がらないタンパク質、中に含まれるアルブミンの値も同様に下がった。
電解質の数値はほぼ変わらないけれど、いちお点滴のおかげでキープしているといったところか・・・・
それでも下がるはずのヘマトの値が僅か1%やけど上昇した。
今のサザビーには、この1%が非常に大切で、また前向きにさせてくれる数値やった。
「誤差でも何でもいい」なんて考えてまうのは正直、気持ちが追いつめられとる証拠かもしれへんな(汗


今日の彼女は・・・

この日は再び点滴をお願いして月曜日に予定されている手術の判断は、点滴後の検査を見て
改めて決断することとなりました。

ここまでくれば仮に数値が下がっても「点滴・輸血」で望む気持ちが芽生えて
更に上がった場合は「今がピーク」と考えて手術に向かう気持ちを後押しするような気がしました。

しかし・・・・・・・・


今日の彼女は・・・

半日の点滴後の検査数値は、なんと変わらず。。
判断基準をいくつか用意すると、まったく持ってその予想を裏切ってくれます(汗
ポジティヴに考えれば数値が落ちることなく安定していると見るべきでしょう。
ただ点滴してもタンパク質等の数値が上昇しないのなら、体調は下降気味と考えるべきか、非常に迷うところです。

幸い子宮の大きさは核が太くならずに、逆に縮小・・・・
いずれ摘出は必要とはするものの、緊急性はちょびっと回避できました。


今日の彼女は・・・

こうなると手術の判断は全て結果論、コインの表裏のような確率です。
でもここまで頑張ったのだから、緊急性が薄れたと仮定すれば1日、2日様子を見ても
今後の治療における致命的な判断ミスには繋がらないと思います。
先生も「この傾向なら、今は焦らなくても体調の上昇を待った方が良いのでは?」とおっしゃってくださったので
数日間分の薬を頂いて、家で体を休め再び17日に検査を行い手術の判断を仰ぐこととなりました。


今日の彼女は・・・

食欲は旺盛やけど、時々お腹が痛そうなしぶりも見せます。
腸の炎症も完全に治ったわけじゃないのかもしれません。
背中の痛みもあるでしょう。
お風呂だって入りたいはずです・・・

それでも・・・・・・・・・・・・・


今日の彼女は・・・

今日の彼女は綺麗です。






※現在の状況により【あなたに届くまで・・・】【10年後に生き返ったら・・・season 2】【chaisa】等の配送が著しく遅れてしまいます。
もし上記の商品の返金を希望されるお客様は、お手数ですがメールにてご連絡ください。
直ちに予約を取り消してご返金させていただきます。

お待ちいただけるお客様は、サザビーの容態の回復以降になりますが
商品の変更はなく配送させていただきますのでご了承ください。
誠に申し訳ありません。  
Posted by the_later_sazaby9966 at 11:41Comments(52)

2010年02月13日

めっちゃ奇跡

めっちゃ奇跡

みぞれ混じりの雪やった・・・・・
病院に行く足取りも重くなる。

とりまえずは血液検査を祈るような気持ちで行った。


めっちゃ奇跡

タンパク質、アルブミン、ヘマトクリット値の数値が上がっていた??
これは昨日の誤差か、夢か、はたまた奇跡か・・・・?
上がらない数値が突然上がり始めた。
血液はサザビー自身の体内で僅かながら作られていて、それがようやく数字になって表れてきた?
・・・・・・・・ぐらいしか考えられないわけで。。

気になる子宮蓄膿症の核の部分の膿も増えるどころか、以前よりも核が細くなっていた。
何か有り得ないことだらけやけど、サザビーは元気だ。
もしこのまま数値が上がっていければ、月曜日の手術も体調が整うまで待てるのに。


めっちゃ奇跡

その判断は明日の検査結果以降に持ち越しとなった。
だって毎回ぬか喜びした途端に奈落の底に突き落とされるんやから(汗


めっちゃ奇跡

点滴後、先生が人口の膜を貼ってくれた。
これで少しは背中の膿も治まるかもしれない。
完治は当分先になるらしいけど・・・・・・・


めっちゃ奇跡

しかしサザビー、凄いな。
お前の体調は過去のデータにあまり当てはまらないみたいでヤキモキする(汗
けど体調は良さそうに見えるし、便も次第に固まり始めてきた。
後は血液とタンパク質の数値の上昇だね。
今日も半日分の点滴を打ってきたので、血液の数値は減少する可能性が高いけど
今は食欲もあるし、何といっても・・・・・


めっちゃ奇跡

この生命力・・・・・・・・
めっちゃ奇跡だ。。







  
Posted by the_later_sazaby9966 at 23:52Comments(109)

2010年02月12日

輸血、再び・・・

僕らは1月の終わりから今日まで、毎日同じ生活をしている。
「そんなの私だって一緒だよ!」なんて読者様もたくさんいると思う。
でもそれが闘病生活となるとちょびっとだけ内容は変わってくる。

船の舵を良い方向に向けて港が見えてくれば、ホッとするのですが
時々、嵐が起きて悪い方向に向いてしまうこともあります。
本当はあっちに行きたいのに、別な場所に流されてしまうこともあるわけで・・・

そうせざるを得ない時、その導きは神のみぞ知るってやつで(汗
誰にも文句なんか言えないんですよね。。


輸血、再び・・・

安定していたヘマトクリットの値が一気に落ちた。
1週間前に輸血したドナーの血液が、そろそろダメになってしまったようです。
現在の値は15%〜17%・・・・見た目にはそれほど進行していないように感じましたが
2度ほど検査しても数値はこれが現実。
サザビー自身が値を作ってはいても、あれだけ出血した後では追い付かないのが現状か・・・・
その他、タンパク質の数値やアルブミンの数値は上がってきたのだけれど
あちらを立てれば、こちらが立たずの繰り返しです。
この予想外の検査結果の数値に、僕らは再び輸血をお願いしました。


輸血、再び・・・


先週、皮下注射をした箇所が、徐々に崩れ始めた皮膚。
薬品が体内に上手く浸透できなかったのか、体が拒否したのか、
血液の循環の悪いせいもあったのでしょう・・・・・・
サザビーの背中の一部分の皮膚は壊死しました。
被毛は抜け落ちて、徐々に陥没していきます。
タンパク質が減少しつつある体では、再生するのにも時間が必要です。

仮に手術する場合は、この症状が一番怖いのです。
つまり縫合した後、その箇所がなかなかくっつかない・・・・
そうなれば腹膜炎を起こしかねないわけで。

今のサザビーにはそれが死に繋がる危険性が高いのです。


輸血、再び・・・

1つ計画が崩れると、ドミノ倒しのように次々と連鎖反応を起こしたりします。
それでも輸血後の結果には期待していたのですが・・・・・・
数値の増加はわずか3%〜5%にしかなりませんでした。

何が根本の原因かは未だにはっきりしません。
腸も脾臓にも問題はあるでしょう。炎症があれば、それも問題点の1つでしょう。
けれど卵巣にも問題はあるかもしれません。
子宮蓄膿症は前回の同じ程度の膿が溜まっているだけで、ほんの僅かですが
緊急性は回避されたように感じます・・・・・
しかし何もしなければ、再び血液が減少して輸血の繰り返しになります。
その都度、リスクは上がっていき、今のままでは最終的にはどうするの?という壁にぶつかるわけです。

とりまえず卵巣を摘出、その際に腸、脾臓の目視で異常を確認するしかないのかもしれません。
この悪い状態で行う手術は、もう子宮蓄膿症がメインではないのかもしれません。
他の個所を調べる最後のチャンスかもしれないということです。
要はあらゆる箇所に疑いを持って臨まなければ、取り返しがつかない状況に追いつめられました。

最初は貧血、腸から来る血便でしたが、仮に腸の炎症を収めるためにステロイドを使用したとします。
そこで炎症が完全に治って、それでも血液が減少しているのなら他の個所を手術するしかないのですが・・・・
このように段階を追って舵を取る時間があまりないのが現状です。
何故なら前回の輸血時後の容態のまま、体の数値が改善されればそれでも良かったのですが
今回のように悪化した場合、ストックしてある血液も残りは1回になっているため
いざ手術となった時の対処する血液も、再び新しいドナーの血になりリスクも増していくからです。


輸血、再び・・・

それでも内科的治療に拘るのか、もしくは外科的治療に踏み切るのか
こんな決断をしなければなりません・・・・・・・・・・・・・・・
僕はサザビーに何にもしてやれないのだから、せめて舵取りだけは最善の道を選んで
間違えないようにしなければいけないわけで。


輸血、再び・・・

見た目は貧血でふらつくことを除けば、本当に元気です。
本当に本当に血とタンパク質が足りないだけ・・・・
食欲もあるし、時々笑顔にもなります・・・・
だから、こんなことで死なせるわけにはいかないんです。

めっちゃ重い内容になってしまいましたね。
せっかく来てくれた皆様に毎度毎度申し訳ないです。。m( __ __ )m


※メールやコメント欄で応援してくれてる皆様、いつもありがとう。
ひとりひとりお返事が書けない状態なので、質問や疑問に関しては
あとで記事でアンサーとして答えておきますね。
ご心配をおかけして本当に申し訳ありません。





  
Posted by the_later_sazaby9966 at 20:12Comments(70)

2010年02月11日

2週間前・・・

2週間前・・・

今日は1日休養日。
外はめっちゃ寒かったのでちょうど良かったのかもしれません。


2週間前・・・

昨日の記事にお散歩仲間のばふままさんからコメントがありました。
そういえば最後に花時計に行ったのが約2週間前・・・・・
その時はばふくんもぎんちゃんも28もマリアンヌちゃんも皆、みんな居たっけ。


2週間前・・・

その時、みんなと一緒にオヤツをもらっていたサザ夫が、一瞬笑顔でこっちを見て
自分と偶然眼が合ったんですわ。
なんちゅうのかな、虫の予感とでも言うのかな・・・・

「こんな笑顔がずっと見れるといいのに。。」

なんてふっとネガティヴな妄想が脳裏を過ぎったんです。
その日の晩から今日までの間、サザビーはあの公園で皆と遊んでいません。


2週間前・・・

サザビー
「また散歩に行ける?」

いけますとも・・・・・・
また皆と一緒に遊ぶんだよ。


2週間前・・・

そのためにがんがってるんだからさ。



※沢山の励ましのお言葉、ありがとうございます。
お手紙やメールをくださった皆様も感謝しております。

でも書き込み等、無理しないでくださいね(・∀・)ノ






  
Posted by the_later_sazaby9966 at 19:05Comments(78)

2010年02月10日

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

午前中に病院へサザビーを運んだ後の検査結果はこんな様子でした・・・

何とヘマトクリット値は24%のまま、血液は一定の濃度を保っていました。
しかし総タンパクの数値とアルブミンは減少していく一方です。
ましてや電解質も下がっていく傾向にあるという結果でした。

色んな箇所が悪すぎる・・・

それでも便は改善されつつあるし、血液の減少も現状維持のはず?
なら何故、早朝に体調が悪くグッタリしていたのでしょう・・・・
サザビーは腸や下腹部を診断すると痛そうな素振りを見せる。
恐らく痛みが伴っていたのかもしれません。


子宮蓄膿症

口がきければ、いいのに・・・・・

結局、今日1日タンパク質も含めた点滴を行ってもらいました。
その間、自分も栄養ドリンクで点滴です。
長い闘いは当分終わりそうにないからです。


子宮蓄膿症

夜、病院に迎えに行ったサザビーは今朝がたよりも元気そうに見えました。
食事も病院内ではキチンと摂るそうです。
まあ自宅では少々の甘えもあるのかもしれません、とのこと。
ただ今日は以下のようなお話を聞いてきました・・・・

子宮蓄膿症

いつかそうなるかもしれない?と思っていた病気です。
エコーで確認すると子宮にある子宮核の部分に膿が溜まり、若干太くなりつつあるとのこと。
いつ一気に膨れ上がるかわからない危険な状態です。
僕は前回の記事内でこんなことを書きました・・・

栄養が足りないのなら点滴を打とう
血が足りないのなら輸血をしよう


そしてタンパク質も足りないのなら、血清を打てば・・・・と考えていました。
しかし子宮蓄膿症は外科手術でしか治療できません。
つまり選択肢は1つ、早急に手術を行うことです。
この弱っている状態でも、です。

明日は再び休息日を頂きました。
明後日に再び検査を行い、場合によっては「手術に向けた処置」を行うかもしれません。
(※「手術に向けた処置」とは輸血、及びタンパク質の補給等です)


子宮蓄膿症

どうする、サザビー・・・?
いや、どうしたい・・・??


子宮蓄膿症


本当に口がきければ、いいのにね・・・・・









  
Posted by the_later_sazaby9966 at 23:43Comments(75)

2010年02月10日

変化。。

変化。。

昨日は部屋でのんびり過ごした。
サザビーも貧血気味やけど次第に動けるようになってきた。
時々トークを挿して呼吸を楽にしつつ、睡眠も摂れたはずだった。

i/d(特別療法食)も1缶の2/4まではぺロっと平らげていたのですが・・・・


変化。。

突然、3食目を残した。
1回の食事の分量は1缶の1/4程度・・・・・

その後はトイレに行くが便は出ない。
何かをもよおしている様子でした。
ちなみに9日は嘔吐は無し、便は2回ほど下痢気味ですが血便ではありません。


変化。。

早朝5時・・・・・
サザビーは部屋をうろうろと徘徊して、上半身が小刻みに震えます。
これは思い出したくない初期の状態、つまり血液が減少した最初の頃の症状にそっくりでした。


変化。。

点滴を止めたせいでしょうか、もしくは再び血が足りなくなったのでしょうか?
仮に血液の量が原因だとすれば、出血も治まりかけたこの時点での貧血は
やはり体内で血が作れないことを意味することになります。


変化。。

だいじょぶ、今日は朝から病院に行こう。
栄養が足りないのなら点滴を打とう。
血が足りないのなら輸血をしよう。
治るまで何度でも繰り返すのは、そんなに難しいことじゃあない。

サザビーの苦痛を取り払えるのなら、容易いことでしょう


ごめんね、皆さん、朝からがっかりさせて。
でもサザビーは頑張ってます。







  
Posted by the_later_sazaby9966 at 06:53Comments(64)

2010年02月09日

休息

休息

本日は休息日・・・・・先生から自宅療養を許されました。
サザビーはようやく約9日間ほど続いた点滴から解放されたのです。
こうしてスヤスヤ眠る姿を見ると、本当に安心しますね。


休息

現在の体調についてですが貧血は依然として続き、足元は大きくフラつくものの
「嘔吐・血便」はだいぶ治まって回復傾向にあります。
血液の量を増やすためにも今日1日、入院時のストレスから解放されて
自宅でのんびり体を休められるのは非常に喜ばしいことです。


休息

気になる昨日の血液の数値はヘマトクリット値に変化はなく、減少はありませんでした。
これは出血も止まり、ひょっとしたら血液を作り出しているかもしれない裏付けとなるかもしれません。
気になる点はやはりタンパク質の値です。
最低でも5は欲しい数値ですが検査の結果は3,6・・・・・
この数値が上がらなければ、手術に踏み切るわけにはいきません。
ただ点滴以外の通常の食事で栄養を補えるようになれれば、自然と上がっていく可能性もあります。

明日以降の検査結果次第では、この安堵も楽観的なのかもしれませんが・・・・


休息

けれどここまで回復できたのは、やはり病院のスタッフの方々や毎日応援してくれた皆様の力に他なりません。
もちろんサザビー自身の生命力の強さもあるとは思いますが、改めてお礼を言わせてください。

本 当 に あ り が と う ご ざ い ま す


休息

まだまだ完調は先やと思うけど、この後の治療や手術のために今日は充分休んでくれ。
お腹の調子もあるんで、あまりフードはあげられへんけど復活までの我慢やで!

の う 、 サ ザ ビ ー !


休息

サザビー
「さっきからうっせぇ〜んだよ!(怒」

・・・・・ちょ、ちょびっと復活かも?(汗



blogranking  
Posted by the_later_sazaby9966 at 09:26Comments(76)

2010年02月08日

選択・・・

サザビーの容態は順調です。
貧血による目まい、斜行は残るものの日一日と変化を見せてくれます。

選択・・・

前回記事で書きましたが、サザビーにはこの先2つの茨の道があります。
その一つは、体力が完全に回復しなくとも手術を行うこと。
この手術は卵巣を摘出する避妊手術です。

簡単に書いてしまうとサザビーの体内で血が作られなくなった原因は
白血病、もしくは何かが作用して骨髄が機能しなくなったと考えられます。
何日か前の記事で、読者の方がコメント欄で仰っていましたね。

サザビーは何か大きな病気なのでは?と・・・

白血病に関しては血液検査の結果から、その兆候は薄いとのことでした。
しかし卵巣から分泌される「エストロジェン」の多量分泌により骨髄が抑制される可能性があります。

【エストロジェン中毒 】
 発情ホルモンのエストロジェンは、主に卵巣と胎盤から分泌されますが、過剰に分泌されることによって、障害を起こします。雄では精巣の腫瘍によってエストロジェンの過剰分泌が起こります。脇腹、頸部、前胸部、背中、大腿部の脱毛、皮膚の色素沈着、角化亢進や苔癬化(象の皮膚のようになること)が左右対称に起こります。雌では無発情や持続発情などの異常発情、外陰部の充血、雄では生殖器の矮小化や排尿姿勢の変化などの雌化が起こったりすることもあります。エストロジェン過剰により骨髄が抑制され、貧血や白血球の減少、血小板の減少が起き、進行してしまうと元にはもどりません。

選択・・・

これは絶対とは言い切れないのですが、サザビーは一番この症状に近いのでは?という診断結果でした。
つまり日1日と病気が進行すれば、結局自ら血液を作ることが出来なくなるのです。
勿論違うかもしれません、もしくはもう手遅れかもしれません。
その術を知るためには、手術をして開かなければ答えが出ないのです。

さらに僕らに追い打ちがかかったのが、低タンパク欠症。
これは栄養不足で体内のタンパクが減少することにより、傷口が中々治らない状態になります。
血液検査の結果から、今のサザビーにはタンパク質が減少しつつあります。
仮に手術が成功しても、切った個所が繋がらない(皮膚等がくっ付かない)という問題が発生するのです。

輸血が済んだばかりで体力も完全じゃないままの手術・・・・・
上手くいっても術後には縫合した個所が繋がらない恐れもある。
これが1つ目の道です。

選択・・・

2つ目の道はこのまま状態を見ながら腸からの出血が止まるのを待ち
ヘマトクリット値が下がり始めたら再度輸血をしながら、何かのきっかけで
サザビーが再び自ら血を生成するのを待つという内科的な治療です。
安全策なのですが、「何かのきっかけで再び血を作る」という可能性は非常に低いとのこと。
輸血を何度も繰り返すこともリスクが増えていきます。
1日で約3%の値が減っていく状態では、すぐに元の貧血状態に戻ってしまいます。
それでも手術を先延ばしにするのなら、この方法しか残されていないのです。


実はサザビーにとって輸血が成功した喜びは、上の2つのステップに進む単なる通過点に過ぎないものでした。
この後の治療方針が一番の分岐点だったのです。
正直な話、ギリギリまで迷いました。
この状態で手術をすることは、サザビーにとってリスクが非常に高かったからです。
それでも放っておけば、また血液の量は減っていき、今度は立つことも出来なくなり
体内で血液が作られない限りは、最終的に手遅れになる可能性も高い・・・・・

選択・・・


で も さ ・ ・ ・



いずれにしてもいつかは切らなくちゃ、助からないとするのなら
手術を行うべきだって、サザビーも皆さんも納得してくれるよね。

こんなに応援してもらって、最後の最後の決断が間違ってしまったら全部自分のせいやけど
それもこれも全て助けるためだったのだから後悔はしないはずだと思います。
一晩考えて出した結論は、こういうものでした。

そして昨日の検査の結果です・・・・・

選択・・・

輸血後のヘマトクリット値は24%、この後点滴を受けたにも関わらず
7日の数値も24%のまま状態を維持していました。
通常点滴を受ければ、当然血液の濃度は薄まって数値は落ちるはずです・・・

この意味は、ひょっとしたら。。



血 液 を 作 り 出 し て い る ? 



あんなに可能性が低いはずの「何かのきっかけで再び血を作る」をクリアした??



選択・・・

もうちょびっと手術を待てってこと・・・・?
体力が万全になるまで、待てってことか。。


恐 れ 入 っ た ・ ・ ・ ・ ・ 


さすがAyaの子、わが娘。
感動しちゃったね・・・

今日も点滴を受けて、もう一度血液検査を待とう。
本当に血液が作り出されているのかを確認しないと・・・・

ほんまに毎日がジェットコースターに乗っているみたいな心境やけど
最後まで諦めなければ、何処かで活路は見出せるのかもしれません。




人は誰だってみんな幸せになれるようにできている・・・・

だったら、犬だって・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(あなたに届くまで・・・より抜粋)




皆様、本当に沢山のコメントやメール、お電話等の応援、ありがとう。
めっちゃ感謝してます。勇気づけられました。








  
Posted by the_later_sazaby9966 at 15:45Comments(102)

2010年02月07日

Back time

Back time

友梨ちゃん、来てくれてありがとうね★

沢山コメントで応援してくれた皆様、ありがとう。
当日応援に駆けつけてくれた皆さん、ありがとう。
そして治療に協力してくれたワンちゃん、病院の先生や看護師の皆さん、ありがとう。


Back time

サザビーは無事に輸血が完了しました。
大型犬のワンちゃんの血液はクロスマッチの検査で合うことが証明されて
今回を含めて合計3回ほどの輸血が可能なストックが摂取できました。

感謝。


Back time

血液検査の結果はヘマトクリット値の数字が輸血前の15%と比べて24%まで回復。
これは出血時、1日平均2〜3%ずつ血液が減少していたことを考えると
約4日程前の状態に戻れたことになります。
先生の狙いは25%〜30%の間やったけれど、数値を上げるのは中々難しいそう・・・・
それでも点滴を行うことにより血液の濃度は薄められるため、実際の数値は24%よりも
若干上だと考えられるので数字上はクリアされたとみていいと思います。

そして・・・・・・・・・・


Back time

今日の朝のトイレシート上・・・ついに止まった??
出血後、8日目にしてようやく血便が出なかった。
もちろん嘔吐も1度もない。

貧血は依然と比べれば減少、そして元気も回復しつつあるように見えます。
けれど体の中で血液が作られなければ、この数値も日に日に下がっていきます。
ましてやサザビーは腸からの出血がある・・・・・・


Back time

輸血を無事に完了して、嘔吐も出血も止まった。
時間を戻す第一段階は、先ず成功と見て良いでしょう。

この先にある2つの道は「いばらの道」やけど、先ずはここまでこれたことに感謝しています。
本当に皆さん、ありがとうございました★


Back time

偉いね、良く頑張ったよ。

今日は点滴だけやけど、ゆっくり休んでください。




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 08:37Comments(136)

2010年02月06日

輸血

5日の検査の結果です。
嘔吐、血便は病院内では無し。
ただし家に戻って8時過ぎに血便を1回しました。
色は真っ赤ではなく、液体に近い状態の茶色い状態。
つまり昨日と一緒です。

輸血

ヘマトクリット値の数字が17%まで落ちました。
まだ止血が完全じゃないのでしょう。

明日、輸血をすることになりました。
協力してくださるワンちゃんと飼い主様、本当にありがとうございます。
そして病院に問い合わせをしてくれた有志の方々のお気持ちに非常に感謝しています。
本当にありがとうございます。

輸血にはリスクがありますが、この輸血の成功後に
子宮の摘出と腸の様子を見るために手術を行うかもしれません。
サザビーは現時点で、自分の体内で血液が作れていないため
輸血が成功して血中濃度が上昇しても、また今の状態に戻る可能性が高いと考えられます。
ただ子宮を摘出することによって、血を作る機能が再生するとも言い切れないため
この状態での手術を非常に迷っています。
今ある子宮が何らかの影響を与えているのだとするなら
それも受け入れざるを得ないのですが・・・・・


輸血

先ずは輸血、頑張ろうね。
だいじょぶ、サザビーの眼はまだ死んでいない。
かならず成功するって信じてます。


※皆さん、コメントやメール等、決して無理しないでくださいね。
読み逃げだけでも、そのお気持ちだけで十分です。
本当にありがとうね。


【追記】
昨晩の容態は嘔吐は無し、血便は昨日と同じ1回。
なお5日、20時30分に水を少量与えました。
本日の輸血は10時からです。
心配して連絡をくれた沢山の皆様方、ありがとう。


  
Posted by the_later_sazaby9966 at 08:07Comments(160)

2010年02月05日

止まってくれ・・・

容体は変わらない。
点滴の生活も5日目に入った。

食べたら嘔吐、そして血便の症状を抑えるために
点滴以外は水さえも与えられない・・・・

止まってくれ・・・

一昨日の検査結果は僅かやけど光が見えた気がした。
タンパク、アルブミン、カルシウム等の数値が若干上がって
ヘマクリット値もそれほど下がらず、血小板の値は上昇していたからだ。

ところがその日、3日の夜に突然の嘔吐・・・・
更に一晩で6回の血便、その殆どは鉄分の匂い。
真っ赤に染まった液体は便なんかじゃなく、ただの血だった。

嘔吐した胃の中には血は混じっていない。
やはり腸の何処かで出血が止まらないのだろう。
止血剤を使っても、一向に血が止まっていないのだ。


止まってくれ・・・

サザビーの血液は抗体のある血液型だった。
つまりどんな血でもOKというわけにはいかない。
輸血は何度も行えないため、タイミングが難しい。
それでもこれ以上、へマトクリット値が下がり貧血が進めば輸血が必要となる。


止まってくれ・・・

昨日の数値はやはり軒並み下がりつつある。
ヘマトクリット値は20%、もうギリギリの数値になってしまった。
増血ホルモンや止血剤の効果がないのか・・・・
検査の結果、もう一つ良くない結果も出た。
サザビーの体内では新しい血が作られている兆候が見られない。
つまり仮に止血をして輸血をしても、一時凌ぎになってしまう。

この日、炎症性疾患に効果があるサラゾピリンを使用した。
とにかく今は腸からの血を、先ず止めなければならない・・・・・


止まってくれ・・・

こうして寝ている姿を見ることが一番落ち着く。
昨晩は嘔吐はなし、そして血便は病院内で1回、家で1回。
ただ家での血便は赤くなく、茶色で最初の血便に戻っていた。
サラゾピリンが効いて炎症を抑制して、出血が止まりつつあるのか。

明け方、呼吸困難からか、夢を見たのか、サザビーは小さく悲鳴を上げた。
もう精神的にも肉体的にもかなり参っているんだと思う。

どんなことをしても助けなくてはならない。


止まってくれ・・・

頼む、血よ、止まってくれ・・・




  
Posted by the_later_sazaby9966 at 08:21Comments(120)

2010年02月03日

頑張れ、サザビー

貧血が進行し続ける。
サザビーはまともに歩けない。
体重は嘔吐と下痢のせいか、たった1日で100gも減少した。
口の中は白くなり、時々眼振が起きている。
頭部がふらつき目まいがしているのだろう。

貧血

2日の夜は下痢を2回ほど、殆ど何も食べていないせいかもしれませんが
一時的に酷い嘔吐は治まりました。
もし前向きに考えるのなら、胃が治りつつあるのかもしれません。
しかし下痢には赤い血が混じっており、腸の出血は続いています。

貧血が起こる要因は3つあるそうです。
,通椶呂匹海で大きな出血をしている。
△通椶脾臓に支障をきたし新しい血液を作れない。
つ目は脾臓が古い血液と一緒に新しい血液も壊してしまう。

サザビーの場合、確かにここ数日間、血便を繰り返していますが
へマグリット値が2日で約9%も減少するには、何かしら他の原因が関与しているのでしょう。
ここから考えられる点は,猟欧らの出血+↓にあるような脾臓に問題がありそうです。
皮肉にもあれだけ肥大化しつつあった肝臓の値が次第に元に戻りつつありました。

30日は半日間の点滴
1日も皮下投与の点滴
2日も半日に及ぶ点滴
本日3日目も朝から点滴です。

多少の食欲は見られるようになったのですが、嘔吐と下痢を繰り返すため
体に負担がかかることを考えて、3日0時から何も食べさせていません。
今日、再び血液検査を行って血球検査の数値が減少した場合は
輸血もしくは増血を考えなければ危険な状態であることは明白です。


祈ることしかできない自分がもどかしいけれど

頑張れ、サザビー



励ましてくれている皆様、こんな記事しか書けなくてすみません。



  
Posted by the_later_sazaby9966 at 11:51Comments(195)

2010年02月02日

現在の状態

引き続き病気の経過のみを書いておきます。
月曜日、嘔吐、血便による症状が続くため、皮下点滴を行いました。
一時、気力が回復傾向を見せましたが、その後再び嘔吐、下痢を繰り返します。
血便の色はタール便から完全に血の混じったケチャップのような水です。
嘔吐の中には血が混じっていないところから、原因は大腸かもしれません。

朝6時に再び血便を繰り返した後、排便が止まりました。
その後、意識を回復させてササミをかじるようになり、水分も摂取。
体重は4,75kgまで上がりましたが、点滴は続けた方が良いと判断して
現在は病院で血管から点滴を行っています。

多くの読者の皆様、コメント及びメールをくださった方々
本当にご心配をおかけして申し訳ありません。

※血液検査の結果からアジソンの可能性は低いとのことでした。
可能性としては逆にクッシングの方が高そうですが、それも現時点でははっきりしていません。
手術は体力が回復しない限り、行えないため腸の方も開いて見ることが出来ない状態です。

各方面からのアドバイスをくれた皆様、ありがとうございます。


  
Posted by the_later_sazaby9966 at 13:37Comments(61)